2018年09月17日

WRC(世界ラリー選手権)2018第10戦ラリー・ターキー(トルコ) DAY4「祝!トヨタ・タナク3連勝☆壮絶波乱大逆転ワンツー達成」【動画】



WRC(世界ラリー選手権)2018第10戦ラリー・ターキー(トルコ) DAY4

トヨタGazooレーシングWRチーム オット・タナク(トヨタ)
がフィンランド・ドイツに続いてトルコで3連勝を達成!

WRC 世界ラリー選手権 2018
第10戦 ラリー・ターキー(トルコ)

総走行距離:875.34km
総ステージ走行距離:312.44km
SS数:17

☞WRC(世界ラリー選手権)2018第10戦ラリー・ターキー(トルコ) DAY3「 鳥肌立つ大波乱!?首位ヌービル激戦オジェ追従ミケルセン次々襲う悲劇!トヨタワンツー☆」【動画】

☞WRC(世界ラリー選手権)2018第10戦ラリー・ターキー(トルコ) DAY1・2「 悪路に苦戦のトヨタ逆転3連勝に向けて3台が激走中!☆」【動画】

WRC(世界ラリー選手権)2018第10戦ラリー・ターキー(トルコ)
DAY4

金曜日にトップ争いをしていたティエリー・ヌービル(ヒュンダイ)
とセバスチャン・オジェ(Mスポーツ・フォード)が
ラリー・ターキー(トルコ) の荒れた路面で足回りを破壊し戦線離脱
その後に続いていたアンドレアス・ミケルセン(ヒュンダイ)も
マシントラブルを発生させ後退し
土曜日トップに躍り出たのはオット・タナク(トヨタ)でした
続いてヤリマティ・ラトバラ(トヨタ)
最終日をトヨタGazooレーシングWRチームはワンツーで迎えました


WRC - Rally Turkey 2018: Highlights SS14

3位には1分以上のリードを築いているトヨタの2台には
当然の様にチームオーダーが出されます
3連勝にワンツー更にはタイトルが懸かっています

エルフィン・エヴァンス(Mスポーツ・フォード)が5分早着の
ペナルティを受け後退した事によりセバスチャン・オジェ
(Mスポーツ・フォード)を10位に滑り込ませて1ポイント獲得w
モータースポーツはドライバーだけで戦っている訳では無く
チーム或いはメーカーやスポンサーまで係わっているので
チームオーダーは必要に応じて発生すると賛成だが
1ポイントは大きいがちょっと露骨でセコい感じも否めない

ティエリー・ヌービル(ヒュンダイ)はデイリタイアで復活し
最終日のステージでは完全にタイヤを温存しボーナスポイントが
加算される最終SSパワーステージを全開でアタックし
トップタイムを叩き出して5ポイントを獲得した

セバスチャン・オジェ(Mスポーツ・フォード)もパワーステージ
2位で4ポイント追加

パワーステージではオット・タナク(トヨタ)はフルアタックで
無かったが3番手タイムで3ポイント追加
ヤリマティ・ラトバラ(トヨタ)はオット・タナクを逆転しない
タイムでフィニッシュし4番手タイム(上手過ぎるw)

オット・タナク(トヨタ)がWRC(世界ラリー選手権)
3戦連続優勝しシーズン4勝目
ドライバーズタイトルでセバスチャン・オジェ(Mスポーツ・フォード)
を逆転し2位に浮上!
ティエリー・ヌービル(ヒュンダイ)に13ポイント差となり
手が届く所まで来た

ヤリマティ・ラトバラ(トヨタ)が総合2位でフィニッシュし
トヨタGazooレーシングWRチームはマニファクチャラータイトル
でヒュンダイを逆転し首位に躍り出た☆


Rally Turkey 2018 - Highlights of DAY 4/TOYOTA GAZOO Racing

ラリー・ターキー(トルコ) の荒れた路面でトヨタGazooレーシング
WRチームのヤリス(日本名ヴィッツ)もトラブルが無かった訳では
無いがマシンの信頼性は格段にアップした
WRC(世界ラリー選手権)2018残り3戦
WRC復帰2年目にしてWタイトル獲得に向けて激走する☆

皆様 熱い応援を贈って下さい♡

☞WRC(世界ラリー選手権)2018第10戦ラリー・ターキー(トルコ) 「8年振り開催ゴロタ石瓦礫悪路未知の世界トヨタ3連勝挑戦!☆」【放送日程】

WRC2018 第10戦ラリー・ターキー(トルコ)  DAY4
SS17後 総合順位

1 オット・タナク     (トヨタ)
  3:59’24.5
2 ヤリマティ・ラトバラ  (トヨタ)
  +22.3
3 ヘイデン・パッドン   (ヒュンダイ)
  +1’46.3
4 テーム・スニネン    (Mスポーツ・フォード)
  +4’10.9
5 アンドレアス・ミケルセン(ヒュンダイ)
  +7’11.7
6 ヘニング・ソルベルグ  (シュコダ/プライベート)
  +13’40.6
7 ヤン・コペッキー    (シュコダ/WRC2)
  +18’25.2
8 シモーヌ・テンペスティーニ(シトロエン/WRC2)
  +19’37.1
9 クリス・イングラム   (シュコダ/WRC2)
  +20’21.3
10セバスチャン・オジェ  (Mスポーツ・フォード)
  +20’51.2

☞TOYOTA GAZOO Racing 公式サイト

☞ラリー・ターキー 公式サイト

☞WRC 公式サイト

☞トヨタGazooレーシングWRC(世界ラリー選手権)参戦2年目に「オット・タナク」起用!☆

☞東京オートサロン2018「WRC(世界ラリー選手権)ブースはWRC日本開催誘致一色だった!☆」

☞2018年WRCカレンダー(世界ラリー選手権・スケジュール)「トヨタWRC復帰参戦2年目タイトルに向けて走り出す!☆」

当サイトでは モータースポーツの活性化
自動車社会の向上復活 世界の景気回復wを願っています♡


トヨタ 2018年 前半戦 総括 &STI 設立30周年 特集 (RALLY PLUS - ラリープラス - 特別編集)


RALLY CARS Vol.21 (SAN-EI MOOK)


auto sport - オートスポーツ - 2018年 9/21号 No.1489


F1速報 2018年 9/20号 第14戦 イタリアGP


ギャルズパラダイス 2018 レースクイーンデビュー編 【特別付録】レースクイーン 厳選トップ30人のシール付! (サンエイムック)

posted by ぷらちゃん at 11:04| 千葉 ☀| Comment(0) | WRC観戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: