2018年11月17日

WRC(世界ラリー選手権)2018最終戦ラリー・オーストラリア DAY1「トヨタのタナク逆転王座懸け剥き出しマシンで激走!? ☆」【動画】



WRC(世界ラリー選手権)2018第13戦ラリー・オーストラリアDAY1

WRC(世界ラリー選手権)南半球に舞台を移しての
ラリー・オーストラリアで最終戦を迎える

WRC(世界ラリー選手権)2018
第13戦 ラリー・オーストラリア(オーストラリア)

マニファクチャラータイトルを12ポイント差でリードする
トヨタGazooレーシングWRチーム
23ポイント差を大逆転で初のチャンピオンに懸ける
オット・タナク(トヨタ)
トヨタはWRC(世界ラリー選手権)復帰2年目に
Wタイトルを懸けオーストラリアの大地を駆け抜ける!


WRC - Rally Australia 2018: TEASER

総走行距離:1017.07km
総ステージ走行距離:318.64km
SS数:24

WRC(世界ラリー選手権)第13戦ラリー・オーストラリア
シェイクダウン・DAY1


WRC - Rally Australia 2018: Shakedown Highlights


WRC - Rally Australia 2018: Shakedown ONBOARD Tänak


WRC - Rally Australia 2018: Highlights Stages 1-3


WRC - Rally Australia 2018: CRASH Mikkelsen in SS3


WRC - Rally Australia 2018: Highlights Stages 4-8

金曜日雨が降ればスタート順の不利は解消されるが
夜に降った雨は僅かで先頭スタートは土埃の掃除役と
なりセバスチャン・オジェ(Mスポーツ・フォード)
ティエリー・ヌービル(ヒュンダイ)は苦戦を強いられる

トヨタの3台はオープニングステージを1〜3位独占の
好発進を切ったが
スタート順からマッズ・オストベルグ(シトロエン)が
首位に躍り出るとSS1でカンガルーに激突した
クレイグ・ブリーン(シトロエン)も次々にステージ
トップタイムを叩き出し順位を上げる

オット・タナク(トヨタ)が逆転でチャンピオン獲得には
優勝は逃せないがタイトル争いの間にシトロエンのマシンが
入るとマニファクチャラータイトルも楽になり
Wタイトルの可能性が上がるので上記2台には頑張って
貰いたいところです

SS3ではヒュンダイの一角アンドレアス・ミケルセン
(ヒュンダイ)が埋込動画のクラッシュ!
横転して何事も無い様に走り出したがデイリタイアとなり
ティエリー・ヌービル(ヒュンダイ)も激しくマシンを
跳ね上げて横転の危機を逃れています

しかしトヨタにも波乱が待ち受けます
SS3でオット・タナク(トヨタ)が激しく土手に乗り
上げるとタイヤをバーストさせながらのフィニッシュとなり
SS4ではリアフェンダーを吹き飛ばしながらトップタイム
SS5ではウォータースプラッシュでフロントフェンダーが
吹き飛びトヨタヤリス(日本名ヴィッツ)は剥き出しの
丸裸で激走を続ける

2位を走行していたエサペッカ・ラッピ(トヨタ)は
ウォータースプラッシュ通過後にミスファイヤを起こし
9位まで順位を落とした

ヤリマティ・ラトバラ(トヨタ)は金曜日最終の
スーパースペシャルステージ360度ターンでミス
3位に順位を落とした

SS6ティエリー・ヌービル(ヒュンダイ)は
ここでもマシンを跳ね上げ左リアタイヤをバースト
シケインを曲がれず大きなタイムロスとなってしまう

セバスチャン・オジェ(Mスポーツ・フォード)は
当然の様にチームオーダーで7位まで順位を戻した

アンドレアス・ミケルセン(ヒュンダイ)のクラッシュ
リタイアはコース内を走行していたトラクターに
激突は免れたが集中力を失いペースノートを聞き取れなく
なった為と語っている

最終戦ラリー・オーストラリアは波乱の幕開けで
シトロエンのワンツーと奇想天外なリザルトとなっているが
トヨタのマニファクチャラータイトル獲得には
有利な展開と言えそうである☆

時差が日本より1時間早い為明日の昼過ぎには
トヨタのマニファクチャラータイトルのニュースが
流れそうである ニュース速報のテロップが流れる事を
期待するが当サイトの読者には感動の瞬間を
最終ステージの生中継で観戦応援して頂きたい♡

☞WRC(世界ラリー選手権)2018最終戦ラリー・オーストラリア「復帰参戦2年目トヨタがWタイトル獲得に向け赤土の大地を駆け抜ける☆」【放送日程】

WRC2018 第13戦ラリー・オーストラリア DAY1
SS8後 総合順位

1 マッズ・オストベルグ  (シトロエン)
  53’37.4
2 クレイグ・ブリーン   (シトロエン)
  +6.8
3 ヤリマティ・ラトバラ  (トヨタ)
  +8.7
4 ヘイデン・パッドン   (ヒュンダイ)
  +12.5
5 オット・タナク     (トヨタ)
  +16.9
6 エサペッカ・ラッピ   (トヨタ)
  +28.3
7 セバスチャン・オジェ  (Mスポーツ・フォード)
  +38.2
8 エルフィン・エバンス  (Mスポーツ・フォード)
  +45.2
9 テーム・スニネン    (Mスポーツ・フォード)
  +47.2
10ティエリー・ヌービル  (ヒュンダイ)
  +1’11.9

☞TOYOTA GAZOO Racing 公式サイト

☞ラリーRACC 公式サイト

☞WRC 公式サイト

☞トヨタGazooレーシングWRC(世界ラリー選手権)参戦2年目に「オット・タナク」起用!☆

☞東京オートサロン2018「WRC(世界ラリー選手権)ブースはWRC日本開催誘致一色だった!☆」

☞2018年WRCカレンダー(世界ラリー選手権・スケジュール)「トヨタWRC復帰参戦2年目タイトルに向けて走り出す!☆」

当サイトでは モータースポーツの活性化
自動車社会の向上復活 世界の景気回復wを願っています♡


RALLY PLUS vol.19


RALLY CARS Vol.21 (SAN-EI MOOK)


auto sport - オートスポーツ - 2018年 11/30号 No.1494


F1速報 2018年 11/29号 第20戦 ブラジルGP


ギャルズパラダイス 2018 トップレースクィーン編 【付録】ギャルパラ厳選TOP52レースクイーントランプ (サンエイムック)

posted by ぷらちゃん at 16:24| 千葉 ☁| Comment(0) | WRC観戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: