2019年05月26日

2019F1第6戦モナコGP予選「ハミルトンが追悼の大逆転ポールポジションを涙で捧げる☆」



2019F1第6戦モナコGP予選

「ハミルトンが追悼の逆転ポールポジションを涙で捧げる☆」

ルイス・ハミルトン(メルセデス)をマクラーレンから
メルセデスに移籍させ黄金時代を築き上げた恩人ニキ・ラウダ氏
の逝去に大逆転でポールポジションを涙声で捧げた☆

モンテカルロ市街地サーキット
3.340km
コーナー数 19 時計回り
決勝 78Laps

モナコとの時差は−7時間(サマータイム)

決勝のスタートは現地時間13時10分
(日本時間22時10分)となります

天候 晴れ 気温 21℃ 路面温度 44℃
湿度 64% 風速 3m/秒 風向 東南(参考)
気圧 1014hpa 
ドライコンディション

F1参戦2年目にフェラーリに移籍し母国グランプリを迎える
シャルル・ルクレール(フェラーリ)は土曜日フリー走行を
トップタイムで予選に臨んだ

セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)は土曜日フリー走行で
ガードレールにフロントから突っ込みマシン修復を予選に
間に合わせたが 予選Q1でもガードレールに接触し
残り時間3分ピットに戻り その間にノックアウトゾーンに
押し出されるがワンラップに懸けコースイン
トップタイムで予選Q1を通過した

シャルル・ルクレール(フェラーリ)は重量計測を通り過ぎ
クルーに押し戻されるが その後のアタックを行わなかった為
セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)のQ1通過と引き換えに
まさかの予選Q1敗退となってしまった

フェラーリチームは同じミスを何度繰り返すのだろう?
選りによってシャルル・ルクレール(フェラーリ)の母国GP
抜けないモナコで最も後方からスタートしなくてはいけないとは

予選Q2トップ10の決勝スタートタイヤが決まるが予選中に
ソフトタイヤ以外を装着するマシンは1台も無かった
モナコGPに持ち込まれたタイヤはC3・C4・C5の最も
柔らかい側3種類でC5はシーズン初導入である

バルテリ・ボッタス(メルセデス)が驚異の10秒台レコード
タイムを叩き出しモンテカルロ市街地サーキットで平均速度を
170km/hに突入させた

ロマン・グロージャン(ハース)のアタックを進路妨害したとし
てピエール・ガスリー(レッドブル)が審議対象になってしまう

アレクサンダー・アルボン(トロロッソ)がラストアタックで
セクタータイムを自己ベストで繋ぎ初の予選Q3進出を決め
ホンダパワー4台が揃って初めての予選Q3を戦う

予選Q3でもセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)は
ガードレールにタッチしてしまいフロントローを獲得する事は
出来なかった 衝撃を最小限に抑えアタックを続けたのは流石
だがこれ程までにモンテカルロのガードレールとキスしてしまい
決勝レースを走り切れるのだろうか?不安になってしまう

セカンドロー3位を獲得したのはホンダパワー搭載のレッドブル
マックス・フェルスタッペン(レッドブル)
決勝でのスタートとオープニングラップに注目したい

予選Q3でも再び10秒台でレコードタイムを更新した
バルテリ・ボッタス(メルセデス)だったが
ルイス・ハミルトン(メルセデス)のラストアタックで
セクター1トップタイム セクター2を自己ベストで刻み
僅か100分の8秒差でバルテリ・ボッタスを大逆転し
モナコGP2度目のポールポジションを獲得し
ヘルメットを外す前のチームラジオでは涙声でニキ・ラウダ氏に
捧げた☆

シャルル・ルクレール(フェラーリ)は土曜フリー走行で
バーチャルセーフティーカー中に指示を守らなかったが
注意だけの甘い制裁を受けていたが重量計測を通り過ぎた件では
予選終了後に審議の対象となった
アゼルバイジャンGPフリー走行時ピエール・ガスリー
(レッドブル)は重量計測を完全にスルーしてしまい
ピットレーンスタートの裁定が下されている

伝統のモナコグランプリ今回はニキ・ラウダ氏の追悼で
ルイス・ハミルトン(メルセデス)に優勝を捧げて貰うのも
良いかな?
シャルル・ルクレール(フェラーリ)が何処まで挽回するか?
セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)は大丈夫なの!?
ホンダパワーには4台完走して貰いたいですね♡

☞2019F1第6戦モナコGP「訃報 伝統のモナコGPを目前に伝説の王者ニキ・ラウダ氏急逝★」【放送日程】

☞2019F1GPカレンダー(スケジュール・日程)「ドライバー変更に沸くF1は年間21戦☆熱いシーズンは最終戦12月へ突入!」

☞2019F1GPチーム&ドライバーラインナップ「劇的大シャッフルで下剋上は起きるか!?」

2019F1第6戦モナコGP予選結果

1 ルイス・ハミルトン    メルセデス  
  1’10.166
2 バルテリ・ボッタス    メルセデス
  1’10.252
3 マックス・フェルスタッペンレッドブル
  1’10.641
4 セバスチャン・ベッテル  フェラーリ
  1’10.947
5 ピエール・ガスリー    レッドブル
  1’11.041
6 ケビン・マグヌッセン   ハース
  1’11.109
7 ダニエル・リカルド    ルノー
  1’11.218
8 ダニール・クビアト    トロロッソ
  1’11.271
9 カルロス・サインツjr  マクラーレン
  1’11.417
10アレクサンダー・アルボン トロロッソ
  1’11.653

☞Formula1レジスタードマーク The Official

当サイトでは モータースポーツの活性化
自動車社会の向上復活 世界の景気回復wを願っています♡


F1速報 2019年 5/30号 第5戦 スペイン GP


auto sport - オートスポーツ - 2019年 6/7号 No.1507


RALLY PLUS - ラリープラス - vol.21


ギャルズパラダイス 2019 スーパーGTレースクイーン オフィシャルガイドブック (サンエイムック)

posted by ぷらちゃん at 02:19| 千葉 ☀| Comment(0) | F1観戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: