2019年07月14日

2019スーパーフォーミュラ第4戦富士スピードウェイ予選「バードストライク!雨の路面変化読みパロウ激走の初ポール獲得!☆」



SUPER FORMULA Rd.4 FUJI SPEEDWAY

2019 SUPER FORMULA Rd.4

FUJI SPEEDWAY

7.13 SAT  7.14 SUN

「バードストライク!雨の路面変化読みパロウ激走の初ポール獲得!☆」

SF04.jpg

2019年 全日本スーパーフォーミュラ選手権
第4戦 富士スピードウェイ

☞富士スピードウェイ

天候 雨 気温 21.8℃ 路面温度 28.2℃
湿度 77.3% 風速 1.9m/秒 風向 東南東(参考)
気圧 944.1hpa(現地気圧) 
ウェットコンディション

※気象データは参考ですが正確に近付ける為に
 予告無しに更新する場合が有ります

開幕から雨に翻弄されるスーパーフォーミュラは
第4戦富士スピードウェイ
梅雨のシーズンではやはり雨の予選日となった

スーパーフォーミュラに参戦していたダニエル・ティクトゥム
選手がレッドブル育成ドライバー解雇により
パトリシオ・オワード選手が交代でチーム無限より参戦する

ウェットコンディションのレインタイヤで開始された予選Q1
は開始直後に国本雄資選手がバードストライクに遭い
落下物回収の為赤旗中断となった

同じタイミングでコース上にストップしたのはデビュー戦と
なったパトリシオ・オワード選手がミッショントラブルにより
タイム計測無しの決勝スタート最後尾が決まってしまった

雨で早いタイミングで出したタイムから縮められない様だが
タイミングモニターでは石浦宏明選手だけがタイムを更新している
予選Q1敗退となってしまった平川亮選手のインタビューから
コースコンディションが良くなる中タイヤの使い切るタイミング
が合わずアタックのタイミングが大きく影響した様だ

予選Q2でもラストアタックで大嶋和也選手が滑り込むと
アタックを終了していたチャンピオン山本尚貴選手が押し出され
予選Q2敗退となってしまった

予選Q3ホームストレートで牧野任祐選手がマシンストップ
ギアが2速にスタックしてしまったらしい

アレックス・パロウ選手がトップタイムを叩き出すと続けた
ラップでもセクター1・2ではタイムを縮める速さを魅せ
スーパーフォーミュラ参戦初のポールポジションを獲得した!

決勝レースは雨の予報となっていますが小雨程度で
セミウェットコンディションにコース状況が変化して行き
スリックタイヤに履き替える展開だと
観戦側は楽しめそうなので期待したいですね♡

☞2019スーパーフォーミュラ第4戦富士スピードウェイ「梅雨真っ最中!雨絡みの大混戦で第4の勝者登場となるか!?」【放送日程】

2019スーパーフォーミュラ第4戦富士スピードウェイ予選 結果

1 64 アレックス・パロウ   1’39.167
2 39 坪井翔         1’39.252
3 19 関口雄飛        1’39.311
4 16 野尻智紀        1’39.890
5 37 ニック・キャシディ   1’40.021
6 38 石浦宏明        1’40.051
7  8 大嶋和也        1’40.832
8 65 牧野任祐        1’53.080

☞2019全日本スーパーフォーミュラ選手権 開催スケジュール【日程】

☞富士スピードウェイ

☞SUPER FORMULA Official Website

当サイトでは モータースポーツの活性化
自動車社会の向上復活 世界の景気回復wを願っています♡


auto sport - オートスポーツ - 2019年 7/19号 No.1510


F1速報 2019年 7/18号 第9戦 オーストリア GP [ ホンダ 優勝 ]


2019 スーパーGT公式ガイドブック (auto sport 臨時増刊)


ル・マン24時間 2019 【特別付録】両面 ポスター (auto sport 特別編集)


RALLY PLUS - ラリープラス - vol.21


ギャルズパラダイス 2019 スーパーGTレースクイーン オフィシャルガイドブック (サンエイムック)

posted by ぷらちゃん at 10:38| 千葉 ☔| Comment(0) | モータースポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: