2013年10月23日

2013グランプリシリーズ開幕戦アメリカ大会女子シングル浅田真央優勝でグランプリシリーズ完全制覇!





アメリカ大会女子シングル浅田真央優勝!

2013 フィギュアスケート グランプリシリーズ
開幕戦 アメリカ大会 女子シングル
日本からの出場は 浅田真央 一人となりました
今シーズンで引退を決めたオリンピックイヤー
アメリカ大会は激戦区ですが 初戦を選んで吉と出ました

ロシアからは2011年 驚異を魅せた当時14歳
エリザヴェータ・トゥクタミシェワに続いて
またしても14歳 エレーナ・ラジオノワを送り込んで来た

キム・ヨナは カナダとフランス大会に出場予定であったが
怪我の為 グランプリシリーズ欠場を決めている
グランプリファイナルでの浅田真央との対決が観たかったが
ソチで最後の一騎打ちとなるのか!?

2012優勝 ファイナル2位のアシュリー・ワグナー(USA)は
ショートプログラムでパワフルな滑りを魅せ
浅田真央「ノクターン」の柔らかな表現とは対照的だった

ショートプログラム 最終滑走 浅田真央
最初のジャンプは 開幕からトリプルアクセルを取り入れた!
少し両足着氷になってしまったかな
コンビネーションが2番目に入れられなかったが
落ち着いて最後にコンビネーション
ステップシークエンスもスピーンも美しく決め
笑顔で頷いて 73.18Pの高得点で トップ通過

フリースケーティング 
ラフマニノフ「ピアノ協奏曲第2番」
プログラムには全てに3回転を取り入れた構成
直前の6分間練習では トリプルアクセルを決めた
最初のジャンプがトリプルアクセル
お尻で着氷の転倒となってしまうが
後半まで 大きなミスも無く
ステップシークエンスでは 会場から手拍子が
滑走後に満足な表情は見せなかったが
オリンピックシーズン初戦 良いスタートが切れた

フリースケーティング 131.37Pも1位
総合 204.55P
開幕戦 アメリカ大会優勝で
浅田真央は グランプリファイナルと
グランプリシリーズ全大会で優勝を獲得し
史上初の完全制覇となった!
恐らく今後 達成出来る選手は現れないだろう 

浅田真央の次戦は NHK杯である
 

フィギュアスケート2013-2014シーズンオフィシャルガイドブック (アサヒオリジナル)



posted by ぷらちゃん at 21:37| 千葉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | フィギュアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
素敵なブログですね。
読ませて頂きありがとうございます。
また来ます。
Posted by 遊びに来ました at 2013年10月24日 07:58
ありがとうございます
Posted by ぷらちゃん at 2013年10月24日 23:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック