2011年09月15日

カワハギ釣行料理シリーズ第2弾 カワハギの刺身 ヒラメを超えた食感か!

 カワハギ釣行料理シリーズ第2弾!「カワハギの刺身」
カワハギと言えども釣り場で活締めしないと、透明な身と柔らかな歯応えは
維持できないでしょう。

DVC00171.jpg

 カワハギの皮は簡単に剥がせて楽しいものですが、身に着いた薄皮を剥くのは
結構骨の折れる作業です。しかし血合いも少なく、中骨は5枚に下ろして取り除いても
20センチオーバーの大型だとこれだけの刺身が盛れます。写真は一尾の4分の1を
接写しました。
 味は淡白でありながらほんのりとした甘さ、食感は柔らかいのにしっかりした歯応え、
タイの刺身は軽く抜いています(個人により好みは有ります)、ヒラメを抜いてしまったかと
感じる美味でした。
posted by ぷらちゃん at 13:53| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック