2013年06月16日

2013スーパーGT第3戦 マレーシア セパン 決勝 GT500クラス 超エキサイティング展開!?





SUPER GT 第3戦 マレーシア セパン 決勝

SUPER GT INTERNATIONAL SERIES
MALAYSIA SEPANG CIRCUIT

天候 曇り 気温 33℃ 路面温度 42℃
湿度は86% ドライコンディション
薄っすらと影が映り
心配された雨は降りませんでした

予選とは対照的に 物凄いドラマ展開が
繰り広げられました

IMG_0356.jpg

綺麗にローリングスタートが切られましたが
SARD SC430 39号車 石浦宏明選手が
4番グリッドから後退
黒いREITO MOLA GT−R 1号車
関口雄飛選手が6番グリッドから 
4番手に上がっています

ポールポジション カルソニック GT−R
12号車 松田次生選手 
2番手 ZENT SC430 38号車
平手晃平選手の激しいバトルが繰り広げられ
後続が詰まると
黒いGT−R 関口選手が3番手に

予選Q2で 8番グリッドに甘んじた
ウイダーHSV−010 18号車
山本尚貴選手も6番手に上がって来ます

6周目 ZENTのイン側に関口選手の
GT−Rが食い込むと 
イン側を閉めた形のZENTに接触
ZENT 38号車は 右リアをバーストして
しまい マシン後部を破壊してピットに戻り
大きく後退
REITO MOLA GT−R 1号車も
後退して ウイダー18号車が3番手に

GT300クラスとの混戦の中で
ウイダー18号車 
KeePer SC430 37号車 
アンドレア・カルダレッリ選手をパスして2番手
ウイダーとミシュランタイヤ セパンとの相性が
良いのか 速いです
カルソニック IMPUL GT−Rにも詰め寄り
離れては追い付き 左右に揺さ振り
18周目 バックストレートでサイドサイドに並ぶと
最終コーナーでパスして ウイダートップ! 
ウイダーのセパン3連覇が 脳裏を過ぎります

21周目 KEIHIN が最初にドライバー交替の
ピットイン
REITO MOLA GT−R 関口選手が
掻き乱しているイメージですが 次は
赤い MOTUL GT−R 23号車
ロニー・クインタレッリ選手と接触
黒いGT−R関口選手がスピン
 
25周目 KeePer 37号車 伊藤大輔選手に交替
MOTUL GT−R 23号車 柳田真孝選手に交替

26周目 カルソニック 12号車 
JP・デ・オリベイラ選手に交替
DENSO SARD 39号車は 脇坂寿一選手に
RAYBRIG 100号車は 小暮卓史選手 
 
27周目 トップを快走していた
ウイダー モデューロ HSV−010がピットインし
フレデリック・マコウィッキ選手がマシンに乗り込み
タイヤ交換 給油が終わったが・・
エンジンが掛からない!エンジンストール
55秒のピットタイムを費やしてしまいコースイン
7番手に後退

RAYBRIG HV−010 100号車
小暮卓史選手と
KeePer TOM’S SC430  
37号車 伊藤大輔選手の 激しいバトルが
繰り広げられます
昨年 応援していた二人のベテラン選手
嬉しいバトルですね 撮影出来たら最高でしたが

先程のGT−R同士の接触は 赤いMOTULが
スライドして接触した事により 黒いREITO MOLA
がスピン MOTULにドライブスルーペナルティが
科せられ ロニー・クインタレッリ選手のペナルティを
柳田真孝選手が背負ってしまいました

33周目 ウイダー マコウィッキ選手が猛追
KEIHINを抜くと5番手に上がり
ファステストラップを叩き出します
39周目 KeePer TOM’S SC430  
37号車 伊藤大輔選手に追い付くと
バトルが続きますが 伊藤選手 巧みにガードします
  
ウイダ−18号車は更に災難に見舞われます
フロントウインドウのシールドが剥がれ
視界を塞がれ空気抵抗に 
やっと剥がれると リアウイングに絡み付き
ダウンフォースにも影響します
牽制でマシンを左右に振り回した事で
タイヤカスを拾いマシンは大きく振動しています

2番手 DENSO SARD 39号車に
差を広げて ペースを控えて周回を重ねる
カルソニック IMPUL GT−R 12号車

最終ラップ 映像に飛び込んで来たのは
KeePer TOM’S SC430 37号車
伊藤大輔選手 コースオフ!何が起きたのか?

GT300マシンと接触してバーストした模様
ゴールまで辿り着きましたが ゴールラインに
マシンを停止し 脱水症状で引きずられていました

カルソニック IMPUL GT−Rが優勝
GT−R 今シーズン初優勝で 3メーカーが
それぞれ1勝ずつとなり チャンピオンシップも
楽しみになりました
青い カルソニックGT−Rの
ポールトゥウィンです 星野監督も珍しく涙目

ウイダー18号車は 盛り上げてくれました
3連続優勝とは成りませんでしたが
エンターテイメント賞を差し上げたいです
  
GT500決勝結果

1 12 カルソニック IMPUL GT−R 
2 39 DENSO KOBELCO SC430
3 100RAYBRIG HV−010
4 18 ウイダー モデューロ HSV−010 
5 17 KEIHIN HSV−010
6  1 REITO MOLA GT−R
7  6 ENEOS SUSTINA SC430
8  8 ARTA HSV−010 
9 23 MOTUL AUTECH GT−R
1037 KeePer TOM’S SC430  
1136 PETRONAS TOM’S SC430 
1232 Epson HSV−010 
1324 D’station ADVAN GT−R
1438 ZENT SERUMO SC430
1519 WedsSport ADVAN SC430

 
今週の特集記事

2013スーパーGT第3戦 マレーシア セパン 予選 GT500クラス 無念ウイダーコースオフ!

2013スーパーGT第3戦 マレーシア セパン GT300予選 ARTA CR−Zポールポジション獲得!

いよいよ今週末はSUPER GT マレーシア セパン戦!(1)

今週末はSUPER GT マレーシア セパン戦(2)海外個人旅行情報満載!

今週末はSUPER GT マレーシア セパン戦(3)全記事掲載 サーキット編

2013 SUPER GT Rd3 MALAYSIA SEPANG 前夜祭 写真集(1)

2013 SUPER GT Rd3 MALAYSIA SEPANG 写真集(2)レースクイーン編

IMG_1018.jpg

☞2013 SUPER GT 日程

☞SUPER GT公式HP

画像は昨年2012年撮影となります
写真の無断転載等はご遠慮願います

オートスポーツ 2013年 7/5号 [雑誌]


オートスポーツ 2013年 6/21号 [雑誌]



posted by ぷらちゃん at 23:26| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | スーパーGT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック