2019年10月27日

【速報】「祝!トヨタのオット・タナク初ドライバーズチャンピオンに輝く☆」WRC(世界ラリー選手権)2019第13戦ラリー・エスパーニャ(スペイン)



「祝!トヨタのオット・タナク初ドライバーズチャンピオンに輝く☆」

【速報】「祝!トヨタのオット・タナク初ドライバーズチャンピオンに輝く☆」

WRC 世界ラリー選手権 2019
第13戦 RACCカタルーニャ・ラリー・デ・エスパーニャ(スペイン)

WRC(世界ラリー選手権)2019シーズン
ドライバーズタイトルチャンピオンシップ
トヨタGazooレーシングWRチーム
オット・タナク(トヨタ)初のチャンピオンに輝きました☆

WRC 世界ラリー選手権 2019
第13戦 ラリー・エスパーニャ(スペイン)

総走行距離:1288.85km
総ステージ走行距離:325.56km
SS数:17

☞WRC(世界ラリー選手権)2019第13戦ラリー・エスパーニャ(スペイン) DAY1「ミックスサーフェス初日グラベルでヒュンダイがトヨタを阻みオジェは喪失!?☆」【動画】

☞WRC(世界ラリー選手権)2019第13戦ラリー・エスパーニャ(スペイン) DAY2「スペイン戦でアロンソもトヨタを応援!タナク3位浮上で初タイトルへ前進☆」【動画】

ラリー・エスパーニャ(スペイン)ではヒュンダイに先行され
3位まで浮上したオット・タナク(トヨタ)は
パワーステージでティエリー・ヌービル(ヒュンダイ)を下し
最終戦を待たずに初のドライバーズタイトルを獲得しました☆


FIA World Rally Champions 2019: Ott Tänak / Martin Järveoja

☞WRC(世界ラリー選手権)2019第13戦ラリー・エスパーニャ(スペイン)「唯一のミックス路面でトヨタはWタイトルを決定するか!?☆」【放送日程】

☞TOYOTA GAZOO Racing 公式サイト

☞ラリーRACC 公式サイト

☞WRC 公式サイト

☞2019年WRCカレンダー(世界ラリー選手権・スケジュール)「トヨタWRC復帰参戦3年目はWタイトル獲得へ!☆」

当サイトでは モータースポーツの活性化
自動車社会の向上復活 世界の景気回復wを願っています♡


RALLY PLUS - ラリープラス - vol.22


RALLY CARS Vol.24 MITSUBISHI LANCER EVOLUTION IV-VI (サンエイムック)


auto sport - オートスポーツ - 2019年 11/1号 No.1517


F1速報 2019年 10/31号 第17戦 日本 GP


ギャルズパラダイス 2019 トップレースクイーン 編 【特別付録】両A面 クリアファイル (サンエイムック)

posted by ぷらちゃん at 21:14| 千葉 ☁| Comment(0) | WRC観戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019F1第18戦メキシコGP予選「ホンダジェット御用達ターボ炸裂!薄い空気に打ち勝ちフェルスタッペンがポール獲得☆」



2019F1第18戦メキシコGP予選

「ホンダジェット御用達ターボ炸裂!薄い空気に打ち勝ちフェルスタッペンがポール獲得☆」

海抜2300m高地メキシコシティのアウトドローモ・エルマノス
・ロドリゲス  エンジンのパワーロスにダウンフォース低下
ドライバーの体調不良にまで影響が及ぶ過酷なメキシコGP

アウトドローモ・エルマノス・ロドリゲス
4.304km
コーナー数 17 時計回り
決勝 71Laps

メキシコシティとの時差は−14時間(サマータイム)
※サマータイム10月27日2時終了後−15時間

決勝のスタートは現地時間13時10分
(日本時間4時10分)となります

天候 晴れ 気温 22.5℃ 路面温度 30.6℃
湿度 55.9% 風速 1.9m/秒 風向 西北西(参考)
気圧 781hpa(現地気圧) 
ドライコンディション

パワーユニットを低気圧仕様に合わせる事も可能だが21戦中の
1戦に限られた数のエンジンを合わせる事は出来ない

予選Q1ではウイリアムズとハースの各2台とランス・ストロール
(レーシングポイント)が敗退となった

トップ10の決勝スタートタイヤが決まる予選Q2ですが
ソフトタイヤが1ラップで消耗してしまう状況で上位マシンは
ミディアムタイヤを選択してのアタックとなった

体調不良で午前中のフリー走行を走らなかったピエール・ガスリー
(トロロッソ)を含めてホンダパワー4台全てがQ2を通過して
予選Q3に進出した☆

フェラーリが速さを魅せていたメキシコGPでしたが
予選Q3最初のアタックでマックス・フェルスタッペン(レッドブル)
が唯一14秒台を叩き出し首位に立った

ラストアタックではバルテリ・ボッタス(メルセデス)が
最終コーナーで壁に激突する大クラッシュ!
セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)はスピードを落とし通過したが
マックス・フェルスタッペン(レッドブル)はタイムを更新してしまった
ダブルイエローの黄旗振動でペナルティを受ける可能性が残されるが

ホンダパワーレッドブルのマックス・フェルスタッペン(レッドブル)
が2度目のポールポジションを獲得しました☆

決勝レースは深夜と言うより月曜の早朝となりますが
皆様早起きをしてホンダパワーを応援しましょう♡

☞2019F1第18戦メキシコGP「海抜2300m高地の過酷グランプリ☆深夜の過酷3連戦が始まる!」【放送日程】

☞2019F1GPカレンダー(スケジュール・日程)「ドライバー変更に沸くF1は年間21戦☆熱いシーズンは最終戦12月へ突入!」

☞2019F1GPチーム&ドライバーラインナップ「劇的大シャッフルで下剋上は起きるか!?」

2019F1第18戦メキシコGP予選結果

1 マックス・フェルスタッペンレッドブル
  1’14.758
2 シャルル・ルクレール   フェラーリ
  1’15.024
3 セバスチャン・ベッテル  フェラーリ
  1’15.170
4 ルイス・ハミルトン    メルセデス  
  1’15.262
5 アレクサンダー・アルボン レッドブル
  1’15.336
6 バルテリ・ボッタス    メルセデス
  1’15.338
7 カルロス・サインツjr  マクラーレン
  1’16.014
8 ランド・ノリス      マクラーレン
  1’16.322
9 ダニール・クビアト    トロロッソ
  1’16.469
10ピエール・ガスリー    トロロッソ
  1’16.586

☞Formula1レジスタードマーク The Official

当サイトでは モータースポーツの活性化
自動車社会の向上復活 世界の景気回復wを願っています♡


F1速報 2019年 10/31号 第17戦 日本 GP


ホンダ F1 優勝への軌跡 (F1速報 2019 8月 増刊)


auto sport - オートスポーツ - 2019年 11/1号 No.1517


GP CAR STORY Special Edition 2019 NIKI LAUDA ニキ ラウダ (サンエイムック)


RALLY PLUS - ラリープラス - vol.22


ギャルズパラダイス 2019 トップレースクイーン 編 【特別付録】両A面 クリアファイル (サンエイムック)

posted by ぷらちゃん at 20:08| 千葉 ☀| Comment(0) | F1観戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

WRC(世界ラリー選手権)2019第13戦ラリー・エスパーニャ(スペイン) DAY2「スペイン戦でアロンソもトヨタを応援!タナク3位浮上で初タイトルへ前進☆」【動画】



WRC(世界ラリー選手権)2019第13戦ラリー・エスパーニャ(スペイン) DAY2

「スペイン戦でアロンソもトヨタを応援!タナク3位浮上で初タイトルへ前進☆」

WRC 世界ラリー選手権 2019
第13戦 RACCカタルーニャ・ラリー・デ・エスパーニャ(スペイン)

シリーズ唯一となるミックスサーフェス
初日グラベル(未舗装路)から2日目以降ターマック
(舗装路)へのセッティング変更はチームの全てが試される

WRC 世界ラリー選手権 2019
第13戦 ラリー・エスパーニャ(スペイン)

総走行距離:1288.85km
総ステージ走行距離:325.56km
SS数:17

☞WRC(世界ラリー選手権)2019第13戦ラリー・エスパーニャ(スペイン) DAY1「ミックスサーフェス初日グラベルでヒュンダイがトヨタを阻みオジェは喪失!?☆」【動画】

DAY2


WRC - RallyRACC Catalunya - Rally de España 2019: Highlights Stages 7-9


WRC - RallyRACC Catalunya - Rally de España 2019: Highlights Stages 10-13


WRC - RallyRACC - Rally de España 2019: ONBOARD Sébastien Loeb SS08

ラリー・エスパーニャ(スペイン)土曜日にはフェルナンド・アロンソ
がトヨタGazooレーシングWRチームを表敬訪問している様子が
動画に映し出されています

金曜日はヒュンダイが3位までを独占して終わりましたが
シリーズ唯一となるミックスサーフェス土曜日からはターマック
(舗装路)に変わりトップはセバスチャン・ローブ(ヒュンダイ)
からティエリー・ヌービル(ヒュンダイ)に変わり
チャンピオン獲得のチャンスを残した

トヨタGazooレーシングWRチームマニファクチャラータイトル
獲得に重要な1台クリス・ミーク(トヨタ)は一時3位まで浮上
しましたがSS8でガードレールに激突しリタイアを喫してしまった

金曜日のトラブルでポイント圏外に順位を落としていた
セバスチャン・オジェ(シトロエン)は8位まで順位を取り戻した

オット・タナク(トヨタ)は土曜日の最終SSで3位に浮上し
ラリー・エスパーニャでのドライバーズタイトル獲得に近付けたが
マニファクチャラータイトル獲得の為に順位を上げて行きたい

オット・タナク(トヨタ)の初タイトル獲得は日曜日最終SS
パワーステージで決定する可能性が出て来ました
日曜日にはSS15とパワーステージSS18の生中継が放送される
応援をよろしくお願い致します♡

☞WRC(世界ラリー選手権)2019第13戦ラリー・エスパーニャ(スペイン)「唯一のミックス路面でトヨタはWタイトルを決定するか!?☆」【放送日程】

WRC2019第13戦ラリー・エスパーニャ(スペイン) DAY2
SS13後 総合順位

1 ティエリー・ヌービル  (ヒュンダイ)
  2:25’15.8
2 ダニ・ソルド      (ヒュンダイ)
  +21.5
3 オット・タナク     (トヨタ)
  +24.6
4 セバスチャン・ローブ  (ヒュンダイ)
  +25.2
5 ヤリマティ・ラトバラ  (トヨタ)
  +46.8
6 エルフィン・エバンス  (Mスポーツ・フォード)
  +1’09.2
7 テーム・スニネン    (Mスポーツ・フォード)
  +1’24.5
8 セバスチャン・オジェ  (シトロエン)
  +4’09.9
9 マッズ・オストベルグ  (WRC2PRO/シトロエン)
  +6’35.2
10エリック・カミリ    (WRC2/シトロエン)
  +6’38.2

☞TOYOTA GAZOO Racing 公式サイト

☞ラリーRACC 公式サイト

☞WRC 公式サイト

☞2019年WRCカレンダー(世界ラリー選手権・スケジュール)「トヨタWRC復帰参戦3年目はWタイトル獲得へ!☆」

当サイトでは モータースポーツの活性化
自動車社会の向上復活 世界の景気回復wを願っています♡


RALLY PLUS - ラリープラス - vol.22


RALLY CARS Vol.24 MITSUBISHI LANCER EVOLUTION IV-VI (サンエイムック)


auto sport - オートスポーツ - 2019年 11/1号 No.1517


F1速報 2019年 10/31号 第17戦 日本 GP


ギャルズパラダイス 2019 トップレースクイーン 編 【特別付録】両A面 クリアファイル (サンエイムック)

posted by ぷらちゃん at 17:16| 千葉 ☁| Comment(0) | WRC観戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019スーパーフォーミュラ最終戦JAF鈴鹿グランプリ予選「アレックス・パロウ3度目ポール獲得!チャンピオン争いは優勝を懸けた三つ巴の戦いへ☆」



SUPER FORMULA Rd.7 JAF GRAND PRIX SUZUKA

「アレックス・パロウ3度目ポール獲得!チャンピオン争いは優勝を懸けた三つ巴の戦いへ☆」

2019 SUPER FORMULA Rd.7

SUZUKA CIRCUIT
JAF GRAND PRIX SUZUKA

10.26 SAT  10.27 SUN

SF7.jpg

2019シーズン「全日本スーパーフォーミュラ選手権」
最終戦 JAFグランプリ 鈴鹿サーキット

☞鈴鹿サーキット

日本最速スーパーフォーミュラ2019シーズン
国内外からトップドライバーが集結し日本のサーキットを
戦います

天候 曇り 気温 23℃ 路面温度 25℃
湿度 59% 風速 5.1m/秒 風向 西北西(参考)
気圧 1010.6hpa(現地気圧) 
ドライコンディション

※気象データは参考ですが正確に近付ける為に
 予告無しに更新する場合が有ります

金曜日は鈴鹿サーキットでも豪雨となったが土曜日は曇り空だが
ドライコンディションで予選日を迎えた

最終戦鈴鹿JAFグランプリでは2つのシートでドライバー交代
が有り チームルマン7号車アーテム・マルケロフ選手から
中山雄一選手 チーム無限ではパトリシオ・オワードから
ユーリ・ビップス選手がステアリングを握る

鈴鹿サーキットはシリーズでも最長コースだが平均速度も速く
トラフィックの混乱を防ぐために今季3度目の予選Q1を
2つのグループに分けた

予選Q1A組では自力チャンピオン獲得可能な1人アレックス
・パロウ選手がトップタイム
午前中の練習走行で横転するクラッシュのハリソン・ニューウェイ
選手がマシンを修復し滑り込みでQ1通過を果たした
僅かにチャンピオンの可能性を残す小林可夢偉選手はQ1敗退と
なってしまった

予選Q1B組での自力チャンピオン獲得可能なニック・キャシディ
選手がラストアタック時に大嶋和也選手がスピン!
タイム取り消しの危機を掻い潜って3番手タイムで通過
関口雄飛選手等が押し出されQ1敗退となった

予選Q2ではトヨタエンジンで唯一ニック・キャシディ選手が
8番手に滑り込みでQ3進出
チャンピオンに可能性を残していた山下健太選手がQ2敗退となった

鈴鹿JAFグランプリ優勝で3ポイントが追加されポールポジション
1ポイント合計14ポイントとなるポールトゥウィンで
チャンピオンを自力で獲得する3名のドライバーが予選Q3に
駒を進めている☆

予選Q3残り時間4分でコースインが始まると残り3分を切ってから
コースインするマシンまで緊張が極限に達する

アレックス・パロウ選手がセクター1を驚異的なタイムで通過すると
35秒台を叩き出した!
ランキングトップでチャンピオンの山本尚貴選手は予選5位
決勝レース3列目のスタートとなる
ニック・キャシディ選手は予選6位ながらマシンを降りると
不気味な微笑みを魅せた!?

アレックス・パロウ選手が今季3度目のポールポジションを獲得!

最終戦に持ち込まれたチャンピオンシップは優勝者が勝ち取る
三つ巴の戦いとなった☆

☞2019スーパーフォーミュラ最終戦JAF鈴鹿グランプリ「6戦全て優勝者が変わる激動のシーズンは最終戦までチャンピオン争いが持ち込まれた☆」【放送日程】

2019スーパーフォーミュラ第7戦 鈴鹿サーキット予選 結果

1 64 アレックス・パロウ   1’35.972
2 16 野尻智紀        1’36.084
3 50 ルーカス・アウアー   1’36.236
4  5 福住仁嶺        1’36.314
5  1 山本尚貴        1’36.348
6 37 ニック・キャシディ   1’36.496
7 17 塚越広大        1’36.595
8 65 牧野任祐        1’36.621

☞2019全日本スーパーフォーミュラ選手権 開催スケジュール【日程】

☞SUPER FORMULA Official Website

当サイトでは モータースポーツの活性化
自動車社会の向上復活 世界の景気回復wを願っています♡


auto sport - オートスポーツ - 2019年 11/1号 No.1517


F1速報 2019年 10/31号 第17戦 日本 GP


WRC ラリージャパン の軌跡 - 2004-2010記録集 - (RALLY PLUS - ラリープラス - 特別編集)


ギャルズパラダイス 2019 トップレースクイーン 編 【特別付録】両A面 クリアファイル (サンエイムック)

posted by ぷらちゃん at 12:06| 千葉 ☀| Comment(0) | モータースポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする