2018年10月21日

今夜(10月21日)オリオン座流星群のピーク!「十三夜・栗名月の宵にオリオン座流星群のコラボレーション☆彡」2018年



今夜はオリオン座流星群のピーク!

「十三夜・栗名月の宵にオリオン座流星群のコラボレーション☆彡」

2018年10月21日(日)
オリオン座流星群 極大日
極大予想時刻 22日 2時頃

表題の通り今夜は「十三夜」の満月に近い月齢12の月明かりの
影響を受け条件は良くないのですが
本日の未明4時頃に15分程眺めていたらマイナス等級の
明るいオリオン群の流星を2個も観察出来ました☆
極大は今夜なので期待が膨らみます

お月見の後は流れ星に祈りを捧げましょう☆彡

2006年には1時間に100個の突発的出現を魅せた
流星群です!
平年はピークの時間でも 1時間に20個程度で
都会の灯りが有る所では極端に減りますが上記の通り
明るい流星が多いのが特徴なので月明かりの影響を気にせず
突発的出現に備えても良いのではないでしょうか!?

「十三夜に曇りなし」真に今夜は全国的に晴れの予報です

日中は過ごし易い気温ですが深夜早朝は大きく冷え込みます
防寒対策をして観察しましょう♡

orion.png
https://www.astroarts.co.jp/article/hl/a/10184_ph181022
(アストロアーツ)

https://www.nao.ac.jp/astro/sky/2018/10-topics02.html
NAOJ 国立天文台

※駐車場での観察は大変危険です気を使い無灯火で移動する車が
 有るかも知れません また車で観測地へ移動する場合は
 出来るだけ明るい内に停車して準備する様にお願い致します

CCF20120128_00002.jpg

2001年 しし座流星雨 撮影地 長野

星を点像に撮影するためには赤道儀と言う機材が必要になります
現在のデジタルカメラは優秀なので短い時間でも固定撮影すれば
天の川まで写る可能性が有りますが流れ星は一瞬で方向も
バラバラです 広角に暗い方角に必ず三脚にセットして
カメラが撮影可能な長時間露光を行えば 星像が弧を描く中に
流星が幾つか写るかも知れません♡
暗い夜景を画面の下部に取り入れると感動的な1枚になるかも!?

暗い夜景は昼間は見える山等でOK!(2分程度露光可能なら)
街灯や車のライトが入るのはNG! 最悪カメラが壊れます!!

過去の観測記事

☞2014オリオン座流星群極大日報告(2014.10.22)

☞2013オリオン座流星群結果!?

☞2012オリオン座流星群 速報!

☞ふたご座流星群のピーク!(12月14日)「2015年は絶好の条件☆彡パーフェクトガイド!」

☞しぶんぎ座流星群2014観測結果!【速報】

☞2014双子座流星群観察報告!「推定HR50 明るい個体少ないが例年並みか!?」

昨夜はF1グランプリのアメリカ戦予選でしたが
北米で時差は14時間予選開始は日本時間の6時
土曜日フリー走行と予選の生中継観戦の合間にベランダから
観察しましたw
東側半分以下の眺望ですが1本観れたら良いと思いつつ
偶然か明るいのが2本も観察出来ました
今夜はアメリカGP決勝なのですが突発的出現は観逃したくないな♡


月刊星ナビ 2018年11月号


天文ガイド 2018年11月号

posted by ぷらちゃん at 16:04| 千葉 ☀| Comment(0) | スターウォッチング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: