2018年05月04日

2018スーパーGT第2戦富士500キロ 300クラス予選「決勝見据えタイヤ温存か!?ARTA高木真一ポール最多記録タイ☆」



2018 SUPER GT 第2戦 富士500キロ 予選

2018 AUTOBACS SUPER GT Round 2
FUJI GT500KM RACE
2018.5.3 thu - 4 fri
FUJI SPEEDWAY

天候 晴れ 気温 20.8℃ 路面温度 42.0℃
湿度 78.2% 風速 2.0m/秒 風向 南南西(参考)
気圧 937.7hpa
ドライコンディション

午前中の濃霧により予定されていた公式練習は午後に30分のみ
行われ予選は各クラス20分の1回のみドライバーは指定無し
タイヤは2セット使用可能で実施された

霧は晴れ渡り暗い雲は残るものの日差しが有り
チームにとってはセッティングの時間が取れなかったと思うが
当初の予報では風雨が強い可能性が有ったので当サイトの見解で
は天候に恵まれたと感じている

300クラスでは1人のドライバーがアタックしタイヤは温存する
チームも見受けられた
2度目のタイムアタックに入るとチャンピオンマシン
グッドスマイル 初音ミク AMG 0号車 は前半ではコースイン
せず片岡龍也選手が1回目のアタックでトップタイムを刻み

SUBARU BRZ R&D SPORT 61号車 井口卓人選手
が久し振りに元気な走りを魅せトップに躍り出る

ARTA BMW M6 GT3 55号車 高木真一選手が
ジワジワとタイムを上げて行き 富士スピードウェイでは連続 
通算13度目のポールポジション獲得ポールポジション最多タイ
記録となった

☞2018スーパーGT第2戦富士500キロ 500クラス予選「濃霧を振り払い300キロオーバーのロングストレート!☆」

☞2018スーパーGT第2戦富士500キロ「超高速富士バトル嵐なんか吹き飛ばせ!今年最長2回のピット作業は生中継でチェック☆」【放送日程】

2018SUPER GTスケジュール「観客動員数日本一F1チャンピオン参戦全8戦で開催!☆」

2018 SUPER GT 第2戦 FUJI GT500KM RACE
GT300 予選結果


1 55 ARTA BMW M6 GT3
     1’36.573
2 61 SUBARU BRZ R&D SPORT
     1’36.656
3 65 LEON CVSTOS AMG
     1’36.780
4  0 グッドスマイル 初音ミク AMG
     1’36.850
5  2 シンティアム・アップル・ロータス
     1’36.864
6 60 SYNTIUM LMcorsa RC F GT3
     1’36.944
7 31 TOYOTA PRIUS apr GT
     1’36.971
8 11 GAINER TANAX GT‐R
     1’37.103
9  7 D’STATION Porsche
     1’37.358
1010 GAINER TANAX triple A GT-R
     1’37.369

☞富士スピードウェイ 公式サイト

☞SUPER GT公式HP

当サイトでは モータースポーツの活性化
自動車社会の向上復活 世界の景気回復wを願っています♡


2018 スーパーGT公式ガイドブック 【2大付録】5月始まりGTカレンダー / 2018全車総覧ポスター (auto sport 臨時増刊)


ギャルズパラダイス 2018 スーパーGTレースクイーン オフィシャルガイドブック (サンエイムック)


AUTO SPORT - オートスポーツ - 2018年 5/11号 No.1480 【特別付録】


F1速報 2018年 5/7号 第3戦 中国GP


RALLY PLUS - ラリープラス - vol.17

posted by ぷらちゃん at 13:22| 千葉 ☁| Comment(0) | スーパーGT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: