2013年10月06日

2013 SUPER GT 第7戦 オートポリス決勝 初音ミクBMW逆転優勝!2連勝!





SUPER GT 第7戦 オートポリス 決勝

SUPER GT in KYUSHU 300KM
AUTO POLIS

天候 曇り時々雨 気温 22℃ 路面温度 24℃
湿度 58% 風速 6m/秒    
ドライコンディション

JAF−GP車両3台(CR−Z・BRZ)に
更にエアリストリクター径の縮小を受け
予選でも苦戦をしている
CR−Zはランキングトップで優勝すると最終戦を待たず
チャンピオン獲得となる 無限16号車が16番グリッド
ARTA55号車はタイムアタック出来ず 最後尾
BRZ61号車は スタート直前に 
タイヤのフラットスポットを訴えて ピットスタートを選択

フロントローには FIA GT3 GT−Rの2台
S Road GT−R 3号車 
DIJON Racing IS GT−R 48号車が並んでいる

GT500クラスがトップ以外で順位の入れ替わりが激しく
いつもよりGT300クラスが中継映像に扱われる時間が短かったが
BRZ61号車は 新しいタイヤで事実上の最後尾から
追い上げをして来た

トップを快走するのは S Road GT−R 3号車
DIJON Racing IS GT−R 48号車は
ペースが上がらず 3番手以降を巻き添えにした後後退
Exe Aston Martin 50号車が8周目に
S Road GT−R 3号車をオーバーテイク
すると 第1スティントを38周まで引っ張り独走する

初音ミクBMW4号車 片岡龍也選手は 8番グリッドから
順位を上げ ルーティンのピット作業で谷口信輝選手に
交代すると ピットアウトで S Road GT−R 3号車の
前に出る事に成功
そして雨粒が落ちる 谷口信輝選手得意のコンディションの中
猛追を続け 44周目にExe Aston Martin 
50号車をオーバーテイクしトップに躍り出ると
そのまま 最終ラップでチェッカーを受け
富士に続いての2連勝! チャンピオンシップ争いにも
8ポイント差の 2位に浮上した
リザルトを見て気付いたが 2位に1Lapの周回遅れに
してのブッチギリでしたw

第7戦 オートポリス GT300決勝結果

1  4 初音ミク BMW Z4
     1:56’59.345
2 50 Exe Aston Martin
     +1Lap
3 52 OKINAWA SLS
     +1Lap
4 11 GAINER DIXCEL SLS
     +1Lap
5 33 HANKOOK PORSCHE 911
     +1Lap
6 30 IWASAKI OGT GT−R
     +1Lap
7 61 SUBARU BRZ R&D SPORT
     +1Lap
8  0 ENDLESS TAISAN PORSCHE
     +1Lap
9 16 無限 CR−Z
     +2Lap
1087 ラ・セーヌ ランボルギーニ 
     +2Lap

☞2013 SUPER GT 第7戦 オートポリス決勝 独走を続けたZENTに予想外の展開が!?

☞2013 SUPER GT 第7戦 オートポリス予選 レコードタイム続出!最終アタックZENT立川連続PP

☞2013 SUPER GT 第7戦 オートポリス予選 300クラスGT−R勢優勢

☞2013 SUPER GT 日程

☞SUPER GT開幕直前スペシャル 2012シーズンハイライト

☞SUPER GT公式HP

オートスポーツ 2013年 11/1号予約受付中


オートスポーツ 2013年 10/18号 [雑誌]



posted by ぷらちゃん at 19:43| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | スーパーGT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック