2019年09月11日

2019F1第14戦イタリアGP決勝「甘い采配もシャルル・ルクレール2連勝!ティフォシ感激☆」



2019F1第14戦イタリアGP決勝

「甘い采配もシャルル・ルクレール2連勝!ティフォシ感激☆」

フェラーリ本拠地モンツァ超高速サーキットで2010年以来
ティフォシ紅い観衆の大歓声が響き渡る

モンツァ・サーキット
5.793km
コーナー数 11 時計回り
決勝 53Laps

イタリアとの時差は−7時間(サマータイム)

決勝のスタートは現地時間15時10分
(日本時間22時10分)となります

天候 晴れ 気温 20.5℃ 路面温度 33.2℃
湿度 53.9% 風速 2m/秒 風向 南南東(参考)
気圧 998.4hpa 
ドライコンディション

☞2019F1第14戦イタリアGP予選「予選日に観た事の無い光景が広がり前代未聞の終幕を迎えた!☆」

決勝レースでは何が起きるのか!?荒れたスタートにも
観えたが先頭グループには混乱は無くラップが重ねられた

フェラーリが好調さを取り戻すも今一つのセバスチャン・
ベッテル(フェラーリ)が単独スピン!
コース復帰でランス・ストロール(レーシングポイント)
と接触しフロントウィングを破損
ランス・ストロールもコース復帰でピエール・ガスリー
(トロロッソ)の進路を妨害してしまった
セバスチャン・ベッテルはフロントウィング交換でピットイン
更に10秒のストップアンドゴーペナルティを科され
ランス・ストロールにもドライブスルーペナルティが科された

ポールポジションスタートのシャルル・ルクレール(フェラーリ)
に詰め寄るルイス・ハミルトン(メルセデス)
シャルル・ルクレールはアウトを詰め過ぎルイス・ハミルトンと
軽く接触しコース外に追い出されてしまう
ペナルティを受け万事休すかと思わせたが黒白旗の警告で済んだ

アレクサンダー・アルボン(レッドブル)はシケインのオーバー
テイクでコースをカットしたとして5秒のペナルティが科された

予選Q3のクラッシュでピットレーンスタートとなった
キミ・ライコネン(アルファロメオ)だったが予選Q2で使用した
ソフトタイヤで無く新品のミディアムタイヤでスタートしていた
事が発覚!w考えられないミスだが10秒のストップアンドゴー
ペナルティが科された
これはちょっと甘いかな規定無視の反則だからレッドカード
失格でも良かったのでは?でも何故このタイミングまで違反に
気付かなかったのだろう?そっちの方が不思議であるw

カルロス・サインツjr(マクラーレン)がピットレーン出口で
ストップ!右フロントタイヤの装着不良だった
バーチャルセーフティーカーとなる
このタイミングで次々とピットインとなったが
ダニール・クビアト(トロロッソ)がピットアウトから白煙が
吹き始めマシンストップ再びバーチャルセーフティーカーとなった

シャルル・ルクレール(フェラーリ)はシケインをショートカット
ルイス・ハミルトン(メルセデス)はオーバーテイク出来ず
ポジションは変わらなかったがルクレールに制裁は無かった

ルイス・ハミルトン(メルセデス)はシケインで
オーバーシュートしてしまい後続のバルテリ・ボッタス
(メルセデス)に2番手のポジションを明け渡してしまう
ルイス・ハミルトンはタイヤが厳しく順位は守れる為
ソフトタイヤに交換してファーステストラップを奪った

シャルル・ルクレール(フェラーリ)はイタリアGPでは
バルテリ・ボッタス(メルセデス)に猛追される事になったが
コンマ8秒を振り切ってフェラーリ本拠地モンツァ・サーキット
ティフォシの元2戦連続のポールトゥウィンを飾った☆

最後尾グリッドからスタートしたマックス・フェルスタッペン
(レッドブル)はオープニングラップで接触フロントウィング
を交換し2ストップとなったが8位まで挽回しポイント獲得
アレクサンダー・アルボン(レッドブル)は6位でフィニッシュ
した

予選でのマックス・フェルスタッペン(レッドブル)のマシンは
パワーユニットのトラブルでは無く
縁石で跳ねた時に空転した車輪をリミッターが制御したが
逆にドライバーがアクセルを開いた事で
現在のF1で制限されているトラクションコントロールと判断
されFIAの制御が掛かったらしい!?
F1ってそんなリモートコントロールまでされているんですね
恐ろしいw

シャルル・ルクレール(フェラーリ)の2連勝でF1終盤戦も
面白くなって来ましたね
でも少しルクレールに甘過ぎる感じもしますが ・ ・ w

☞2019F1第14戦イタリアGP「ルクレール初優勝の勢いで超高速パワーサーキット2週連続開催はティフォシの元へ☆」
【放送日程】


☞2019F1GPカレンダー(スケジュール・日程)「ドライバー変更に沸くF1は年間21戦☆熱いシーズンは最終戦12月へ突入!」

☞2019F1GPチーム&ドライバーラインナップ「劇的大シャッフルで下剋上は起きるか!?」

2019F1第14戦イタリアGP決勝結果

1 シャルル・ルクレール   フェラーリ
  1:15’26.665(53Laps)
2 バルテリ・ボッタス    メルセデス
  +0.835
3 ルイス・ハミルトン    メルセデス
  +35.199
4 ダニエル・リカルド    ルノー
  +45.515
5 ニコ・ヒュルケンベルグ  ルノー
  +58.165
6 アレクサンダー・アルボン レッドブル
  +59.315
7 セルジオ・ペレス     レーシングポイント
  +1’13.802
8 マックス・フェルスタッペンレッドブル
  +1’14.492
9 アントニオ・ジョビナッツィアルファロメオ
  +1Lap
10ランド・ノリス      マクラーレン
  +1Lap

☞Formula1レジスタードマーク The Official

台風15号による停電発生等で記事の更新が遅れ申し訳ございません

当サイトでは モータースポーツの活性化
自動車社会の向上復活 世界の景気回復wを願っています♡


F1速報 2019年 9/26号 第14戦 イタリア GP


ホンダ F1 優勝への軌跡 (F1速報 2019 8月 増刊)


auto sport - オートスポーツ - 2019年 9/20号 No.1514


GP CAR STORY Special Edition 2019 NIKI LAUDA ニキ ラウダ (サンエイムック)


RALLY PLUS - ラリープラス - vol.22


ギャルズパラダイス 2019 レースクイーンデビュー編 (サンエイムック)

posted by ぷらちゃん at 12:49| 千葉 ☀| Comment(0) | F1観戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: