2021年07月06日

2021F1第9戦オーストリアGP決勝「フェルスタッペン3週連続ポールトゥウィン!ホンダパワー33年振り5連勝☆」



2021F1第9戦オーストリアGP決勝

「フェルスタッペン3週連続ポールトゥウィン!ホンダパワー33年振り5連勝☆」

3週連続開催を締め括るオーストリアGPは
オレンジ軍団(アーミー)がスタンドを埋め尽くし大歓声の中
期待に応えてマックス・フェルスタッペン(レッドブル)が
3週連続ポールトゥウィンを飾る☆

レッドブル・リンク
4.318km
コーナー数 10 時計回り
決勝 71Laps

オーストリアとの時差は−7時間(サマータイム)

決勝のスタートは現地時間15時00分
(日本時間22時00分)となります

天候 曇り 気温 20.9℃ 路面温度 34.4℃
湿度 50.0% 風速 0.1m/秒  風向 北北西
気圧 935.0hpa
ドライコンディション

☞2021F1第9戦オーストリアGP予選「オレンジ軍団の狼煙に応えフェルスタッペン連続ポール!角田裕毅3度目Q3進出☆」

3日間総動員数132000人!オランダからのマックス・
フェルスタッペン(レッドブル)を応援するオレンジ軍団が
スタンドを埋め尽くしています

降水確率は60%ですが先週も予報が外れドライコンディ
ションでしたので大丈夫でしょうw

3戦連続ポールポジションのマックス・フェルスタッペン
(レッドブル)初のフロントローに並ぶランド・ノリス(マク
ラーレン)

決勝レーススタートはポールポジションからマックス・フェルス
タッペン(レッドブル)好スタートランド・ノリス(マクラー
レン)もメルセデス2台を抑えて2番手をキープ

オープニングラップ後方でエステバン・オコン(アルピーヌ)が
両サイドから接触トラックロッドを破損しリタイア
セーフティーカーが導入される

再スタート後ランド・ノリス(マクラーレン)とセルジオ・
ペレス(レッドブル)のバトルでペレスがランオフエリアに
弾き出され審議状態となるセルジオ・ペレスは10番手まで後退

13ラップ目角田裕毅(アルファタウリ)がピットインし
ソフトタイヤからハードタイヤに交換するがピットレーン入り口
の白線を横切ってしまい5秒ペナルティが科される

14ラップ目ピエール・ガスリー(アルファタウリ)ピットイン
同じくハードタイヤに交換

20ラップ目ランド・ノリス(マクラーレン)に審議結果5秒
ペナルティが科されると2番手バトルを諦めポジションを
ルイス・ハミルトン(メルセデス)に譲った

31ラップ目ランド・ノリス(マクラーレン)とバルテリ・
ボッタス(メルセデス)がピットインしミディアムタイヤから
ハードタイヤに交換
ランド・ノリスは5秒ペナルティを消化した為3番手がボッタス
に入れ替わる

32ラップ目ルイス・ハミルトン(メルセデス)がピットイン
ミディアムタイヤからハードタイヤに交換

ルイス・ハミルトン(メルセデス)のピットインに合わせて
33ラップ目マックス・フェルスタッペン(レッドブル)が
ピットインしミディアムタイヤからハードタイヤに交換
トップを維持してコースイン

41ラップ目セルジオ・ペレス(レッドブル)がシャルル・
ルクレール(フェラーリ)を接触しながら押し出して
オーバーテイクし8番手を奪うが5秒ペナルティが科される

46ラップ目ピエール・ガスリー(アルファタウリ)が
2度目のピットインでハードタイヤに交換

49ラップ目再びセルジオ・ペレス(レッドブル)がシャルル・
ルクレール(フェラーリ)を激しく追い遣り2度目の5秒
ペナルティが科される

52ラップ目タイヤの摩耗とフロアのダメージからかペースの
上がらないルイス・ハミルトン(メルセデス)とバルテリ・
ボッタス(メルセデス)の順位を入れ替える

53ラップ目角田裕毅(アルファタウリ)が2度目のピット
インでハードタイヤに交換するが白線カットの5秒ペナルティ
を再び犯してしまう

54ラップ目ランド・ノリス(マクラーレン)が
ルイス・ハミルトン(メルセデス)のオーバーテイクに成功し
3番手を奪う

フリーストップとなったルイス・ハミルトン(メルセデス)は
2度目のピットインでハードタイヤに交換しファーステスト
ラップを狙う

60ラップ目フリーストップのマックス・フェルスタッペン
(レッドブル)がファーステストラップ狙いにしては早めの
新品ハードタイヤに交換するが
実はリアタイヤにスローパンkチャーが発生していた事が判明

62ラップ目にマックス・フェルスタッペン(レッドブル)が
ダメ押しで6秒台のファーステストラップを叩き出しました

ファイナルラップでカルロス・サインツjr(フェラーリ)が
ダニエル・リカルド(マクラーレン)をオーバーテイクし6番手

セバスチャン・ベッテル(アストンマーチン)とキミ・ライコ
ネン(アルファロメオ)が接触しコースアウト

マックス・フェルスタッペン(レッドブル)が先週に続き一度も
トップを譲らずに3週連続ポールトゥウィンで今季5勝目☆
ホンダパワー33年振りの5連勝!

ドライバー・オブ・ザ・デイは自己最高位4度目の3位表彰台
ランド・ノリス(マクラーレン)が受賞しました

角田裕毅(アルファタウリ)はミスによる2度のペナルティも
含め12位自己最高位グリッドからポイント獲得出来ず

5秒ペナルティが乱立し決勝レース後にも審議が入りリザルトに
変更がなされた
オープニングラップのランド・ノリス(マクラーレン)について
はレーシングインシデント或いはセルジオ・ペレス(レッドブル)
のミスという見解まで上がっている

ちょっと厳し過ぎて面白く無くなりそうな懸念材料ですね
ストレートでしかオーバーテイク出来なくなる??

レッドブル・ホンダ絶好調なので純粋に喜び楽しみたいですね♡

☞2021F1第9戦オーストリアGP「ホンダパワーF1史上最多5連勝でレッドブルに翼を授ける☆」【放送日程】

☞「7年振りF1日本人ドライバー角田裕毅アルファタウリ・ホンダ!☆」

☞2021F1GPカレンダー(スケジュール・日程)「F1史上最多23戦!7年振り日本人F1ドライバー角田裕毅を迎えHONDAパワーラストシーズンを戦う☆」

2021F1第9戦オーストリアGP 決勝 結果

1 マックス・フェルスタッペンレッドブル
  1:23’54.543(71Laps)
2 バルテリ・ボッタス    メルセデス
  +17.973
3 ランド・ノリス      マクラーレン
  +20.019
4 ルイス・ハミルトン    メルセデス
  +46.452
5 カルロス・サインツjr  フェラーリ
  +57.144
6 セルジオ・ペレス     レッドブル
  +57.195
7 ダニエル・リカルド    マクラーレン
  +1’00.395
8 シャルル・ルクレール   フェラーリ
  +1’01.195
9 ピエール・ガスリー    アルファタウリ
  +1’01.844
10フェルナンド・アロンソ  アルピーヌ
  +1Lap

☞Formula1レジスタードマーク The Official

当サイトでは モータースポーツの活性化
自動車社会の向上復活 世界の景気回復wを願っています♡


F1速報 2021年 7/8号 第7戦 フランス GP


auto sport - オートスポーツ - 2021年 7/2号 No.1555


2021 F1全チーム&マシン完全ガイド (auto sport 特別編集)


日本車 ラリーカー 最強列伝 (RALLY PLUS - ラリープラス - 特別編集)


ギャルズパラダイス 2021 レースクイーンデビュー編 【2大付録】 日本RQ大賞新人部門投票はがき / トールケース入り DVD (サンエイムック)

posted by ぷらちゃん at 17:32| 千葉 ☔| Comment(0) | F1観戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: