2020年09月07日

2020F1第8戦イタリアGP決勝「感慨無量♡アルファタウリが初 ピエール・ガスリーF1初優勝!☆」



2020F1第8戦イタリアGP決勝

「感慨無量♡アルファタウリが初 ピエール・ガスリーF1初優勝!☆」

大波乱のイタリアグランプリを征したのは日本のスーパーフォーミュラ
を走ったピエール・ガスリー(アルファタウリ)F1初優勝!☆

モンツァ・サーキット
5.793km
コーナー数 11 時計回り
決勝 53Laps

イタリアとの時差は−7時間(サマータイム)

決勝のスタートは現地時間15時10分
(日本時間22時10分)となります

天候 晴れ 気温 20.5℃ 路面温度 33.2℃
湿度 53.9% 風速 1.7m/秒 風向 東南東(参考)
気圧 1000.2hpa
ドライコンディション

☞2020F1第8戦イタリアGP予選「予選モード廃止!来季フェラーリのサインツ3位割り込みレッドブル2列目失う☆」

このイタリアGPを最後にウイリアムズチームを率いた
ウィリアムズ家が運営を退きます
フランク・ウイリアムズ卿に敬意を捧げます
ウイリアムズチームは継続される様です

不調だったフェラーリに追い打ちを掛けるかの様に
セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)がブレーキトラブルで
オーバーシュートでバリアを突き破って行き
シャルル・ルクレール(フェラーリ)はバランスを崩し
タイヤバリアに突っ込む大クラッシュ!
シャルル・ルクレールは自力でマシンを降りて怪我は無い様だが
セーフティーカー導入からの赤旗中断となった

決勝スタートはバルテリ・ボッタス(メルセデス)の出遅れから
始まった
カルロス・サインツjr(マクラーレン)が2番手に上がり
マックス・フェルスタッペン(レッドブル)も8番手に順位を
落とした

レッドブル・ホンダはマックス・フェルスタッペン(レッドブル)
がパワーユニットに問題を抱えレース半ばでマシンをガレージに収め
アレクサンダー・アルボン(レッドブル)には5秒ペナルティが
科され下位に沈んでいた

赤旗中断の前に大波乱の原因となったペナルティが有った
ケビン・マグヌッセン(ハース)がマシントラブルでピットレーン
手前コースサイドにストップし黄旗からバーチャルセーフティーカー
セーフティーカー導入となった
トップのルイス・ハミルトン(メルセデス)とアントニオ・ジョビ
ナッツィ(アルファロメオ)の2台しかピットインしなかった

ピットレーンがクローズされていたのだ!?
2台のマシンには10秒のストップアンドゴーペナルティが科された
ルイス・ハミルトン(メルセデス)は赤旗中断中にキックボードで
パドック内を走り回りピットレーンクローズのサイン確認や
レーススチュアートに抗議を続けた

赤旗中断後のスタートはスタンディングスタートとなり
ルイス・ハミルトン(メルセデス)は1ラップでペナルティを
消化する為ピットインした事によりラップリーダーとなったのは
ピエール・ガスリー(アルファタウリ)

再スタート6番グリッドから好調のカルロス・サインツjr
(マクラーレン)が次々にオーバーテイクし2番手に浮上
ピエール・ガスリー(アルファタウリ)に迫って来る!

ファイナルラップにDRS圏内1秒未満の差に接近し
カルロス・サインツjr(マクラーレン)のリアウイングが開く!

カルロス・サインツjr(マクラーレン)には優勝のチャンスは
巡って来る!?不調のフェラーリ移籍だと訪れないのか!?
ピエール・ガスリー(アルファタウリ)は二度と無いチャンス!?
手に汗握るファイナルラップ!!

ピエール・ガスリー(アルファタウリ)逃げ切ってチェッカー!!
日本のスーパーフォーミュラを走ったピエール・ガスリーが
トロロッソに移籍となりアルファタウリ・ホンダとなったシーズン
これ程早くF1初優勝が訪れるとは想っていませんでした

カルロス・サインツjr(マクラーレン)が初優勝しても
ラリーファンとしては喜ぶべきですが
この対決ではピエール・ガスリー(アルファタウリ)の優勝が
これ程嬉しく感慨無量です♡

ルイス・ハミルトン(メルセデス)は最後尾からポイント圏内
7位まで挽回はして来ましたがメルセデスが表彰台には居ません

109人目のF1優勝ドライバーの誕生!☆
アルファタウリ・ホンダ(旧トロロッソ・ホンダ)のF1参戦
50戦目の記念グランプリ
フランス人としては24年振り優勝
日本のモータースポーツファンにとってもこの上ない喜びでしょう♡

☞2020F1第8戦イタリアGP「フェラーリ不調の中イタリア2連戦へ☆ティフォシの居ないモンツァで復調は!?」【放送日程】

☞2020F1GPカレンダー(スケジュール・日程)「F1史上最多22戦ベトナムGPとオランダGPを加えHONDAパワーを未知の世界に誘う」

☞2020F1GP全10チーム名鑑「ドライバーのラインナップに大きな変更無しもタイトルスポンサー変更でカラーリング変更多し!?」

2020F1第8戦イタリアGP決勝結果

1 ピエール・ガスリー    アルファタウリ
  1:47’06.056(53Laps)
2 カルロス・サインツjr  マクラーレン
  +0.415
3 ランス・ストロール    レーシングポイント
  +3.358
4 ランド・ノリス      マクラーレン
  +6.000
5 バルテリ・ボッタス    メルセデス
  +7.108
6 ダニエル・リカルド    ルノー
  +8.391
7 ルイス・ハミルトン    メルセデス
  +17.245
8 エステバン・オコン    ルノー
  +18.691
9 ダニール・クビアト    アルファタウリ
  +22.208
10セルジオ・ペレス     レーシングポイント
  +23.224

☞Formula1レジスタードマーク The Official

当サイトでは モータースポーツの活性化
自動車社会の向上復活 世界の景気回復wを願っています♡


F1速報 2020年 9/17号 第8戦 イタリア GP


F1速報 創刊 30周年 記念 編集号 『 F1速報 』の30年 (F1速報 特別編集)


auto sport - オートスポーツ - 2020年 9/18号 No.1536


2020 F1全チーム&マシン完全ガイド (auto sport 特別編集)


RALLY PLUS - ラリープラス - vol.25 2020 シーズン序盤戦 【付録】 ヤリス カタログ


ギャルズパラダイス 2020 レースクイーンデビュー編 (サンエイムック)

posted by ぷらちゃん at 12:43| 千葉 ☁| Comment(0) | F1観戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする