2012年11月23日

2012F1GP第19戦アメリカGP チャンピオンシップの行方は?





2012年F1第19戦アメリカGP決勝

史上最多年間20戦のF1GPも残すところ2戦
19戦のアメリカGPは初開催テキサス州オースティンサーキット

GTレース週でレポートが遅くなってしまいました

新設 初開催のサーキットという事で
珍しいグリッド争いが有りましたね

予選9番タイムのフェルナンド・アロンソは
ロマン・グロージャンのギアボックス交換で8番グリッドへ
しかし偶数グリッドは 新設コースで著しくグリップが悪く
スタートで出遅れる事が予想された
2012のチャンピオンシップは
セバスチャン・ベッテルとフェルナンド・アロンソの2人に
残されている
その為フェラーリが取った策は・・

6番グリッドでやはり不利であった
フェリッペ・マッサのギア・ボックスを
交換した事にして5グリッド降格
フェルナンド・アロンソを7番グリッドの
奇数グリッドにさせたのだ!

スポーツマンシップが問われるが
モータースポーツ 特にF1となると
高額な資金が動き 自動車産業となると
ヨーロッパでは国家の経済や 政治情勢にまで
影響されるイベントなので
可能な手段は 全て試されて行く

これにより フェルナンド・アロンソは
スタートで4位に浮上し
決勝レースを3位でフィニッシュし
チャンピオン争いを
最終戦 ブラジルグランプリに引き伸ばしている

20戦にしたF1GP
FIAとしては最高の展開となった模様

セバスチャン・ベッテルは
ルイス・ハミルトンに逆転され2位
決勝が1位であれば 公式練習から
ノックダウンの予選 Q1 Q2 Q3
全て1位のパーフェクトになっただけに残念

小林可夢偉は14位でした

今週末は 最終戦 ブラジルGPです


F1 (エフワン) 速報 2012年 11/29号 発売中!




posted by ぷらちゃん at 13:28| 千葉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | F1観戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック