2018年10月15日

富士6時間耐久レース(WEC世界耐久選手権18/19第4戦)「凱旋富士トヨタワンツー!優勝は小林可夢偉7号車☆」





WEC世界耐久選手権18/19第4戦富士6時間耐久レース

トヨタGAZOOレーシング「ル・マン24時間」初制覇!
凱旋で迎えた富士スピードウェイ6時間耐久レースは
小雨が降るウェットコンディションで始まった

富士スピードウェイ・レーシングコース
全長 4.563km ストレート1.475km
コーナー数 16 
コース幅 15〜25m 標高 545〜585m

決勝日:天候 小雨 気温 15.5℃ 路面温度 19.7℃
湿度 94% 風速 1.2m/秒 風向 東北東(参考)
気圧 922.7hpa
セミウェットコンディション



ウェットコンディションからドライコンディションに移り行く中
6時間の間にタイヤが外れたりバーストしたりクラッシュも多発
セーフティーカーも導入され激しい展開となる中

トヨタTS050ハイブリッドの2台のバトルは最終ラップまで続き
小林可夢偉組の7号車が予選ではポールポジションタイムを剥奪され
クラス最後尾スタートからの優勝で

トヨタGAZOOレーシング トヨタTS050ハイブリッドが
ワンツーフィニッシュで凱旋レースを飾りました☆



☞TOYOTA GAZOO Racing公式サイト

☞WEC世界耐久選手権18/19第4戦 富士耐久6時間レース「ル・マン24時間初制覇!トヨタ凱旋富士耐久6時間☆」【放送日程】

WEC18/19 第4戦 富士耐久6時間レース 決勝結果
  
1  7 トヨタTS050ハイブリッド
     230Laps
 M・コンウェイ/小林可夢偉/JM・ロペス

2  8 トヨタTS050ハイブリッド
     +11.440
 S・ブエミ/中嶋一貴/F・アロンソ

3  1 レベリオンR13・ギブソン
     +4Laps
 A・ロッテラー/N・ジャニ/B・セナ

☞FIA 世界耐久選手権 富士6時間耐久レース WEBサイト

☞ル・マン24時間(WEC世界耐久選手権2018/2019第2戦)「トヨタ悲願の初優勝!参戦20回目に掴んだ栄冠☆」

☞ル・マン24時間(WEC世界耐久選手権2017第3戦)総集編「アクシデント続出大波乱トヨタ試練24時間」

当サイトでは モータースポーツの活性化
自動車社会の向上復活 世界の景気回復wを願っています♡


TOYOTA × Le MANS 24h トヨタ ル・マン挑戦の軌跡 【特別付録】両面 ポスター 歴代参戦マシンイラスト& TS050 HYBRID (auto sport 特別編集)


auto sport - オートスポーツ - 2018年 10/19号 No.1491


F1速報 2018年 10/25号 第17戦 日本GP


知られざる キミ・ライコネン


トヨタ 2018年 前半戦 総括 &STI 設立30周年 特集 (RALLY PLUS - ラリープラス - 特別編集)


ギャルズパラダイス 2018 トップレースクィーン編 【付録】ギャルパラ厳選TOP52レースクイーントランプ (サンエイムック)

posted by ぷらちゃん at 18:56| 千葉 ☁| Comment(0) | モータースポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: