2019年11月19日

2019スーパーGT最終戦 ツインリンクもてぎ総集編「最終戦に持ち越された壮絶バトルと優勝目前の悲劇!☆」【動画】



2019 SUPER GT 第8戦 ツインリンクもてぎ 総集編

「最終戦に持ち越された壮絶バトルと優勝目前の悲劇!☆」

2019 AUTOBACS SUPER GT Round 8
MOTEGI GT 250KM RACE
GRAND FINAL
2019.11.2 sat- 3 sun
TWIN RING MOTEGI

gt08motegi.jpg

☞SUPER GT公式HP

☞ツインリンクもてぎ WEBサイト

最終戦まで持ち越された各クラスのチャンピオン争い
GT500クラスでは壮絶なバトルが繰り広げられ
300クラスでは優勝目前の悲劇が襲った!


2019 AUTOBACS SUPER GT Rd.8 MOTEGI All Drivers Appearance


2019 AUTOBACS SUPER GT Rd.8 MOTEGI GT 250km RACE Qualifying


2019 AUTOBACS SUPER GT Rd.8 MOTEGI GT 250km RACE Final

最終戦 ツインリンクもてぎの激闘は当サイトの記事でも
お楽しみください♡

☞2019スーパーGT最終戦 ツインリンクもてぎ500クラス決勝「山健vs関口 激しいバトルを抉じ開けチームルマン17年振りチャンピオンに!☆」

☞2019スーパーGT最終戦 ツインリンクもてぎ500クラス予選「空気読まないポールも重要!?脇坂監督の雄叫びと大嶋の目頭は明日に続くか☆」

☞2019スーパーGT最終戦 ツインリンクもてぎ300クラス決勝「優勝目前LEONスローダウン!GAINERに優勝ARTAチャンピオン☆」

☞2019スーパーGT最終戦 ツインリンクもてぎ300クラス予選「レコードタイムとチャンピオンの望みを同時に捥ぎ取りマクラーレンでAパロウがGTでもポール!☆」

☞2019スーパーGT 最終戦 ツインリンクもてぎ「最終戦一騎打ち?!WAKO’Sか?キャシディ2冠か!?☆」【放送日程】

☞2019SUPER GTスケジュール「観客動員数日本一海外戦を含めた全8戦で開催!☆」


SUPER GT 2019 Rd.8(Motegi) Qualify Day Digest
(日産自動車株式会社)


SUPER GT 2019 Rd.8(Motegi) Race Day Digest
(日産自動車株式会社)


SUBARU BRZ GT300 2019 SUPER GT 第8戦 MOTEGI GT 250km RACE 予選ダイジェスト
(SUBARU On―Tube)


SUBARU BRZ GT300 2019 SUPER GT 第8戦 MOTEGI GT 250km RACE 決勝ダイジェスト
(SUBARU On―Tube)


SUBARU BRZ GT300 2019 SUPER GT 第8戦 ツインリンクもてぎ
(SUBARU On―Tube)


TOYOTA GAZOO Racing SUPER GT 2019年 第8戦(最終戦)もてぎ ダイジェストムービー
(TOYOTA GAZOO Racing)

日本のモータースポーツもビックタイトルは閉幕し
今週末のDTM交流戦を残すだけとなりました
天候に翻弄されるシーズンでも有りましたが
年間を通して各カテゴリーで熱い戦いが繰り広げられ
最終戦では歴史に残る語り継がれるバトルまで
魅せてくれました☆

スーパーGTは2020シーズン大きく様変わり
しそうですが既に待ちきれませんね♡

2019 SUPER GT 第8戦 MOTEGI GT 250KM RACE
GT500 決勝結果


1 37 KeePer TOM′S LC500
     1:31’25.868 (53Laps)
2  6 WAKO’S 4CR LC500
     +12.169
3 36 au TOM’S LC500
     +14.871
4 38 ZENT CERUMO LC500
     +15.492
5 17 KEIHIN NSX-GT
     +21.338
6  1 RAYBRIG NSX-GT
     +22.018
7 19 WedsSport ADVAN LC500
     +46.232
8 23 MOTUL AUTECH GT-R
     +47.481
9 16 MOTUL MUGEN NSX-GT
     +1’08.290
1024 リアライズコーポレーション ADVAN GT-R
     +1’08.885
1139 DENSO KOBELCO SARD LC500
     +1’29.961
1264 Modulo Epson NSX-GT
     +1Lap
13 8 ARTA NSX-GT
     +6Laps
  12 カルソニック IMPUL GT-R
     +40Laps
   3 CRAFTSPORTS MOTUL GT-R
     DNS

2019 SUPER GT 第8戦 MOTEGI GT 250KM RACE
GT300 決勝結果


1 11 GAINER TANAX GT−R
     1:32’19.435(49Laps)
2 65 LEON PYRAMID AMG
     +4.677
3 96 K-tunes RC F GT3
     +13.484
4 55 ARTA NSX GT3
     +18.356
5  4 グッドスマイル 初音ミク AMG
     +20.620
6 56 リアライズ 日産自動車大学校 GT−R
     +33.320
7 720McLaren 720S
     +51.441
8 33 エヴァRT初号機 X Works GT-R
     +1Lap
9 60 SYNTIUM LMcorsa RC F GT3
     +1Lap
10360RUNUP RIVAUX GT-R
     +1Lap

☞ツインリンクもてぎ WEBサイト

☞SUPER GT公式HP

2019シーズンはスーパーGTの記事も途切れが多く
最終戦の総集編も大変遅くなってしまい申し訳ございません
2020年は10年振りにWRC(世界ラリー選手権)の
日本開催も有り激動のシーズンとなりそうですが
モータースポーツの楽しさを少しでも多くの皆様に
伝えられたらと精進して参りますので
よろしくお願い申し上げます

当サイトでは モータースポーツの活性化
自動車社会の向上復活 世界の景気回復wを願っています♡


auto sport - オートスポーツ - 2019年 11/29号 No.1519


F1速報 2019年 11/21号 第19戦 アメリカ GP


2019 スーパーGT公式ガイドブック (auto sport 臨時増刊)


RALLY PLUS - ラリープラス - vol.23


ギャルズパラダイス 2019 スーパーGTレースクイーン オフィシャルガイドブック (サンエイムック)

posted by ぷらちゃん at 16:35| 千葉 🌁| Comment(0) | スーパーGT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月18日

2019F1第20戦ブラジルGP決勝「マックス初ポールトゥウィン☆ガスリー初2位表彰台!ホンダパワー28年振りのワンツー」



2019F1第20戦ブラジルGP決勝

「マックス初ポールトゥウィン☆ガスリー初2位表彰台!ホンダパワー28年振りのワンツー」

アイルトン・セナの母国ブラジルで没後25年
ホンダ創始者本田宗一郎氏の誕生日にホンダパワーが
28年振りのワンツーを達成!☆

インテルラゴス・サーキット
4.309km
コーナー数 15 反時計回り
決勝 71Laps

サンパウロとの時差は−12時間(サマータイム未実施)

決勝のスタートは現地時間14時10分
(日本時間2時10分)となります

天候 晴れ 気温 20.6℃ 路面温度 49.2℃
湿度 61.5% 風速 1.9m/秒 風向 東南東(参考)
気圧 913.0hpa(現地気圧)
ドライコンディション

☞2019F1第20戦ブラジルGP予選「信頼のホンダパワーでフェルスタッペン全セッショントップ2度目のポール獲得!☆」

バルテリ・ボッタス(メルセデス)のエンジンブローと
またやってしまったフェラーリ2台の接触タイヤブローによる
2回のセーフティーカー導入は

コース上のオーバーテイクでトップを奪還し
初のポールトゥウィンを飾ったマックス・フェルスタッペン
(レッドブル)を除く2位以下の大波乱を巻き起こした!

決勝スタートではフロントローのセバスチャン・ベッテル
(フェラーリ)が下がりルイス・ハミルトン(メルセデス)
が2番手に上がる

パワーユニット交換で10グリッド降格のシャルル・ルクレール
(フェラーリ)は14番グリッドからミディアムタイヤながら
次々とオーバーテイクを繰り広げ6番手まで上がり
ハードタイヤに履き替えるとフィニッシュを目差す

終盤バルテリ・ボッタス(メルセデス)のストップで入った
セーフティーカー中にトップでステイアウトした
ルイス・ハミルトン(メルセデス)は17周走ったミディアムタイヤ
後続は新しいソフトタイヤが続き
マックス・フェルスタッペン(レッドブル)にトップを奪い返される
とアレクサンダー・アルボン(レッドブル)にも迫られる

セフティカー導入でソフトタイヤに履き替えたシャルル・ルクレール
(フェラーリ)はセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)より
ペースが速く順位を入れ替えたかと思ったが接触していて
次々とタイヤブローしてのリタイア!

再びセーフティーカー導入となりルイス・ハミルトン(メルセデス)
がタイヤ交換に入り4番手に
トップからマックス・フェルスタッペン(レッドブル)
アレクサンダー・アルボン(レッドブル)
ピエール・ガスリー(トロロッソ)とトップ3をホンダパワーが
連なっていた
セーフティカーのままフィニッシュすれば表彰台独占となったが

ラスト2ラップでレースが再開され新しいソフトタイヤを履いた
ルイス・ハミルトン(メルセデス)にセーフティーカー明けの
バトルでは太刀打ち出来ないとピエール・ガスリー(トロロッソ)
はバトルせずに先行させた

ルイス・ハミルトン(メルセデス)とアレクサンダー・アルボン
(レッドブル)のバトルでは接触しアレクサンダー・アルボン
がスピンし順位を大きく落としてしまい
ハミルトンもフロントウィングを破損している

その間を突いてピエール・ガスリー(トロロッソ)が2位に浮上
ファイナルラップのラストコーナーを立ち上がり
サイドバイサイドの激走をホンダパワーが勝ち取り
ピエール・ガスリーが歓喜の2位初表彰台を獲得した☆

ルイス・ハミルトン(メルセデス)とアレクサンダー・アルボン
(レッドブル)の接触はレース後の審議となり
ルイス・ハミルトンは3位で表彰台に上がったが
5秒のペナルティが科され7位のリザルトまで後退した

チャンピオンを決めたルイス・ハミルトン(メルセデス)には
痛くもないがアレクサンダー・アルボン(レッドブル)の
初表彰台とレッドブルのワンツーは消えてしまった

トロロッソにとってはコンストラクターズのポイントで
ルノーとの差が縮め切れない結果となってしまう

最終戦と2020シーズンのホンダパワーの活躍が楽しみに
なって来ましたね♡

フェラーリにはちゃんとモータースポーツして貰わないと
ファンも面白く無いしドライバーが可哀想ですね

☞2019F1第20戦ブラジルGP「ルクレールのオーバーテイクショーとホンダパワーの信頼性に期待!☆」【放送日程】

☞2019F1GPカレンダー(スケジュール・日程)「ドライバー変更に沸くF1は年間21戦☆熱いシーズンは最終戦12月へ突入!」

☞2019F1GPチーム&ドライバーラインナップ「劇的大シャッフルで下剋上は起きるか!?」

2019F1第20戦ブラジルGP決勝結果

1 マックス・フェルスタッペンレッドブル
  1:33’14.678(71Laps)
2 ピエール・ガスリー    トロロッソ
  +6.077
3 カルロス・サインツjr  マクラーレン
  +8.896
4 キミ・ライコネン     アルファロメオ
  +9.452
5 アントニオ・ジョビナッツィアルファロメオ
  +10.201
6 ダニエル・リカルド    ルノー
  +10.541
7 ルイス・ハミルトン    メルセデス
  +11.139
8 ランド・ノリス      マクラーレン
  +11.204
9 セルジオ・ペレス     レーシングポイント
  +11.529
10ダニール・クビアト    トロロッソ
  +11.931

☞Formula1レジスタードマーク The Official

当サイトでは モータースポーツの活性化
自動車社会の向上復活 世界の景気回復wを願っています♡


F1速報 2019年 11/21号 第19戦 アメリカ GP


ホンダ F1 優勝への軌跡 (F1速報 2019 8月 増刊)


auto sport - オートスポーツ - 2019年 11/29号 No.1519


GP CAR STORY Special Edition 2019 NIKI LAUDA ニキ ラウダ (サンエイムック)


RALLY PLUS - ラリープラス - vol.23


ギャルズパラダイス 2019 トップレースクイーン 編 【特別付録】両A面 クリアファイル (サンエイムック)

posted by ぷらちゃん at 16:04| 千葉 ☀| Comment(0) | F1観戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月17日

2019F1第20戦ブラジルGP予選「信頼のホンダパワーでフェルスタッペン全セッショントップ2度目のポール獲得!☆」



2019F1第20戦ブラジルGP予選

「信頼のホンダパワーでフェルスタッペン全セッショントップ2度目のポール獲得!☆」

メキシコGPで信頼性を得たホンダパワーで連戦南半球でも
マックス・フェルスタッペン(レッドブル)が
予選全セクションをトップタイムでポールポジションを獲得!

インテルラゴス・サーキット
4.309km
コーナー数 15 反時計回り
決勝 71Laps

サンパウロとの時差は−12時間(サマータイム未実施)

決勝のスタートは現地時間14時10分
(日本時間2時10分)となります

天候 晴れ 気温 20.7℃ 路面温度 35.8℃
湿度 69.6% 風速 0.8m/秒 風向 東南東(参考)
気圧 908.1hpa(現地気圧)
ドライコンディション

シャルル・ルクレール(フェラーリ)はパワーユニット交換で
10グリッド降格が決まっている

予選Q1はマックス・フェルスタッペン(レッドブル)が
トップタイム ダニール・クビアト(トロロッソ)が敗退と
なってしまうがホンダパワー3台が予選Q2に進出

トップ10の決勝スタートタイヤが決まる予選Q2ですが
ラストアタックでは全てのマシンがソフトタイヤ装着で
タイムを刻み ここでもマックス・フェルスタッペン
(レッドブル)がトップ通過 
ホンダパワー3台が予選Q3に進出した

予選Q3最初のアタックではメルセデスの2台をフェラーリ
の2台が上回ったが
マックス・フェルスタッペン(レッドブル)はラインを
変更し縁石で跳ね上がりながらもタイミングモニターの
最上段にトラッキングした

ラストアタックではマックス・フェルスタッペン(レッドブル)
はセクター2のみの全体ベストだったがタイムを更新し
2番手セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)届かず
ルイス・ハミルトン(メルセデス)が3位に順位を上げた

マックス・フェルスタッペン(レッドブル)が予選全ての
セクションでトップタイムを叩き出し自身2度目の
ポールポジションを獲得した!☆

グリッド降格のシャルル・ルクレール(フェラーリ)は
予選4位決勝は14番グリッドからの追い上げとなる

ホンダパワーではアレクサンダー・アルボン(レッドブル)
が6位 ピエール・ガスリー(トロロッソ)が7位で
決勝スタートで3列目に並ぶ

マックス・フェルスタッペン(レッドブル)と
セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)がフロントローに
並ぶ決勝スタートは想像しただけでも緊張が走る!

日本時間深夜の決勝レースですがホンダパワーの
ポールトゥウィンを願って応援し見守りましょう♡

☞2019F1第20戦ブラジルGP「ルクレールのオーバーテイクショーとホンダパワーの信頼性に期待!☆」【放送日程】

☞2019F1GPカレンダー(スケジュール・日程)「ドライバー変更に沸くF1は年間21戦☆熱いシーズンは最終戦12月へ突入!」

☞2019F1GPチーム&ドライバーラインナップ「劇的大シャッフルで下剋上は起きるか!?」

2019F1第20戦ブラジルGP予選結果

1 マックス・フェルスタッペンレッドブル
  1’07.508
2 セバスチャン・ベッテル  フェラーリ
  1’07.631
3 ルイス・ハミルトン    メルセデス  
  1’07.699
4 シャルル・ルクレール   フェラーリ
  1’07.728
5 バルテリ・ボッタス    メルセデス
  1’07.874
6 アレクサンダー・アルボン レッドブル
  1’07.935
7 ピエール・ガスリー    トロロッソ
  1’08.837
8 ロマン・グロージャン   ハース
  1’08.854
9 キミ・ライコネン     アルファロメオ
  1’08.984
10ケビン・マグヌッセン   ハース
  1’09.037

☞Formula1レジスタードマーク The Official

当サイトでは モータースポーツの活性化
自動車社会の向上復活 世界の景気回復wを願っています♡


F1速報 2019年 11/21号 第19戦 アメリカ GP


ホンダ F1 優勝への軌跡 (F1速報 2019 8月 増刊)


auto sport - オートスポーツ - 2019年 11/29号 No.1519


GP CAR STORY Special Edition 2019 NIKI LAUDA ニキ ラウダ (サンエイムック)


RALLY PLUS - ラリープラス - vol.23


ギャルズパラダイス 2019 トップレースクイーン 編 【特別付録】両A面 クリアファイル (サンエイムック)

posted by ぷらちゃん at 11:29| 千葉 ☀| Comment(0) | F1観戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする