2018年10月23日

2018F1第18戦アメリカGP決勝「フェラーリ去るライコネン有終の美☆フェルスタッペン驚異の挽回」



2018F1第18戦アメリカGP決勝

鈴鹿サーキット日本GPから1週空けて北米に渡ったF1グランプリ 
21戦を闘う2018シーズンも残すところ4戦
ドライバーズタイトルがアメリカGPで決まるのか!?

サーキット・オブ・ジ・アメリカズ
5.513km
コーナー数 20 反時計回り
決勝 56Laps

オースティンとの時差は−14時間(サマータイム)

天候 晴れ 気温 20.7℃ 路面温度 29.8℃
湿度 40.2% 風速 3m/秒 風向 北北西(参考)
気圧 1025hpa 
ドライコンディション

2018F1第18戦アメリカGPに持ち込まれたタイヤは
ソフトコンパウンド・スーパーソフト・ウルトラソフトの3種類

金曜日フリー走行で赤旗速度違反のセバスチャン・ベッテル
(フェラーリ)は3グリッド降格の5番グリッドスタート
これによりフロントローとなったキミ・ライコネン(フェラーリ)
はトップ勢で唯一一番柔らかいウルトラソフトでスタートとなる

マックス・フェルスタッペン(レッドブル)は予選Q1で
リアサスペンションを破損しギアボックスも交換した事により
18番グリッドからのスタート

トロロッソ・ホンダの2台は新しいパワーユニット搭載で
最後尾からのスタートとなる

決勝スタートでは予想通りフロントロー2台の激しいバトルが
繰り広げられたウルトラソフトでロケットスタートを魅せる
キミ・ライコネン(フェラーリ)大きく牽制しインからアウトから
激しくアタックするポールポジションのルイス・ハミルトン
(メルセデス)

スーパーソフトでスタートしたセバスチャン・ベッテル
(フェラーリ)はダニエル・リカルド(レッドブル)とホイールを
接触させスピン!あーまたやってしまったw

セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)を抑えて上位争いをして
いたダニエル・リカルド(レッドブル)がマシントラブルで
スローダウン リタイアを喫してしまう

マックス・フェルスタッペン(レッドブル)は後方からの
激しい追い上げを魅せる
セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)も順位を挽回して行く

計算上では2ストップとなるサーキット・オブ・ジ・アメリカズで
トップ勢最初にピットに入ったのはルイス・ハミルトン(メルセデス)
だった新しいソフトタイヤに履き替えたハミルトンは
キミ・ライコネン(フェラーリ)の追撃に入るが
ライコネンの巧みなブロックでオーバーテイクに至らず

キミ・ライコネン(フェラーリ)はルイス・ハミルトン(メルセデス)
の追撃を躱したままピットインしソフトタイヤに交換

終盤ルイス・ハミルトン(メルセデス)の追撃を躱すマックス・
フェルスタッペン(レッドブル)思わずコース外に膨らんでしまう
ルイス・ハミルトン

セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)は執念で4位に這い上がり
アメリカGPでのドライバーズタイトル決定を阻止した

キミ・ライコネン(フェラーリ)が1ストップでトップを守り
5年振りの優勝を飾りフェラーリでの有終の美となった

エステバン・オコン(フォースインディア)とケビン・マグヌッセン
(ハース)の2台が燃料流量規定違反でリザルト除外の失格を受け
トロロッソ・ホンダのブレンドン・ハートレー(トロロッソ)が
9位入賞となった

今シーズンでフェラーリを去る事となったキミ・ライコネン
(フェラーリ)次に優勝するのは非常に困難となるので
優勝する事が出来て嬉しかったですね♡
素晴らしいドライビングも魅せてくれました☆

マックス・フェルスタッペン(レッドブル)も決勝レースを
エキサイティングに盛り上げドライバーズタイトルを
メキシコGPに持ち越させる事にも貢献して感謝です

☞2018F1第18戦アメリカGP予選「Q3激戦ラストアタック!トップ3僅か0.07秒☆ベッテル3グリッド降格」

☞2018F1第18戦アメリカGP「縁石追加でフェルスタッペンのペナルティは消えるか!?」【放送日程】



☞2018F1GPカレンダー(スケジュール・日程)「年間21戦!F1史上初の3週連続開催!激しく熱いシーズン☆」

☞2018F1GPエントリーリスト「レッドブル・トロロッソ・ホンダ発進!☆」

☞2018F1GP新型マシンラインナップ「フェラーリからトロロッソHONDAまで告知色々推しチームが変わるかも!?w」【動画】

☞2018F1GPレギュレーション変更点「安全装置ハロ装着タイヤコンパウンドは7種類に!☆」

2018F1第18戦アメリカGP決勝結果

1 キミ・ライコネン     フェラーリ
  1:34’18.643(56Laps)
2 マックス・フェルスタッペンレッドブル
  +1.281
3 ルイス・ハミルトン    メルセデス
  +2.342
4 セバスチャン・ベッテル  フェラーリ
  +18.222
5 バルテリ・ボッタス    メルセデス
  +24.744
6 ニコ・ヒュルケンベルグ  ルノー
  +1’27.210
7 カルロス・サインツJr  ルノー
  +1’34.994
DQ エステバン・オコン    フォースインディア
  +1’39.288
DQ ケビン・マグヌッセン   ハース
  +1’40.657
8 セルジオ・ペレス     フォースインディア
  +1’41.080
9 ブレンドン・ハートレー  トロロッソ
  +1Lap
10マーカス・エリクソン   ザウバー
  +1Lap

☞Formula1レジスタードマーク The Official

当サイトでは モータースポーツの活性化
自動車社会の向上復活 世界の景気回復wを願っています♡


F1速報 2018年 10/25号 第17戦 日本GP


auto sport - オートスポーツ - 2018年 11/2号 No.1492


知られざる キミ・ライコネン


TOYOTA × Le MANS 24h トヨタ ル・マン挑戦の軌跡 【特別付録】両面 ポスター 歴代参戦マシンイラスト& TS050 HYBRID (auto sport 特別編集)


トヨタ 2018年 前半戦 総括 &STI 設立30周年 特集 (RALLY PLUS - ラリープラス - 特別編集)


ギャルズパラダイス 2018 トップレースクィーン編 【付録】ギャルパラ厳選TOP52レースクイーントランプ (サンエイムック)

posted by ぷらちゃん at 11:39| 千葉 ☁| Comment(0) | F1観戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: