2020年09月14日

2020F1第9戦トスカーナGP決勝「2度の赤旗中断大波乱サバイバルの中レッドブル・ホンダのアルボン初表彰台!☆」



2020F1第9戦トスカーナGP決勝

「2度の赤旗中断大波乱サバイバルの中レッドブル・ホンダのアルボン初表彰台!☆」

2020新型コロナウイルス感染拡大の影響で全面的に変更
されたカレンダーはフェラーリF1参戦1000レースを
フェラーリ所有のムジェロ・サーキットで初開催トスカーナGP
で迎える☆

ムジェロ・サーキット
5.245km
コーナー数 15 時計回り
決勝 59Laps

イタリアとの時差は−7時間(サマータイム)

決勝のスタートは現地時間15時10分
(日本時間22時10分)となります

天候 晴れ 気温 30.2℃ 路面温度 45.0℃
湿度 39.1% 風速 3.0m/秒 風向 東北東(参考)
気圧 1023.5hpa
ドライコンディション

☞2020F1第9戦トスカーナGP予選「本拠地ムジェロをフェラーリ1000GPでルクレールがティフォシに魅せる☆」

フェラーリF1参戦1000レース記念となる初開催トスカーナ
『Formula 1 Pirelli Gran Premio Della Toscana Ferrari 1000 2020』
フェラーリのマシンは初参戦時のバーガンディカラーに塗装され
今季初めての観客動員で決勝日を迎えた☆

フロントローにメルセデスが並ぶ何時もの決勝スタート情景は
シグナルがブラックアウトすると一変した!?

やや斜めにマシンをセカンドグリッドにセットしたバルテリ・
ボッタス(メルセデス)が好スタートでトップを奪い
マックス・フェルスタッペン(レッドブル)も蹴り出しが速く
トップを奪う勢いだったがパワーを失い後退

後方ではロマン・グロージャン(ハース)ピエール・ガスリー
(アルファタウリ)キミ・ライコネン(アルファロメオ)が
スリーワイドで接触しスローダウンしたマックス・フェルス
タッペン(レッドブル)に追突する多重大クラッシュ!

カルロス・サインツjr(マクラーレン)にランス・ストロール
(レーシングポイント)が接触しスピン!
セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)が巻き込まれている

前戦イタリアGPで初優勝のピエール・ガスリー(アルファ
タウリ)はリタイアを喫し
マックス・フェルスタッペン(レッドブル)はマシントラブル
も有り修復をせずリタイアを選択した

セーフティーカー導入となりセバスチャン・ベッテル
(フェラーリ)はフロントノーズとタイヤ交換
他のマシンも応急処置でピットインしコースに復帰する

6ラップをセーフティーカーが先導し再スタートが切られるが
ニコラス・ラティフィ(ウイリアムズ)がコントロールライン
の遥か手前でウェービングするケビン・マグヌッセン(ハース)
を追い越して左に振ると
加速して来たアントニオ・ジョビナッツィ(アルファロメオ)
が激突!後続のカルロス・サインツjr(マクラーレン)も
追突してしまう多重大クラッシュが続けて起きてしまう

セーフティーカー導入でピットレーンを通過する指示から
2戦連続の赤旗中断に変わった

エステバン・オコン(ルノー)はブレーキトラブルで出火を
指摘されていて このタイミングで修復を試みたが
出走を停止されリタイアとなった

再スタートでグリッドに並んだマシンは13大だけだった
メルセデスの1列目が入れ替わってのスタートで
ルイス・ハミルトン(メルセデス)がトップを奪い返し
シャルル・ルクレール(フェラーリ)が3番手に上がり
記念GPでフェラーリの表彰台が見えて来た

ホンダパワーで生き残っているアレクサンダー・アルボン
(レッドブル)は4番手から7番手まで後退してしまった

シャルル・ルクレール(フェラーリ)のペースが落ちピットイン
でハードタイヤに履き替え最後尾から追い上げに懸ける

タイヤ交換が一巡した後半44ラップ目4番手走行の
ランス・ストロール(レーシングポイント)が左リアを破損し
単独スピンでコースオフ!壁に激突しマシンは大破
ドライバーは無事である

セーフティーカーが導入されたが2度目の赤旗中断となった

キミ・ライコネン(アルファロメオ)はピットレーンを横切って
ピットインした為に5秒のペナルティが科された

ピットレーンでのタイヤ交換と応急修理が可能となり
残りラップ数から中古のソフトタイヤに各マシン履き替えている

再びグリッドからの3度目のスタンディングスタートは
2列目にダニエル・リカルド(ルノー)と巻き返した
アレクサンダー・アルボン(レッドブル)が並ぶ

再スタートでダニエル・リカルド(ルノー)が2番手を奪い
アレクサンダー・アルボン(レッドブル)は一瞬順位を落とすが
4番手を取り戻す

バルテリ・ボッタス(メルセデス)が2番手を取り戻すと
残りの10ラップはダニエル・リカルド(ルノー)と
アレクサンダー・アルボン(レッドブル)の3位表彰台争いとなった

51ラップ目アレクサンダー・アルボン(レッドブル)が1秒以内
に迫りDRS圏内に入るとリアウイングが開き一撃で
ダニエル・リカルド(ルノー)をオーバーテイク!

2度の赤旗中断する大波乱の初開催ムジェロ・サーキット
トスカーナGPは2時間を超えて59ラップを走り切り
ルイス・ハミルトン(メルセデス)がポールトゥウィン

アレクサンダー・アルボン(レッドブル)が3位初の表彰台を
獲得した!☆

ホンダパワーはダニール・クビアト(アルファタウリ)も7位入賞
ポイント獲得

フェラーリF1参戦1000レース記念GPはフェラーリ表彰台
とはならなかったがサバイバルレースを2台が完走し入賞で終えた

3週連続開催が続き生中継観戦だけでもハードですが
2戦連続赤旗中断に2度の赤旗中断とは重過ぎます
大クラッシュ続出でドライバーの大怪我が無くて良かったです
カルロス・サインツjr(マクラーレン)が手首を痛そうにしていた
のが少し心配です♡

☞2020F1第9戦トスカーナGP「フェラーリF1参戦1000レース記念は初開催ムジェロ・サーキット!☆」【放送日程】

☞2020F1GPカレンダー(スケジュール・日程)「F1史上最多22戦ベトナムGPとオランダGPを加えHONDAパワーを未知の世界に誘う」

☞2020F1GP全10チーム名鑑「ドライバーのラインナップに大きな変更無しもタイトルスポンサー変更でカラーリング変更多し!?」

2020F1第9戦トスカーナGP決勝結果

1 ルイス・ハミルトン    メルセデス  
  2:19’35.060(59Laps)
2 バルテリ・ボッタス    メルセデス
  +4.880
3 アレクサンダー・アルボン レッドブル
  +8.064
4 ダニエル・リカルド    ルノー
  +10.417
5 セルジオ・ペレス     レーシングポイント
  +15.650
6 ランド・ノリス      マクラーレン
  +18.883
7 ダニール・クビアト    アルファタウリ
  +21.756
8 シャルル・ルクレール   フェラーリ
  +28.345
9 キミ・ライコネン     アルファロメオ
  +29.770
10セバスチャン・ベッテル  フェラーリ
  +29.983

☞Formula1レジスタードマーク The Official

当サイトでは モータースポーツの活性化
自動車社会の向上復活 世界の景気回復wを願っています♡


F1速報 2020年 9/17号 第8戦 イタリア GP


F1速報 創刊 30周年 記念 編集号 『 F1速報 』の30年 (F1速報 特別編集)


auto sport - オートスポーツ - 2020年 9/18号 No.1536


2020 F1全チーム&マシン完全ガイド (auto sport 特別編集)


RALLY PLUS - ラリープラス - vol.25 2020 シーズン序盤戦 【付録】 ヤリス カタログ


ギャルズパラダイス 2020 レースクイーンデビュー編 (サンエイムック)

posted by ぷらちゃん at 17:16| 千葉 ☔| Comment(0) | F1観戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする