2011年11月07日

茨城県鹿嶋沖ヒラメ釣行 釣果発表!

鹿嶋沖ヒラメ釣行に多数アクセス頂きありがとうございます。
本日の釣果を発表させて頂きます。

DVC00004.JPG

2011年11月7日(月)中潮 曇り/晴れ 19℃ 
風 北北東 3m 波の起伏5m(推定)
前日の天候 雨

 お世話になった船宿は津波の被害が有ったらしく、
集合場所が変更になり、時間を過ぎてしまいました。
大変ご迷惑をお掛け致しました。
 早い時間に到着していて、誰も居ないから仲間が
来るまで待っていようと路地に車を止めていました、
たまたま同じ場所に辿り着いた仲間が居たので、
正しい港に到着しましたが、一人でしたら完全に
スッポカシでした。
 5:30の出船で沖まで20分程度と言われていましたが、
私は今まで経験した事の無い大波で、船は僅かずつしか
進んでいませんでした。20人以上乗っている大型の船が、
うねりで船底を叩き付けられます。波しぶきも凄いし
竿や荷物が吹っ飛びそうです。ようやく到着した頃には
完全に夜も明け、イワシが配られます。
 デカイ!15p位のも居るよ、立派にスーパーに並ぶサイズ、
こんな大きいのでは喰い付き悪そうだなと思いつつ
竿を出しました。
タックルは、竿はヒラメ専用竿、他の竿は安価な物をチョイスして
鯛等では良く折ったりしていますが、ヒラメ用だけは
自分では奮発したメーカー品を使用しています。上は限が
有りませんけど。錘の指定は80号、仕掛けはホームページに
記載されたのと近いサイズを数セット購入、1セットだけ自作
して行きました。船宿で売られていた物を一応購入し、
最初に使用する事にしました。
 孫針がトリプルだし、捨て糸の長さはホームページが1m
なのに、30p位しか有りませんでした。
イワシは上顎と腹に刺したり背に刺したり、背を齧られて
いる事が有ったので、背掛けが良さそう。
 既に船内の数か所から釣果が伝わって来ました、
忘れていました、今回初めての乗り合い経験です。
右舷だったのですが、ミヨシとトモからしか釣果が無く、
今回も坊主かな、船内1人0は嫌だなと思っていたら・・・・

 アタリが来ました!ビクビクビク!我慢、我慢。
まだビクビクビク!数回ビクビクビクを繰り返した後、
やっと竿が弓形に海面に突っ込みます。
大きな合わせを入れず持ち上げるだけにしました。
海面に浮かんで来たのは、茶褐色の平たい影!
やりました、人生初ヒラメ!です。
 岩井海岸の手漕ぎや船外機でもチャレンジして、
沖釣りでは大原沖の坊主に続いて2回目。
やっと鮃ちゃんに逢えました。
仲間内では最初の本命で、少し誇らしく、仲間にも
釣れて欲しい半面、夢にまで見た御裾分けの妄想も
広がります。40pクラスがあちこちで揚がり始め、
仲間にも釣れて来ました。
 そこへ2度目のアタリ!我慢を続け2尾目ゲット!
いやあこんなに釣れちゃっていいんだろうか、
2尾目はトリプルの孫針を思い切り飲み込んでいました。
ペンチで外すのに流血してしまい、イワシも入った
桶が深紅に染まり、船頭に何絞めてるのと怒られました。
(船上ではサメ避け等の理由で絞めた血を流せない)
 トリプルの孫針も切断してしまいましたので、
ひとつ自作の仕掛けを使ってみました。
親針が平目で孫針がチヌ4号(詳細は後日追記します)
捨て糸は1m有ります。
数回アタリが有った様な気もしますが、イワシが消えて
いる事が多かったので、船宿の仕掛けが2組入り
なので再度、船宿仕掛けに戻しました。

 船宿仕掛けに戻して、何かアタッた様だけど
喰い込まないし、でも道糸が弛んだりするので、何か
くっ付いてるかも知れないと巻き上げて来たら
可愛い20p位の鮃ちゃんでした。
船頭はリリースしても1尾で数えてねと引切り無しに
言っていました。釣果データが宣伝に成りますからね、
船内100尾と言われてドキドキで来ましたが、
このサイズも入っているのね。勿論、大きくなって
欲しいので、人生初ヒラメのリリース、超優越感です。
岩井海岸だったら絶対キープしていますね。

 イナダが外道で沢山揚がっていました。私も1本位
お土産に欲しいなと思いましたが、贅沢な本命オンリー
です。棚は底から2〜3mをイワシが泳ぐ様にして
いました。多分通常、他の方はもう少し底を狙って
いると思います。
 そしたら来ましたグラングワン、はっきり言って
頭が真っ白で喰い込みまでのやり取りは覚えていません。
超重い引き込みをばらさない様に慎重に巻きます、
ドラグは少し緩めていましたが、道糸が出て行く程では
有りません、ポンピングしちゃ駄目と言われますが、
とてもリールの巻き取りだけでは揚がって来ません。

DVC00010.JPG

 やりました!巨大ヒラメ!まな板からはみ出すサイズ!
(まな板にも乗らないと書き込みたかったが、結構乗りました)
62pです。普通ヒラメは重さで表記するのですが、秤が有りません。
3kgまでは無いのかな、まだまだ大きいサイズは居ますが、
立派に自慢出来るサイズが釣れました。

 この後は、船のスタッフがタモ入れをミスって1枚バラしたり、
左舷とのオマツリで、PEラインを切断したり、その代わりに
何処の針に掛かっていたか不明なイナダをお土産に頂きました。

 船内の釣果は1〜14でした。
14ってどうするの?と思いますけど、凄いですね。
仲間内も坊主が無くて良かったです。
本日のこの港のBIG1は、この62pだった様です。

長文にお付き合い頂きありがとうございます。
皆様の釣行にお役に立てば幸いです。
詳細を継ぎ足す場合もありますので、釣行前に
もう一度お立ち寄り頂けたらと、心よりお待ちしています。

次は刺身&料理のコーナーになると思います。
港で絞めてくれたのに、遅くなってしまった、鮮度が
落ちてしまう。ではまた次回お逢いしましょう。
posted by ぷらちゃん at 18:27| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 釣果速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック