2011年08月11日

天然ウナギへの道

 朝からニュースやテロップで猛暑日が取り上げられていました、
6月頃も暑い日があったけどなんで急に集中して警告しているのだろうと
思っていましたが、午後に外に出たら半端ではありませんでした、
納得の灼熱地獄!そんな中、うなぎ釣りを決行するのでした。
 実は先日、ポイントを下見して来ました、雑誌やネットで調べて、
行ってみたけど駐車場から川べりまで離れていたり、日も暮れたりで
竿は出しませんでしたが、江戸川で車を横付け出来るポイントを
見付けました。実績は不明ですが、釣り人は居ました。
 お盆も近いし、車の横付けは無理かなと思いつつ、途中渋滞で
到着したのは、陽も沈みかけた最高の時間。しかし車も数台、
釣り人も下見の時と同じ場所に1名・・・
 想像は付きますが、急いで支度をして投入。
いやな予感に輪を掛けて、釣具屋で購入したミミズの箱を開くと、
目が ・ 箱に「太」と書かれていた物を購入したのですが、
針の太さよりなんとか太い程度でした、これは駄目だと
念の為に購入した青イソメが活躍しました。
 居ない事は無いと思いますが、川底の状況も釣れるポイントも
不明な上に、このミミズと日中の灼熱地獄、
想像通りの時間が過ぎて行きます。
それでも気休めに掛かったのは、片手サイズの外道、
後で調べたのですが、赤い目はメナダでしょうか?
ヒゲが生えているのはコイですよね、全然引かないサイズですが、
調査釣行!竿を出す事に意義がある。天然鰻食べた〜い。
 22時近くまで粘りましたが、天然ウナギへの道、
そんなに甘い物ではありませんでした。
まずはミミズ採取からですね、基本を忠実に。
ラベル:うなぎ
posted by ぷらちゃん at 00:41| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 釣果速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック