2012年09月26日

2012 F1 第14戦 シンガポールGP アジアラウンド突入!






2012年F1第14戦シンガポールGP

史上最多20戦で開催されているF1GP 14戦目は
シンガポールGP いよいよアジアラウンド突入です

毎年書いていますが シンガポールGP ナイトレースは
コースがライトで浮かび上がって夜景が綺麗ですね

予選はルイス・ハミルトン ポールポジション
小林可夢偉Q1敗退18位でした

毎年セーフティーカーが入るシンガポール
今年も2回入る波乱 
コンクリートウォール(実際にはウレタンか解りませんが?)剥き出しの
さながらカーアクションゲームの壁走りですw

そんな中ポールポジションから好スタートを切っていた
ルイス・ハミルトンが23ラップ トップ快走中に
ギアトラブルでリタイア

予選Q3でコースインのタイミングミスで
ポールポジションを逃し3番グリッドスタートの
セバスチャン・ベッテルがトップに立ち
そのまま10戦振りの優勝となった

決勝は2時間ルール(2時間経過した周回で終了)が
適用されて61周から59周に短縮されました
2008年のモナコGP以来と言ってました

小林可夢偉は中盤フロントウイングを破損され後退
13位でレースを終えています

D1セントレア観戦で 録画観戦となりました
いよいよ次戦は鈴鹿!日本GPです
昨年 初の生観戦でしたが 今年は無理そうですが
可夢偉の走りと復帰後優勝の無い
キミ・ライコネンの走りに期待しています




posted by ぷらちゃん at 01:39| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | F1観戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック