2012年07月21日

2012F1第10戦ドイツGP 予選 雨の中母国ミハエル・シューマッハ健闘





2012年F1第10戦ドイツGP予選

CSで生中継観戦です

Q1 ホッケンハイム 暗い雲が立ち込める中
前半では小林可夢偉が2位に着けていました
後半 ポツリポツリと雨が落ち始めた中でタイムを伸ばし
1:15:693キミ・ライコネンがトップ
小林可夢偉12位通過
18位で脱落ラインだったミハエル・シューマッハが
タイムアウト最終ラップで 17位にアップQ2進出

Q2では 雨が降って来ましたが タイヤ選択は
インターミディエイト 1分40秒台で走っていましたが
ミハエル・シューマッハが1:38:010を叩き出します
ルイス・ハミルトンが1:37:365でトップとなりますが
シューマッハが2位通過
小林可夢偉は雨が強まる中 残り4分でピットに戻りましたが
挽回出来ず 13位脱落
もう少し早くアタックを始めるか ウェットタイヤに交換する
必要が有りました 前戦と同じような結末ですね
ロメイン・グロージャン今季初のQ2敗退です

Q3 雨は小降りになりましたが路面はウェット
コースには川が流れタイヤ選択はウェット
コースコンディションは変わりませんが
やはり後半にタイムを伸ばして
フェルナンド・アロンソが1:40:621で
2戦連続のポール・ポジション獲得!
セバスチャン・ベッテル最終アタック届かず2位
3位マーク・ウェーバー
ミハエル・シューマッハも雨の中健闘し4位
マーク・ウェーバーはギアボックス交換で
5グリッド降格なのでシューマッハは3番グリッドスタートです

それにしてもF1ドライバー200キロオーバーで
ハイドロプレーニングのマシンをコントロールして
タイムアタックして行くのは物凄いです

明日の予報は 晴れ時々曇り
小林可夢偉選手にも逆転劇を期待します



posted by ぷらちゃん at 22:58| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | F1観戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック