2012年10月17日

2012年F1第16戦韓国GP決勝 




2012年F1第16戦韓国GP決勝

韓国GP 個人的にどうしても開催される
韓国インターナショナルサーキット
通称ヨンアムサーキットに注目してしまう
何故かと言えば 来年 スーパーGTのカレンダーに
エキシビションレースとしてラインナップされているからだ

コースは最長のストレートを有しているが
コース幅もピットレーンもかなり狭く感じる
起伏が激しいと言うか うねうねしている様に見えるが
気の所為だろうか?

そしてコノサーキットは 交通の便が非常に悪い事が取り上げられ
宿泊施設も相当に不便らしい
交通手段として 福岡から釜山への高速船 それからバスという手段が
比較的最短らしいが不安要素山盛りである
まあ来年スーパーGT観戦に韓国遠征する確率は低いのであるが

F1GPから大きく外れてしまったが
日本GPで見事表彰台に上がった小林可夢偉は13番グリッドスタート
セバスチャン・ベッテルは2番手スタートである
ベッテルはこうスタートでトップに立つが
後方ではクラッシュこそ無かったが
接触が相継ぎ 小林可夢偉もその中に含まれてしまった
映像ではジェンソン・バトンとの接触の様だが
その前に右リアタイヤをヒットされバーストしていた
可夢偉に接触される形でリタイアとなった
ジェンソン・バトンとニコ・ロズベルグは可夢偉を大きく非難している

バーストした可夢偉は1周目でピットインを余儀なくされたが
更にドライブスルーペナルティを受けて大きく後退
16周走ったところでピットにマシンを収めてしまい
リタイアとなりました

決勝レースはセバスチャン・ベッテルが優勝
フェルナンド・アロンソは3位

ドライバーズランキングはセバスチャン・ベッテルがトップに
躍り出て来ました



F1 (エフワン) 速報 2012年 11/1号 予約受付中




posted by ぷらちゃん at 12:08| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | F1観戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック