2012年11月10日

2012フォーミュラーニッポン最終戦 中嶋一貴 劇的逆転チャンピオン決定!






2012 フォーミュラーニッポン最終戦 

鈴鹿サーキットで行われたフォーミュラーニッポン
最終戦 来シーズンから スーパーフォーミュラーに
改名される為 まさに最終戦である

生中継も録画も観ましたが ながら観戦だったので
改めてじっくり観てのレポートです

2レース制でしたが レース1終了後に
チャンピオンのチャンスが残っているのは5名
その中でポールポジションスタートの
JPデ・オリベイラは 
タイヤ交換義務で各車Lap1でピットに入った後
再びピットインしタイヤ交換
更にリアウイングが脱落していて
結局リタイアに追い込まれてしまう

松田次生選手も1Lapのピットアウト後
スローダウン リタイア

応援している選手の一人 小暮卓史選手は
今シーズン不調で 天候や不運から
ノーポイントが続いている
予選5位と好位置に着けた小暮は
Lap15までピットインを引き伸ばし
トップを走る
確認出来た中では唯一 給油を行い
ピット作業に時間は掛かかり
中嶋一貴に先に行かれ 4位でコースに戻る
そのままキープして
今季初ポイントとなりました

IMG_9603.jpg

もう一人 大嶋和也選手は13番グリッドスタート
殆ど映像には写し出されませんでしたが
ファイナルラップ130R アンドレ・ロッテラー選手を
パスするところが映され そのまま7位フィニッシュ
富士のスプリントにはスペシャルカラーリングで参戦します

IMG_2090.jpg

中嶋一貴選手は 9番グリッドスタート
直後には同じ元F1ドライバー佐藤琢磨選手の特別参戦を
従えています
1Lapのピットインでは先頭でピットアウトし
チャンピオン争いから脱落して行く選手を尻目に
確実に走り トップでチェッカーを受け
大逆転劇的のシリーズチャンピオン獲得となりました



フォーミュラーニッポンも最終戦を終了しましたが
次戦 フジスピードウェイでは スーパーGTと
スプリントカップ JAFグランプリが来週の開催です

生観戦予定ですので 生記事wお楽しみに

偏った記事で申し訳ございません
初めて読まれた方には
是非 過去ログの参照をお待ちしています

今シーズンのFポン観戦記事
Formula NIPPON 第4戦 FUJI SPEEDWAY 大嶋和也選手 http://platonwrc.seesaa.net/article/281549007.html
Formula NIPPON 第4戦 富士スピードウェイ 小暮卓史選手 http://platonwrc.seesaa.net/article/281329595.html




posted by ぷらちゃん at 01:56| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | モータースポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック