2019年04月29日

2019F1第4戦アゼルバイジャンGP決勝「ボッタス今季初のポールトゥウィン!メルセデス開幕4戦連続ワンツー☆」



2019F1第4戦アゼルバイジャンGP決勝

2019シーズンF1グランプリ第4戦アゼルバイジャンGP
ロングストレートと旧市街地のテクニカルセクションが織り成す
バクー市街地コース

バクー市街地サーキット
6.006km
コーナー数 19 反時計回り
決勝 51Laps

アゼルバイジャンとの時差は−5時間

決勝のスタートは現地時間16時10分
(日本時間21時10分)となります

天候 晴れ 気温 20.4℃ 路面温度 41.9℃
湿度 47.3% 風速 9m/秒 風向 南南西(参考)
気圧 1010hpa 
ドライコンディション

☞2019F1第4戦アゼルバイジャンGP予選「市街地の洗礼クラッシュ続出!ポール期待のルクレールも激突☆」

決勝スタートグリッドのフロントローにはメルセデスの2台が
並びます 市街地の狭いコースでスタートが切られると
メルセデスの2台は激しいバトルでセバスチャン・ベッテル
(フェラーリ)がやや後方から様子を伺う形
大きな混乱も無く綺麗なスタートとなりました

アントニオ・ジョビナッツィ(アルファロメオ)は予選8位と
キミ・ライコネン(アルファロメオ)を始めて上回る快挙
でしたが規定数を超えたパワーユニット交換で10グリッド降格
が決まっていました
キミ・ライコネン(アルファロメオ)はフロントウィングの
規定違反で予選結果除外のピットレーンスタート

ピエール・ガスリー(レッドブル)は燃料流量の規定違反で
予選結果剥奪その他でピットレーンスタート

ロバート・クビサ(ウイリアムズ)はレース前にマシンセッティ
ング変更でピットレーンスタート
なんと4台がピットレーンスタートの渋滞wでしたが
ロバート・クビサはグリッドスタートの集団が通過する前に発進
してしまいドライブスルーペナルティが科された

上位陣ではセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)からタイヤ
交換に入りソフトからミディアムへ
バルテリ・ボッタス(メルセデス)ルイス・ハミルトン
(メルセデス)と続いた

ダニール・クビアト(トロロッソ)とダニエル・リカルド
(ルノー)がオーバーシュート クラッシュは無くコース外に
出たのですがダニエル・リカルドが後退しダニール・クビアト
のマシン右リアにプッシュ!何てことするんだw

予選のクラッシュからミディアムタイヤスタートのシャルル・
ルクレール(フェラーリ)はタイヤ交換を引き延ばし
ラップリーダーとなっていたがバルテリ・ボッタス
(メルセデス)に撃墜され
続いてルイス・ハミルトン(メルセデス)とセバスチャン・
ベッテル(フェラーリ)にDRS(リアウィング可変システム)
でオーバーテイクされやっとソフトタイヤに交換へ

タイヤ交換せずに6番手を走行していたピエール・ガスリー
(レッドブル)だったがスローダウン!
ホンダパワーに異変か!?ドライブシャフトの破損だった
エスケープゾーンにマシンを止めたが今回初のバーチャル
セーフティーカーとなった

シャルル・ルクレール(フェラーリ)はラスト3ラップで
新品ソフトタイヤに交換しファーステストラップを叩き出して
1ポイント獲得

ファイナルラップ直前にルイス・ハミルトン(メルセデス)が
バルテリ・ボッタス(メルセデス)の1秒以内となりDRSで
オーバーテイク!
しかし次のラップでバルテリ・ボッタス(メルセデス)が
DRSでトップを奪い返すと
今季初のポールトゥウィンを飾りメルセデスが開幕4戦連続
ワンツー

スペック2エンジン投入のホンダパワーは残念ながら
マックス・フェルスタッペン(レッドブル)だけが4位で完走
となった

メルセデス強すぎるなぁ〜このままボッタスを応援して
シーズンが進むのだろうか!?
ガスリー頑張れ!ルクレール次は何時!?

☞2019F1第4戦アゼルバイジャンGP「ホンダパワー4台にスペック2エンジン投入!市街地最速を征す☆」【放送日程】

☞2019F1GPカレンダー(スケジュール・日程)「ドライバー変更に沸くF1は年間21戦☆熱いシーズンは最終戦12月へ突入!」

☞2019F1GPチーム&ドライバーラインナップ「劇的大シャッフルで下剋上は起きるか!?」

2019F1第4戦アゼルバイジャンGP決勝結果

1 バルテリ・ボッタス    メルセデス
  1:31’52.942(51Laps)
2 ルイス・ハミルトン    メルセデス  
  +1.524
3 セバスチャン・ベッテル  フェラーリ
  +11.739
4 マックス・フェルスタッペンレッドブル
  +17.493
5 シャルル・ルクレール   フェラーリ
  +1’09.107
6 セルジオ・ペレス     レーシングポイント
  +1’16.416
7 カルロス・サインツjr  マクラーレン
  +1’23.826
8 ランド・ノリス      マクラーレン
  +1’40.268
9 ランス・ストロール    レーシングポイント
  +1’43.816
10キミ・ライコネン     アルファロメオ
  +1Lap


2019 Azerbaijan Grand Prix​: Race Highlights

☞Formula1レジスタードマーク The Official

当サイトでは モータースポーツの活性化
自動車社会の向上復活 世界の景気回復wを願っています♡


F1速報 2019年 5/7号 第3戦 中国 GP


2019 F1全チーム&マシン完全ガイド (auto sport 特別編集)


auto sport - オートスポーツ - 2019年 5/10号 No.1505


知られざる キミ・ライコネン


RALLY PLUS - ラリープラス - vol.21


ギャルズパラダイス 2019 東京オートサロン編 【付録】 Rレースクイーン大賞カレンダー (サンエイムック)

posted by ぷらちゃん at 15:37| 千葉 ☁| Comment(0) | F1観戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: