2020年08月11日

2020F1第5戦70周年記念GP決勝「水分補給している?フェルスタッペン今季初優勝!ホンダ31年振りシルバーストン勝利☆」



2020F1第5戦70周年記念GP決勝

「水分補給している?フェルスタッペン今季初優勝!ホンダ31年振りシルバーストン勝利☆」

2020F1第5戦70周年記念GPシルバーストン

開幕から3週連続開催1週空けて再度3週連続開催の過密
スケジュールはシルバーストンの2週連続開催へ
超高速サーキット2連戦も違うドラマが待ち受ける

シルバーストン・サーキット
5.891km
コーナー数 18 時計回り
決勝 52Laps

イギリスとの時差は−8時間(サマータイム)

決勝のスタートは現地時間14時10分
(日本時間22時10分)となります

天候 晴れ 気温 24.5℃ 路面温度 43.3℃
湿度 61.0% 風速 4.7m/秒 風向 東北東(参考)
気圧 1008.9hpa
ドライコンディション

☞2020F1第5戦70周年記念GP予選「コロナ代理2戦目ニコ・ヒュルケンベルグが予選3位捥ぎ取る!☆」

先週のイギリスGPシルバーストンと同一サーキット2週連続
開催となるがタイヤコンパウンドが1段階柔らかくなる
トップ10では唯一マックス・フェルスタッペン(レッドブル)
だけがハードタイヤ装着でスタートとなっています

スタート直後11番グリッドスタートのセバスチャン・ベッテル
(フェラーリ)が縁石を乗り越えハーフスピン!後続が接触を
避けた為最後尾からレース復帰となる

7周目密集を避けアレクサンダー・アルボン(レッドブル)が
早くもピットインしミディアムからハードタイヤに交換

メルセデスの2台は今回もタイヤにブリスターが発生しグリップ
が厳しくなって来ている
14周目にバルテリ・ボッタス(メルセデス)翌周に
ルイス・ハミルトン(メルセデス)がピットインしハードタイヤ
に交換

マックス・フェルスタッペン(レッドブル)はラップタイムを
更新しながらリードを広げ26周まで引っ張りピットイン
ミディアムタイヤ装着でバルテリ・ボッタス(メルセデス)の
直後にコースインするがフレッシュなミディアムタイヤで
アウトラップにオーバーテイクするとトップを奪い返す

33周目メルセデスとレッドブルのピットが動く
マックス・フェルスタッペン(レッドブル)とバルテリ・
ボッタス(メルセデス)が同時にピットイン
ハードタイヤを装着し順位は入れ替わらず

コース上でトップとなったルイス・ハミルトン(メルセデス)
には激しいタイヤ摩耗がありハミルトン本人もバーストを心配
しているがステイアウトを続ける

セーフティーカーが導入される事も無く42周目まで我慢して
いたルイス・ハミルトン(メルセデス)がピットイン
トップは再びバルテリ・ボッタス(メルセデス)となる

ルイス・ハミルトン(メルセデス)4番手のポールポジション
からハードタイヤでファーステストラップを刻み
3番手シャルル・ルクレール(フェラーリ)に迫るとオーバー
テイク

残り3周ルイス・ハミルトン(メルセデス)はバルテリ・
ボッタス(メルセデス)のDRS圏内に入りオーバーテイク

ファイナルラップに入るマックス・フェルスタッペン
(レッドブル)はルイス・ハミルトン(メルセデス)に9秒以上
のリードを残し
チームラジオで「みんな水分補給している!?」の余裕を魅せ
トップチェッカーを受ける

マックス・フェルスタッペン(レッドブル)シーズン初優勝!
レッドブルのシルバーストン優勝は2012年以来
ホンダパワーとしては31年振りとなる70周年記念グランプリ
となりました☆

新型コロナウイルス陽性反応で欠場のセルジオ・ペレス
(レーシングポイント)の代役で出場のニコ・ヒュルケンベルグ
(レーシングポイント)は3番グリッドから終盤ソフトタイヤを
装着して完走7位入賞の健闘となった

ホンダパワーも4台全マシンが完走し3台が入賞する結果を残し
フェラーリもシャルル・ルクレール(フェラーリ)が4位
ピレリタイヤが空気圧の設定を高くし苦戦するメルセデスが居て
次戦以降も展開が楽しみなF1グランプリが望めそうです♡

☞2020F1第5戦70周年記念GP「超高速シルバーストン2週連続でもタイヤがソフトに戦略頭脳戦!?」【放送日程】

☞2020F1GPカレンダー(スケジュール・日程)「F1史上最多22戦ベトナムGPとオランダGPを加えHONDAパワーを未知の世界に誘う」

☞2020F1GP全10チーム名鑑「ドライバーのラインナップに大きな変更無しもタイトルスポンサー変更でカラーリング変更多し!?」

2020F1第5戦70周年記念GP決勝結果

1 マックス・フェルスタッペンレッドブル
  1:19’41.993(52Laps)
2 ルイス・ハミルトン    メルセデス
  +11.326
3 バルテリ・ボッタス    メルセデス
  +19.231
4 シャルル・ルクレール   フェラーリ
  +29.289
5 アレクサンダー・アルボン レッドブル
  +39.146
6 ランス・ストロール    レーシングポイント
  +42.538
7 ニコ・ヒュルケンベルグ  レーシングポイント
  +55.951
8 エステバン・オコン    ルノー
  +1’04.773
9 ランド・ノリス      マクラーレン
  +1’05.554
10ダニール・クビアト    アルファタウリ
  +1’09.669

☞Formula1レジスタードマーク The Official

当サイトでは モータースポーツの活性化
自動車社会の向上復活 世界の景気回復wを願っています♡


F1速報 2020年 8/20号 第4戦 イギリス GP


F1速報 創刊 30周年 記念 編集号 『 F1速報 』の30年 (F1速報 特別編集)


auto sport - オートスポーツ - 2020年 8/7号 ・ 8/21号 合併号 No.1534


2020 F1全チーム&マシン完全ガイド (auto sport 特別編集)


RALLY PLUS - ラリープラス - vol.25 2020 シーズン序盤戦 【付録】 ヤリス カタログ


ギャルズパラダイス 2020 レースクイーンデビュー編 (サンエイムック)

posted by ぷらちゃん at 15:54| 千葉 ☁| Comment(0) | F1観戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする