2021年06月29日

WRC(世界ラリー選手権)2021第6戦ラリー・ケニアDAY4「首位ヌービル陥落!トヨタ大逆転オジェ4勝目☆勝田貴元初表彰台」【動画】



WRC(世界ラリー選手権)2021第6戦ラリー・ケニアDAY4

「首位ヌービル陥落!トヨタ大逆転オジェ4勝目☆勝田貴元初表彰台」

最終日にも待ち受けていたサファリの罠!?
ラリーリーダーが入れ替わる大逆転劇を征し
トヨタヤリスがワンツー勝田貴元初表彰台獲得☆

WRC 世界ラリー選手権 2021
第6戦 ラリー・ケニア(ケニア)

総走行距離:1133.94km
総ステージ走行距離:320.19km
SS数:18

DAY4


When it all went wrong for Thierry Neuville at WRC Safari Rally Kenya 2021


Final day at WRC Safari Rally Kenya 2021: Highlights Stage 15


The final stages of WRC Safari Rally Kenya 2021 - Highlights Stages 16-18


WOLF POWER STAGE Highlights - Showdown at WRC Safari Rally Kenya 2021

☞WRC(世界ラリー選手権)2021第6戦ラリー・ケニアDAY1・2「キリンにフラミンゴ優雅では無かったサファリで勝田貴元が2位浮上!☆」【動画】

☞WRC(世界ラリー選手権)2021第6戦ラリー・ケニアDAY3「ゼブラにキリンが行く手を阻む!乾期のサバンナで土砂降りタナクに暗雲?☆」【動画】

☞【速報】「祝!勝田貴元トヨタヤリスでWRC初表彰台☆大波乱サファリで快挙」WRC(世界ラリー選手権)2021第6戦ラリー・ケニア

サファリ・ラリー・ケニアがWRC(世界ラリー選手権)
として復帰する為クローズドステージで規模は縮小
されましたが過酷に変わりはありませんでした

その中でティエリー・ヌービル(ヒュンダイ)はリードを広げ
勝田貴元(NONE/トヨタ)は2位を守り激走した土曜日
突然の雨とマシントラブルから4位に後退したオット・タナク
(ヒュンダイ)に代わり3位に浮上したセバスチャン・オジェ
(トヨタ)

チームオーダーが無くても勝田貴元(NONE/トヨタ)が
セバスチャン・オジェ(トヨタ)に順位を譲る事になるとは
思いましたが完走し初表彰台に上がる事を祈っていた日曜日

最初のステージSS14は昨日の雨で路面は泥状態で滑り易く
過酷さが増していましたが
トップを快走していたティエリー・ヌービル(ヒュンダイ)が
岩をヒットしペースダウン
右リアカウルが破損してステージをフィニッシュ
2位勝田貴元(NONE/トヨタ)との差は11.7秒に詰まった

しかしティエリー・ヌービル(ヒュンダイ)のトラブルは
パンクチャーだけでは無かった
サスペンションにダメージを負い修復を試みましたが
次のステージSS15を前にリタイアを決断しました

勝田貴元(NONE/トヨタ)はSS15を首位で走り切り
初のラリーリーダーとなった
追い上げて来たセバスチャン・オジェ(トヨタ)との差は
0.8秒

SS16では総合同タイムでセバスチャン・オジェ(トヨタ)
がトップのリザルトとなりました
チームオーダーは存在しませんが選手権ポイントを考えると
ベターなリザルトです3位オット・タナク(ヒュンダイ)とは
1分以上の差が開いているのでこのまま完走して欲しいです

最終SSパワーステージでは何としてもボーナスポイントを
獲得したいオット・タナク(ヒュンダイ)が1位で5ポイント
を獲得
デイリタイアからカッレ・ロバンペラ(トヨタ)2位4ポイント
エルフィン・エバンス(トヨタ)が3位3ポイントを獲得した

4位でフィニッシュしたエイドリアン・フルモー(Mスポーツ)
はSS14でコースオフした際にコースカットしてしまい
10秒のペナルティが科されガス・グリーンスミス(Mスポー
ツ)が逆転し自己最高位の4位となった

セバスチャン・オジェ(トヨタ)が復活のサファリ・ラリーで
大逆転優勝!今季実に4勝目を挙げる☆

そして勝田貴元(NONE/トヨタ)が2位!初表彰台を
過酷なサファリ・ラリー・ケニアで獲得した☆
日本人WRC(世界ラリー選手権)表彰台は27年振り
同じくサファリ・ラリー2位の篠塚建次郎氏以来となる

☞WRC(世界ラリー選手権)2021 第6戦ラリー・ケニア「サファリ復活!選手権首位トヨタヤリスがアフリカの大地で激走を魅せる☆」
【放送日程】


WRC2021第6戦ラリー・ケニア DAY4
SS18後 総合順位

1 セバスチャン・オジェ  (トヨタ)
  3:18’11.3
2 勝田貴元        (NONE/トヨタ)
  +21.8
3 オット・タナク     (ヒュンダイ)
  +1’09.5
4 ガス・グリーンスミス  (Mスポーツ・フォード)
  +1’54.6
5 エイドリアン・フルモー (Mスポーツ/フォード)
  +1’54.7
6 カッレ・ロバンペラ   (トヨタ)
  +10’53.4

☞TOYOTA GAZOO Racing 公式サイト

☞サファリ・ラリー 公式サイト

☞WRC 公式サイト

☞2021年WRCカレンダー(世界ラリー選手権・スケジュール)「ラリージャパン最終戦で開催!全11戦で世界を駆け巡れるか?☆」

当サイトでは モータースポーツの活性化
自動車社会の向上復活 世界の景気回復wを願っています♡


日本車 ラリーカー 最強列伝 (RALLY PLUS - ラリープラス - 特別編集)


RALLY PLUS - ラリープラス - vol.28


RALLY CARS Vol.27 DATSUN 240Z (サンエイムック ラリーカーズ)


auto sport - オートスポーツ - 2021年 7/2号 No.1555


F1速報 2021年 7/8号 第7戦 フランス GP


ギャルズパラダイス 2021 レースクイーンデビュー編 【2大付録】 日本RQ大賞新人部門投票はがき / トールケース入り DVD (サンエイムック)
posted by ぷらちゃん at 18:56| 千葉 ☔| Comment(0) | WRC観戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: