2013年11月03日

2013 SUPER GT 第8戦 ツインリンクもてぎ予選「BRZ5度目のポール獲得!」





SUPER GT 第8戦 ツインリンクもてぎ 予選

SUPER GT 
MOTEGI GT 250KM RACE

IMG_1352.jpg

2013 SUPER GT 最終戦
ツインリンクもてぎ GT300クラスは
ポイントランキング5位までが シリーズチャンピオンの
可能性を残している その5位がBRZ61号車である

ランキングトップは 無限CR−Z 16号車
今シーズンは前半 立て続けに2位となったが
ウェイトハンディが増す上に JAFGT勢に課せられた
レギュレーション変更で後半は低迷
アジアンルマンでトップとなったが GT戦では未勝である

後半好調なのは 初音ミクBMW 4号車
第5戦鈴鹿で2位のポイントを剥奪されたが 後半2連勝を上げ
8ポイント差で ランキング2位となている

最終戦では ウェイトハンディが外され
ドライバーのガチンコ勝負が繰り広げられる

予選Q1では ARTA CR−Z 55号車が
ヘアピンでスピンし コースを塞いだ為に赤旗中断
55号車は自走でピットに戻ったが 赤旗原因で
決勝は最後尾スタートとなる

初音ミクBMW4号車がタイムを出せず Q1敗退の
グループに居たが 滑り込み通過

ツインリンクもてぎも オーバーテイクポイントが少なく
250kmのレースなので Q2の順位は
決勝に大きく響く そして 最終戦もてぎで
チャンピオンが決まるのである

Q2 久し振りに好調なのは BRZ61号車
佐々木孝太選手のドライビングで レコードタイム 
武藤英紀選手ドライビングで 無限CR−Z 16号車が
最終アタックするも届かず3番手
BRZ 61号車 今シーズン5度目の
ポールポジション獲得は GT史上最多となる

無限CR−Zは決勝2位以上でシリーズチャンピオン獲得
初音ミクBMWは 優勝で 無限が3位以下
4位で無限がノーポイントでも 同ポイント 
無限優勝無しの為 シリーズチャンピオンとなる

BRZは2位以上は絶対条件で 上位が大きくポイントを
落とさないとチャンピオンには辿り着けない
山野哲也選手 GT引退を表明したレースを
有終の美で飾れるでしょうか

IMG_1470.jpg

SUPER GT 第8戦 ツインリンクもてぎ GT300予選結果

1 61 SUBARU BRZ R&D SPORT
  1’48.264
2 11 GAINER DIXCEL SLS
  1’48.354
3 16 無限 CR−Z
  1’48.389
4  3 S Road GT−R
  1’48.900
5 62 LEON SLS
  1’48.970  
6 88 マネパ ランボルギーニ GT−3
  1’49.241
7  4 初音ミク BMW Z4
  1’49.518
8 87 ラ・セーヌ ランボルギーニ GT−3
  1’49.551
9 33 HANKOOK PORSCHE 911
  1’49.600 
10 0 ENDLESS TAISAN PORSCHE
  1’49.789
1110 GAINER Rn-SPORTS SLS
  1’50.240
12 2 エヴァRT初号機アップル MP−4
  1’52.238
1348 DIJON Racing IS GT−R
  1’52.276



☞2013 SUPER GT 第8戦 ツインリンクもてぎ【放送日程】

【お詫び】放送日程の記事で 誤って「無料放送」が記載されていました
     ご迷惑をお掛け致しまして 誠に申し訳ございません

☞2013 SUPER GT 日程

☞SUPER GT開幕直前スペシャル 2012シーズンハイライト

☞SUPER GT公式HP

画像は昨年2012年撮影となります
写真の無断転載等はご遠慮願います

※この記事はスマートフォン デザリング機能を使用して作成されました


オートスポーツ 2013年 11/15号 [雑誌]



posted by ぷらちゃん at 00:46| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | スーパーGT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック