2012年09月29日

2012 SUPER GT 第7戦 KYUSHU 300KM 予選





SUPER GT 第7戦 KYUSHU 300KM 予選

2012年SUPER GT セパンの海外遠征を含む 
開幕から6戦を 生観戦して来ましたが
今回の九州オートポリスは都合により 生中継観戦と
なってしまいました
GT生中継をハイビジョンで観戦するのも初めてなので
楽しみです

沖縄に勢力の強い台風が接近しており
風雨が心配されましたが 面識のあるレースクイーン達も
無事に現地入りし 情報が入って来ます

予選開始の時間には かなり雨足が強まり
開幕戦の岡山以上だと画面からは見受けられました
勿論 路面はウェット タイヤ選択の余地は有りません

300クラスは
エヴァ紫電が 練習でコースアウトしてリタイア届けを出したそうです
エヴァのRQ野呂ちゃん(野呂陽菜さん)は 鳥取のイベントでしたが
そちらも台風で中止になったそうです

30号車aprのR8は Q1で最下位になってしまいましたね
aprRQ しばまい(柴原麻衣さん)は直前に
オートポリスがキャンセルになり 3連休ですw
同じaprのプリウスも Q2でコースアウト 赤旗は出ず
左フロントに若干のダメージが有りましたが 自力でピットまで
戻っていますが敗退です

片岡龍也選手のドライブする初音ミクZ4 0号車は
Q2で10位に残れず 敗退11位 

BRZは無難にQ1まで進みますが 8位でした

ポールポジションは S Road GT−R
96kgのウェイトハンディを背負いながら関口選手
Q1終了の最後の最後までタイムを伸ばしての獲得
3位4位にランボルギーニが入り 織戸選手3位です


GT500は
Q1でいきなりDENSOサードがコースアウト
赤旗となり 敗退 最下位決定

通過のボーダーラインを浮き沈みしていた
ENEOSも終了間際 同じコーナーでコースアウト
マシンに大きなダメージが無くて良かったです 
赤旗でそのままQ1は終了となり 
6号車は12番グリッドとなったようです
(一部関係者より12番グリッドの情報が有りましたが
やはり赤旗の原因となった為14番グリッドです)

Q2でもEPSONがコースアウト
こちらはマシンがフロントから大きく破損して
明日の決勝に復帰できるか難しいレベルです

シリーズチャンピオンを争うS RoadとZENTは
S RoadがまさかのQ2敗退で
チャンピオンシップは楽しみが残りました
まだオートポリスで決定が消えた訳ではありませんが

そしてQ3 ポールポジションを獲得したのは
WedsSport ADVAN SC430
19号車 Q3ドライバーは アンドレ・クート選手

ウェットコンディションの中 4回の赤旗が出る予選でしたが
300 500 共に初のポールポジションです

さて明日の決勝は 無事に開催されるでしょうか?
生中継を観ている上では 天候は回復傾向で 
予選も無事に終了し 問題無さそうですが
台風の進路次第ですね

偏ったレポートで申し訳ございませんw
毎戦 多くの画像をお届けしていましたが
とっても残念です 初めて読まれた方は
是非 過去ログの参照をお待ちしています


チケットぴあ
posted by ぷらちゃん at 18:30| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | スーパーGT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック