2021年09月13日

2021F1第14戦イタリアGP決勝「ポイント争いは激しいクラッシュへ!11年振りマクラーレンワンツー☆」



2021F1第14戦イタリアGP決勝

「ポイント争いは激しいクラッシュへ!11年振りマクラーレンワンツー☆」

ドライバーズタイトルポイント争い
土曜日のスプリント予選で2ポイントを追加し5ポイント
差で首位のマックス・フェルスタッペン(レッドブル)と
2位のルイス・ハミルトン(メルセデス)はタイヤ交換後の
ピットアウトで鉢合わせとなった!!

モンツァ・サーキット
5.793km
コーナー数 11 時計回り
決勝 53Laps

イタリアとの時差は−7時間(サマータイム)

決勝のスタートは現地時間15時00分
(日本時間22時00分)となります

天候 晴れ 気温 28.5℃ 路面温度 44.2℃
湿度 35.8% 風速 0.2m/秒  風向 北北東
気圧 994.6hpa
ドライコンディション

☞2021F1第14戦イタリアGP予選「最後尾決定のボッタスがメガラップでスプリント先頭獲得!☆」

☞2021F1第14戦イタリアGPスプリント予選「ガスリークラッシュ!ハミルトン失敗?ボッタス幻のポール☆」

土曜日のスプリント予選でクラッシュを喫したピエール・
ガスリー(アルファタウリ)はマシン修復に大きく部品交換
した為にピットレーススタートとなっているが
スタート前にセッティングが決まらない模様

ポールポジションを獲得獲得したバルテリ・ボッタス
(メルセデス)は金曜日の予選前に3基目のパワーユニット
交換で既に最後尾スタートが決まっている

決勝レーススタート1番グリッドにはマックス・フェルス
タッペン(レッドブル)フロントローにはダニエル・リカルド
(マクラーレン)が並ぶ

決勝レーススタート前に角田裕毅(アルファタウリ)のマシン
がグリッド上で修復出来ないトラブルが発生しピットに
運ばれる

メルセデスの2台はハードタイヤを装着している

角田裕毅(アルファタウリ)はブレーキトラブルでスタート
出来ない!

決勝レーススタート4番グリッドからランド・ノリス
(マクラーレン)を抜いたがマックス・フェルスタッペン
(レッドブル)と接触して順位を戻している
両者のマシンに影響は無さそう

ダニエル・リカルド(マクラーレン)がトップに立ち
マックス・フェルスタッペン(レッドブル)は2番手

後方でカルロス・サインツjr(フェラーリ)と
アントニオ・ジョビナッツィ(アルファロメオ)が接触で
スピン

一時的にヴァーチャルセーフティーカー導入となる

アントニオ・ジョビナッツィ(アルファロメオ)は
フロントノーズ交換でピットインするが安全なコースイン
で無かった為5秒ペナルティが科されている

ピエール・ガスリー(アルファタウリ)がピットイン
ガレージにマシンを収めてしまう
アルファタウリ・ホンダ2台リタイア

14ラップ目バルテリ・ボッタス(メルセデス)が
10番手まで順位を上げて来た

セバスチャン・ベッテル(アストンマーチン)に
エステバン・オコン(アルピーヌ)が接触  
5秒ペナルティが科される

23ラップ目トップのダニエル・リカルド(マクラーレン)
がピットインしミディアムからハードタイヤに交換

24ラップ目マックス・フェルスタッペン(レッドブル)
のピットイン
レッドブルのタイヤ交換ピットストップは定評の早さだが
右フロントが遅れ10番手に後退してしまう

ルイス・ハミルトン(メルセデス)がランド・ノリス
(マクラーレン)をオーバーテイクしラップリーダーに

26ラップ目ルイス・ハミルトン(メルセデス)がピット
イン
コースインでマックス・フェルスタッペン(レッドブル)
と並び

マックス・フェルスタッペン(レッドブル)に
ルイス・ハミルトン(メルセデス)がサイドバイサイド
フェルスタッペンの右リアタイヤがハミルトンの
左リアタイヤに乗り上げ宙に浮きながらコースオフ!

ルイス・ハミルトン(メルセデス)はマックス・
フェルスタッペン(レッドブル)のマシンに下敷きに
なりながらストップ

マックス・フェルスタッペン(レッドブル)はエンジンを
切りマシンを降りるがルイス・ハミルトン(メルセデス)は
ステアリングを左右に藻掻く様にリアタイヤを空転させる
恐ろしい執念だがマシンはエアインテークが潰れている

セーフティーカーが導入されマシンが撤去される
31ラップ目にレースが再開されると

3番手ランド・ノリス(マクラーレン)がシャルル・
ルクレール(フェラーリ)をオーバーテイクし2番手に
マクラーレンがワンツーとなる

バルテリ・ボッタス(メルセデス)が5番手に浮上

セルジオ・ペレス(レッドブル)がシャルル・ルクレール
(フェラーリ)をショートカットで抜いてしまい3番手
順位を戻す必要が有るがバルテリ・ボッタス(メルセデス)
がルクレールをオーバーテイクしてペレスとの間に入った
ので戻せないか!?

セルジオ・ペレス(レッドブル)に5秒ペナルティが科された

セルジオ・ペレス(レッドブル)とバルテリ・ボッタス
(メルセデス)がクロスラインのバトルとなる

ニキータ・マゼピン(ハース)がパワーを失いコースサイドに
マシンを止め一時的にヴァーチャルセーフティーカー導入となる

セルジオ・ペレス(レッドブル)はバルテリ・ボッタス
(メルセデス)を抑えたが5秒ペナルティで5位

ダニエル・リカルド(マクラーレン)はファイナルラップに
ファーステストラップも叩き出し
2018年レッドブル時代モナコGP以来の優勝!

マクラーレンの優勝は2012年ブラジルGPのジェンソン・
バトン以来となる

ランド・ノリス(マクラーレン)が2位を守り2010年
カナダGP以来のマクラーレンワンツー!

フェラーリは4位と6位に終わったが二人共体調不良だった
らしいティフォシの前で2台入賞したので良かったのでは

ダニエル・リカルド(マクラーレン)はドライバー・オブ
・ザ・デイも受賞した
優勝者が受賞するのは珍しいかも?

表彰式は勿論シューイで締め括ったw

フェルスタッペンとハミルトンのクラッシュはドライバー
の身体が無事で良かったです
ヘイローが無かったらハミルトンは危険でしたね!

レーシングインシデントとは思いますが
ルールは無いのですがハミルトンはアウトラップだったの
だから引いて欲しかったですね
クラッシュしても生き延びようとする執念と貪欲さには
身の毛が逆立ちましたw

☞2021F1第14戦イタリアGP「3週連戦最後は赤いティフォシのモンツァ!2度目のスプリント予選☆」【放送日程】

☞「7年振りF1日本人ドライバー角田裕毅アルファタウリ・ホンダ!☆」

☞2021F1GPカレンダー(スケジュール・日程)「F1史上最多23戦!7年振り日本人F1ドライバー角田裕毅を迎えHONDAパワーラストシーズンを戦う☆」

2021F1第14戦イタリアGP 決勝 結果

1 ダニエル・リカルド    マクラーレン
  1:21’54.365(53Laps)
2 ランド・ノリス      マクラーレン
  +1.747
3 バルテリ・ボッタス    メルセデス
  +4.921
4 シャルル・ルクレール   フェラーリ
  +7.309
5 セルジオ・ペレス     レッドブル
  +8.723
6 カルロス・サインツjr  フェラーリ
  +10.535
7 ランス・ストロール    アストンマーチン
  +15.804
8 フェルナンド・アロンソ  アルピーヌ
  +17.201
9 ジョージ・ラッセル    ウイリアムズ
  +19.742
10エステバン・オコン    アルピーヌ
  +20.868

☞Formula1レジスタードマーク The Official

当サイトでは モータースポーツの活性化
自動車社会の向上復活 世界の景気回復wを願っています♡


F1速報 2021年 9/16号 第12戦 ベルギーGP


auto sport - オートスポーツ - 2021年 9/17号 No.1559


RALLY PLUS - ラリープラス - vol.29


ギャルズパラダイス 2021 トップレースクイーン編 【2大付録】 日本RQ大賞投票用紙 / ポスター (サンエイムック)

posted by ぷらちゃん at 20:01| 千葉 ☁| Comment(0) | F1観戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: