2021年10月12日

2021F1第16戦トルコGP決勝「白いレッドブル2台表彰台!ホンダパワーチームで首位奪還☆」



2021F1第16戦トルコGP決勝

「白いレッドブル2台表彰台!ホンダパワーチームで首位奪還☆」

鈴鹿サーキットでF1日本グランプリが開催される筈だった週末
代替えで2年連続トルコGPが開催された

ウェットコンディションの決勝レースはインターミディエイト
タイヤを無交換で走り切ろうとしたルイス・ハミルトン
(メルセデス)をホンダパワーチームで追い詰め
ドライバーズタイトル首位を奪還した☆

インターシティイスタンブールパーク
5.338km
コーナー数 14反時計回り
決勝 58Laps

トルコとの時差は−6時間

決勝のスタートは現地時間15時00分
(日本時間21時00分)となります

天候 霧雨 気温 18.5℃ 路面温度 15.9℃
湿度 92.5% 風速 4.7m/秒  風向 東北東
気圧 1006.5hpa
ウェットコンディション

☞2021F1第16戦トルコGP予選「10グリッド降格ハミルトンがポール!ホンダパワー4台Q3進出☆」

2年連続開催のトルコGPは今年も雨の決勝レースとなった
同じウェット路面でも昨年は新舗装のアスファルトで油が浮き
氷の上の様で有ったが今年はインターミディエイトタイヤが
グリップしている

ルイス・ハミルトン(メルセデス)が予選ポールポジションを
獲得したが既にパワーユニット交換で10グリッド降格が
決まっている

カルロス・サインツjr(フェラーリ)も予選前にパワー
ユニット交換で最後尾スタートが決まっていたが
ダニエル・リカルド(マクラーレン)が予選後のパワー
ユニット交換で最後尾のスタートとなる

決勝レーススタートのポールポジショングリッドには
バルテリ・ボッタス(メルセデス)が繰り上がり
フロントローにはマックス・フェルスタッペン(レッドブル)
が並ぶ

ウェットコンディションとなった為予選Q2で使用した
角田裕毅(アルファタウリ)のソフトタイヤは不要となり
イコールコンディションの全マシンがインターミディエイト
タイヤのスタートとなった

スタート直後フェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)に
ピエール・ガスリー(アルファタウリ)が接触
フェルナンド・アロンソはコースオフしピエール・ガスリー
には5秒ペナルティが科された

更にミック・シューマッハ(ハース)にフェルナンド・
アロンソ(アルピーヌ)が接触
こちらはフェルナンド・アロンソに5秒ペナルティが科された

11番グリッドからポジションを上げたルイス・ハミルトン
(メルセデス)を序盤8ラップ目まで8番手の角田裕毅
(アルファタウリ)がディフェンスを続けた

21ラップ目最後尾スタートのダニエル・リカルド(マクラー
レン)から新品のインターミディエイトタイヤに交換が始まった

37ラップ目マックス・フェルスタッペン(レッドブル)が
ピットインしセルジオ・ペレス(レッドブル)を挟んで
ルイス・ハミルトン(メルセデス)の前に出る

38ラップ目トップのバルテリ・ボッタス(メルセデス)が
カウンターでピットイン2番手に戻る

セバスチャン・ベッテル(アストンマーチン)がドライタイヤ
に交換を試みるが全くグリップせず大きく順位を落とす

ルイス・ハミルトン(メルセデス)にピットインの無線が飛ぶが
何故だと退ける

47ラップ目ステイアウトしていたシャルル・ルクレール
(フェラーリ)をバルテリ・ボッタス(メルセデス)が
オーバーテイクしトップに戻る
シャルル・ルクレールは断念しタイヤ交換にピットイン

6番手ピエール・ガスリー(アルファタウリ)がタイム差を縮め
ルイス・ハミルトン(メルセデス)がピットインした場合に
今を逃すとピットアウトがピエール・ガスリーの後ろになって
しまう為ピットインさせられるが
新しいインターミディエイトタイヤを酷使すると激しく摩耗する
為ピエール・ガスリーのプッシュを受ける

バルテリ・ボッタス(メルセデス)がファーステストラップを
叩き出してポールトゥウィンの今季初優勝!

鈴鹿仕様白いカラーリングのレッドブル・ホンダ
マックス・フェルスタッペン(レッドブル)が2位フィニッシュ
セルジオ・ペレス(レッドブル)が3位表彰台を獲得した☆

ルイス・ハミルトン(メルセデス)が5位に終わった為
ドライバーズタイトルは6ポイント差でマックス・フェルスタッ
ペン(レッドブル)が首位を奪還した☆

19番グリッドから8位入賞したカルロス・サインツjr
(フェラーリ)が初のドライバー・オブ・ザ・デイを受賞した

10位入賞のエステバン・オコン(アルピーヌ)1台だけが
インターミディエイトタイヤ1本ピットイン無しで走り切った!

ウェットコンディションでセーフティーカー導入無し20台完走
ゼロリタイアは過去12戦だけだそうだ

ルイス・ハミルトン(メルセデス)を追い詰めタイトル争いを
逆転したのはホンダパワーのチームワークと言えそうだ
入賞を逃した角田裕毅(アルファタウリ)も序盤での仕事は大きい

☞2021F1第16戦トルコGP「鈴鹿で日本GPが開催予定だった週末レッドブルは感謝を込め走る☆」【放送日程】

☞「7年振りF1日本人ドライバー角田裕毅アルファタウリ・ホンダ!☆」

☞2021F1GPカレンダー(スケジュール・日程)「F1史上最多23戦!7年振り日本人F1ドライバー角田裕毅を迎えHONDAパワーラストシーズンを戦う☆」

2021F1第16戦トルコGP 決勝 結果

1 バルテリ・ボッタス    メルセデス
  1:31’04.103(58Laps)
2 マックス・フェルスタッペンレッドブル
  +14.584
3 セルジオ・ペレス     レッドブル
  +33.471
4 シャルル・ルクレール   フェラーリ
  +37.814
5 ルイス・ハミルトン    メルセデス
  +41.812
6 ピエール・ガスリー    アルファタウリ
  +44.292
7 ランド・ノリス      マクラーレン
  +47.213
8 カルロス・サインツjr  フェラーリ
  +51.526
9 ランス・ストロール    アストンマーチン
  +1’22.018
10エステバン・オコン    アルピーヌ
  +1Lap

☞Formula1レジスタードマーク The Official

当サイトでは モータースポーツの活性化
自動車社会の向上復活 世界の景気回復wを願っています♡


F1速報 2021年 10/28号 第16戦トルコGP


auto sport - オートスポーツ - 2021年 10/29号 No.1562


RALLY PLUS - ラリープラス - vol.30


ギャルズパラダイス 2021 トップレースクイーン編 【2大付録】 日本RQ大賞投票用紙 / ポスター (サンエイムック)

posted by ぷらちゃん at 16:02| 千葉 ☀| Comment(0) | F1観戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: