2018年11月12日

2018F1第20戦ブラジルGP決勝「フェルスタッペン周回遅れオコンに優勝を捥ぎ取られる!?☆」



2018F1第20戦ブラジルGP決勝

F1グランプリ2018シーズン残すところ2戦!
南米に舞台を移しホンダパワーは来季に向けて新スペック導入

インテルラゴス・サーキット
4.309km
コーナー数 15 反時計回り
決勝 71Laps

サンパウロとの時差は−11時間(サマータイム中)

天候 曇り 気温 25.1℃ 路面温度 41.3℃
湿度 69.5% 風速 2.0m/秒 風向 西南西(参考)
気圧 1015.0hpa 
ドライコンディション

2018F1第20戦ブラジルGPに持ち込まれたタイヤは
ミディアムコンパウンド・ソフコンパウンド・スーパーソフトの3種類

予選でのルイス・ハミルトン(メルセデス)の進路妨害は
セルゲイ・シロトキン(ウイリアムズ)もアウトラップで
急激に加速したセルゲイ・シロトキンの方にペナルティが科せられた(?)

セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)の車重計測の件には
戒告と25000ユーロの罰金が科されグリッド降格等のペナルティは無し
予想したよりは寛大な処罰だった

予選Q3進出ドライバーではフェラーリの2台だけがソフコンパウンド
での決勝スタートとなり スタートでは当然の様にスーパーソフトを
履いたマシンの加速が良く 特にマックス・フェルスタッペン
(レッドブル)がジャンプアップしポールポジションスタートの
ルイス・ハミルトン(メルセデス)とのバトルになった

スーパーソフトタイヤの摩耗を最初に苦しんだのはルイス・ハミルトン
(メルセデス)でミディアムコンパウンドに履き替えたが
間を置かずにセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)もタイヤ交換に
入りミディアムコンパウンドに履き替えた
それでは予選Q2でソフコンパウンドを選択した意味が無いのでは?

タイヤマネージメントが正解だったのはマックス・フェルスタッペン
(レッドブル)でスーパーソフトで引っ張りソフコンパウンドに
履き替えルイス・ハミルトン(メルセデス)を追撃しトップに
躍り出た

しかしマックス・フェルスタッペン(レッドブル)に不運が起きる
周回遅れとなったエステバン・オコン(フォースインディア)が
マックス・フェルスタッペンのイン側にフロントを接触させ
マックス・フェルスタッペンはスピンしマシンの側面下部の
空力パーツにも損傷を負ってしまい順位を落とした

それでもマックス・フェルスタッペン(レッドブル)は
ルイス・ハミルトン(メルセデス)を追撃しルイス・ハミルトンは
ミディアムコンパウンドにも苦しみピットではタイヤ交換の準備を
するがステイアウト

順位を落としたバルテリ・ボッタス(メルセデス)は2度目の
ピットインでスーパーソフトに履き替えファーステストを刻む

セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)も結局2度目のピットイン
となり更にスタートタイヤの意味は打ち消された

ワンストップで持ち堪えたキミ・ライコネン(フェラーリ)が
3位表彰台に入ったが

ルイス・ハミルトン(メルセデス)が逃げ切ってポールトゥウィンで
今季10勝目 持ち越されていたメルセデスのコンストラクターズ
タイトルを決定させ5年連続のWタイトル達成となった

マックス・フェルスタッペン(レッドブル)はマシンを降りると
周囲を窺う怪しい仕草を見せていたが 体重計測でエステバン・
オコン(フォースインディア)を見つけると突き飛ばし
怒りを露わにした

マックス・フェルスタッペン(レッドブル)の走りは無謀だったので
好きでは無かったがw
来シーズンはホンダのドライバーとなり最近の走りではセンスの
良さも見えて来たので同情を感じたw

深夜の決勝レースは単調な始まりで予選の激しい展開と比べて
少し退屈を感じていましたがwやっぱりF1はヒューマンドラマ
まで楽しませてくれます♡w

☞2018F1第20戦ブラジルGP予選「降水確率60%ハミルトン進路妨害!ベッテル車検場暴走!?タイトル決定後も波乱続出☆」

☞2018F1第20戦ブラジルGP「南米に舞台を移しホンダパワーは来季に向けて新スペック導入!☆」【放送日程】

☞2018F1GPカレンダー(スケジュール・日程)「年間21戦!F1史上初の3週連続開催!激しく熱いシーズン☆」

☞2018F1GPエントリーリスト「レッドブル・トロロッソ・ホンダ発進!☆」

☞2018F1GP新型マシンラインナップ「フェラーリからトロロッソHONDAまで告知色々推しチームが変わるかも!?w」【動画】

☞2018F1GPレギュレーション変更点「安全装置ハロ装着タイヤコンパウンドは7種類に!☆」

2018F1第20戦ブラジルGP決勝結果

1 ルイス・ハミルトン    メルセデス
  1:27’09.066(71Laps)
2 マックス・フェルスタッペンレッドブル
  +1.469
3 キミ・ライコネン     フェラーリ
  +4.764
4 ダニエル・リカルド    レッドブル
  +5.193
5 バルテリ・ボッタス    メルセデス
  +22.943
6 セバスチャン・ベッテル  フェラーリ
  +26.997
7 シャルル・ルクレール   ザウバー
  +44.199
8 ロマン・グロージャン   ハース
  +51.230
9 ケビン・マグヌッセン   ハース
  +52.857
10セルジオ・ペレス     フォースインディア
  +1Lap



☞Formula1レジスタードマーク The Official

当サイトでは モータースポーツの活性化
自動車社会の向上復活 世界の景気回復wを願っています♡


F1速報 2018年 11/15号 第19戦 メキシコGP


auto sport - オートスポーツ - 2018年 11/16号 No.1493


知られざる キミ・ライコネン


TOYOTA × Le MANS 24h トヨタ ル・マン挑戦の軌跡 【特別付録】両面 ポスター 歴代参戦マシンイラスト& TS050 HYBRID (auto sport 特別編集)


RALLY PLUS vol.19


ギャルズパラダイス 2018 トップレースクィーン編 【付録】ギャルパラ厳選TOP52レースクイーントランプ (サンエイムック)

posted by ぷらちゃん at 08:25| 千葉 ☔| Comment(0) | F1観戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: