2013年10月07日

2013F1第14戦 韓国GP決勝「レッドブル マシン炎上!」





2013F1第14戦 韓国GP 予選

韓国インターナショナルサーキット 5.450km
反時計回り
天候 曇り 気温 27℃ 路面温度 29℃
ドライコンディション

台風の影響を大きく受けずドライコンディションで
迎えた決勝レース
ポールポジションには3戦連続セバスチャン・ベッテル
フロントローにはルイス・ハミルトンが並ぶ
フェルナンド・アロンソ5番グリッド
キミ・ライコネン9番グリッド
マーク・ウェーバーがペナルティで10グリッド降格の
13番グリッドスタートとなる

スタート直後にフェリッペ・マッサがコーナー内側でスピン
好スタートとなったのはロマン・グロージャン
ルイス・ハミルトンをパスしてセバスチャン・ベッテルに続く

スーパーソフトタイヤでスタートしたマシンが
最初のタイヤ交換を終えると グロージャンはハミルトンの前に
コースへ戻りアウトラップでもハミルトンを抑える
ベッテルはトップをセーフモードで快走

ニコ・ロズベルグがチームメイト ルイス・ハミルトンに
追い付きスリップストリームから追い越した瞬間
原因不明のフロントウィング脱落 火花を散らしての
ワンラップ後 フロントノーズの交換でピット作業に時間が
掛かってしまう そのタイミングで タイヤ交換に入れず
ルイス・ハミルトンはチームラジオで怒りをぶつけていた

マーク・ウェーバーが2度目のタイヤ交換をし
ルイス・ハミルトンの前でコースに戻るがその直後
前方 セルジオ・ペレスの右フロントタイヤバースト
デブリを拾ってしまい 再度ピットインする事に
タイヤとウィングの破片回収の為 セーフティーカー導入
このタイミングで キミ・ライコネンが3番手に

セーフティーカーが抜けレース再開となると
エイドリアン・スーティルがスピン またしても
マーク・ウェーバーのサイドポンツーンにヒット
ウェーバーのマシンは ラジエター破損 漏れたオイルに引火
大炎上してしまうが なかなか消火作業して貰えずに
マシンの後ろ半分が丸焦げとなってしまった

マーク・ウェーバーには全く気の毒な連戦となっているが
フェルナンド・アロンソの横乗りしたのが
こんな天罰に当たるとは 思いもしなかっただろう

消火作業で2度目のセーフティーカーとなった
キミ・ライコネンはチームメイト ロマン・グロージャンを
オーバーテイク セーフティカーは
ベッテル ライコネン グロージャン ヒュルケンベルグ
ハミルトン アロンソ の隊列を引き連れる

セーフティーカーが離れると セバスチャン・ベッテルは
更に引き離しに掛かる

朝からのスーパーGT観戦で眠気を誘い 単調に感じた
F1の決勝であったが 何ともアクシデントが勃発した
エキサイティングなレースでした
台風23号に続いて24号が日本海を進む進路予報となっているが
来週は鈴鹿 日本GP 韓国からのトランスポートは
無事に行われるでしょうか?

2013F1第14戦 韓国GP 決勝 結果

1 セバスチャン・ベッテル  レッドブル  
  1:43’13.701  
2 キミ・ライコネン     ロータス  
  1:43’13.925  +4.224 
3 ロマン・グロージャン   ロータス
  1:43’18.628  +4.927
4 ニコ・ヒュルケンベルグ  ザウバー
  1:43’37.815  +24.114
5 ルイス・ハミルトン    メルセデス  
  1:43’38.956  +25.255
6 フェルナンド・アロンソ  フェラーリ
  1:43’39.890  +26.189
7 ニコ・ロズベルグ     メルセデス
  1:43’40.399  +26.698
8 ジェンソン・バトン    マクラーレン 
  1:43’45.963  +32.262
9 フェリッペ・マッサ    フェラーリ
  1:43’48.091  +34.390
10セルジオ・ペレス     マクラーレン
  1:43’48.856  +35.155
 
☞2013F1第14戦 韓国GP予選「ザウバー2台がQ3進出!」

☞2013F1GPカレンダー(スケジュール)

F1 (エフワン) 速報 2013年 10/17号 予約受付中! 


F1 (エフワン) 速報 2013年 10/10号 [雑誌]


F-1速報PLUS (プラス) VOL.34 2013年 10/21号 [雑誌]

チケットぴあ
posted by ぷらちゃん at 11:16| 千葉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | F1観戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック