2019年09月25日

F1速報 2019F1第15戦シンガポールGP号「堂々1−2で3連勝 逆襲のフェラーリ この復活は本物か?」明日9月26日発売日!



F1速報 2019年第15戦シンガポールGP号

F1速報 2019年 第15戦シンガポールGP号

    明日9月26日(木)発売日!

堂々1−2で3連勝「逆襲のフェラーリ 」この復活は本物か?

    予約受付中☆

FS0926.jpg

表紙は シンガポールGP表彰台 優勝セバスチャン・ベッテル
(中央右)2位シャルル・ルクレール(左)3位マックス・
フェルスタッペン(右)
フェラーリスタッフはベッテルのエンジニア リカルド・アダミ(?)

F1速報 2019年 10/3号 第15戦 シンガポール GP
御注文はこちらをクリック☆

今直ぐ お急ぎ便で御注文すれば 発売日に届きます!

堂々1−2で3連勝
「逆襲のフェラーリ 」
この復活は本物か?

後半戦勢力図一変
 メルセデス勢は大誤算
 フェルスタッペン表彰台も歯が立たず

[特集:シャルル・ルクレール]
覚醒した跳ね馬の申し子
 卓越したドライビングを生み出す
 強靭な心臓と優れた観察眼
 故ユベールと駆け抜けた少年時代

急転直下! グロージャン残留でヒュルケンベルグは?
大不振のベッテルにリカルドがエール
忖度続出!?イタリアGPで噴出した現代F1の綻び

終盤になってF1盛り上がって来ましたね!?w
シンガポールGPナイトレースはフォトグラフィックでも
美しいので「F1速報」で楽しみましょう♡

☞2019F1第15戦シンガポールGP決勝「ベッテル今季初優勝!フェラーリワンツー2年振り3連勝は11年振り☆」

☞2019F1第15戦シンガポールGP予選「シンガポールナイト壁との闘い!ルクレール3戦連続ポール獲得☆」

☞2019F1第15戦シンガポールGP「高温多湿シンガポールの夜に響く3つのエキゾースト☆」【放送日程】

☞2019F1GPカレンダー(スケジュール・日程)「ドライバー変更に沸くF1は年間21戦☆熱いシーズンは最終戦12月へ突入!」

☞2019F1GPチーム&ドライバーラインナップ「劇的大シャッフルで下剋上は起きるか!?」

当サイトでは モータースポーツの活性化
自動車社会の向上復活 世界の景気回復wを願っています♡


F1速報 2019年 10/3号 第15戦 シンガポール GP


ホンダ F1 優勝への軌跡 (F1速報 2019 8月 増刊)


auto sport - オートスポーツ - 2019年 10/4号 No.1515


GP CAR STORY Special Edition 2019 NIKI LAUDA ニキ ラウダ (サンエイムック)


RALLY PLUS - ラリープラス - vol.22


ギャルズパラダイス 2019 トップレースクイーン 編 【特別付録】両A面 クリアファイル (サンエイムック)

posted by ぷらちゃん at 19:18| 千葉 ☔| Comment(0) | F1観戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月24日

2019F1第15戦シンガポールGP決勝「ベッテル今季初優勝!フェラーリワンツー2年振り3連勝は11年振り☆」



2019F1第15戦シンガポールGP決勝

「ベッテル今季初優勝!フェラーリワンツー2年振り3連勝は11年振り☆」

復活のフェラーリに勢いが足踏みのレッドブル・ホンダ
メルセデスは様子を伺う
シンガポール市街地サーキット マリーナ・ベイの暗闇に
浮かび上がる三つ巴の闘い

シンガポール市街地サーキット
5.065km
コーナー数 23 反時計回り
決勝 61Laps

シンガポールとの時差は−1時間

決勝のスタートは現地時間20時10分
(日本時間21時10分)となります

天候 曇り 気温 29.8℃ 路面温度 33.7℃
湿度 64.5% 風速 6m/秒 風向 南南東(参考)
気圧 1009.1hpa 
ドライコンディション

☞2019F1第15戦シンガポールGP予選「シンガポールナイト壁との闘い!ルクレール3戦連続ポール獲得☆」

闇に浮かび上がるマリーナ・ベイ シンガポール市街地サーキット
決勝レースはダニエル・リカルド(ルノー)が運動エネルギー回生
システムの規定違反で予選失格 最後尾グリッドからのスタート
セルジオ・ペレス(レーシングポイント)がフリー走行のクラッシュ
でギアボックス交換となり5グリッド降格となった

スタートでのアクシデントが多いシンガポールGPだが大きな混乱
も無くポールポジションのシャルル・ルクレール(フェラーリ)
がトップで周回を重ね

先頭グループではセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)が
最初のピットインに動きソフトタイヤからハードタイヤに交換
次の周回にシャルル・ルクレール(フェラーリ)がピットイン
フェラーリの2台は順位が入れ替わった

メルセデスは作戦を逆に取りピットインを引き延ばし
ルイス・ハミルトン(メルセデス)にギャップを築かせる
為にバルテリ・ボッタス(メルセデス)がブロックする
明らかなチームプレイを魅せ付けた

ジョージ・ラッセル(ウイリアムズ)のクラッシュ
セルジオ・ペレス(レーシングポイント)のマシントラブル
キミ・ライコネン(アルファロメオ)の接触によるサスペンション
破損で3度のセーフティーカーが導入されたが

セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)がトップを守り
今シーズン初優勝!
シャルル・ルクレール(フェラーリ)が2位フィニッシュで
フェラーリのワンツーは2年振りとなり3連勝は実に11年振り
となる☆

3位にはレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペン
(レッドブル)が入り
表彰台にはメルセデスのスガタハ無かった

フェラーリの得意としないテクニカルなサーキットで
フロントのダウンフォースを手に入れ速さと旋回性能を纏い
速いシャルル・ルクレール(フェラーリ)とベテラン
セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)の起死回生

ホンダパワーの活躍も観たいですがF1はやはり
フェラーリが強さを魅せないと盛り上がらないですからね
シーズンも終盤となってしまいましたが来期に向けて
楽しくなって来ました♡

☞2019F1第15戦シンガポールGP「高温多湿シンガポールの夜に響く3つのエキゾースト☆」【放送日程】

☞2019F1GPカレンダー(スケジュール・日程)「ドライバー変更に沸くF1は年間21戦☆熱いシーズンは最終戦12月へ突入!」

☞2019F1GPチーム&ドライバーラインナップ「劇的大シャッフルで下剋上は起きるか!?」

2019F1第15戦シンガポールGP決勝結果

1 セバスチャン・ベッテル  フェラーリ
  1:58’33.667(61Laps)
2 シャルル・ルクレール   フェラーリ
  +2.641
3 マックス・フェルスタッペンレッドブル
  +3.821
4 ルイス・ハミルトン    メルセデス
  +4.608
5 バルテリ・ボッタス    メルセデス
  +6.119
6 アレクサンダー・アルボン レッドブル
  +11.663
7 ランド・ノリス      マクラーレン
  +14.769
8 ピエール・ガスリー    トロロッソ
  +15.547
9 ニコ・ヒュルケンベルグ  ルノー
  +16.718
10アントニオ・ジョビナッツィアルファロメオ
  +27.855

☞Formula1レジスタードマーク The Official

当サイトでは モータースポーツの活性化
自動車社会の向上復活 世界の景気回復wを願っています♡


F1速報 2019年 9/26号 第14戦 イタリア GP


ホンダ F1 優勝への軌跡 (F1速報 2019 8月 増刊)


auto sport - オートスポーツ - 2019年 10/4号 No.1515


GP CAR STORY Special Edition 2019 NIKI LAUDA ニキ ラウダ (サンエイムック)


RALLY PLUS - ラリープラス - vol.22


ギャルズパラダイス 2019 トップレースクイーン 編 【特別付録】両A面 クリアファイル (サンエイムック)

posted by ぷらちゃん at 13:23| 千葉 🌁| Comment(0) | F1観戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月22日

2019F1第15戦シンガポールGP予選「シンガポールナイト壁との闘い!ルクレール3戦連続ポール獲得☆」



2019F1第15戦シンガポールGP予選

「シンガポールナイト壁との闘い!ルクレール3戦連続ポール獲得☆」

復活のフェラーリに勢いが足踏みのレッドブル・ホンダ
メルセデスは様子を伺う
シンガポール市街地サーキット マリーナ・ベイの暗闇に
浮かび上がる三つ巴の闘い

シンガポール市街地サーキット
5.065km
コーナー数 23 反時計回り
決勝 61Laps

シンガポールとの時差は−1時間

決勝のスタートは現地時間20時10分
(日本時間21時10分)となります

天候 曇り 気温 30.0℃ 路面温度 35.4℃
湿度 62.2% 風速 4m/秒 風向 南南東(参考)
気圧 1007.6hpa 
ドライコンディション

ホンダパワー勢ダニール・クビアト(トロロッソ)は土曜日
フリー走行でオイル漏れが発生過去のパワーユニットに交換して
予選に臨んだが
予選Q1で敗退してしまった シャーシ側でのオイル漏れだった
らしい

トップ10の決勝スタートタイヤが決まる予選Q2であるが
ラストアタックでは全てのマシンがソフトタイヤを装着しての
アタックとなった
ピエール・ガスリー(トロロッソ)は残念ながら12位で予選Q2敗退

不調を挽回したいセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)は
予選Q3でも先行してコースインしコンクリートウォールに
接触するアグレッシブな走りを魅せたが
シャルル・ルクレール(フェラーリ)にトップタイムを奪われ
ルイス・ハミルトン(メルセデス)が割って入った

フェラーリのマシンでは得意としないテクニカルな市街地コース
だったがシャルル・ルクレール(フェラーリ)が3戦連続のポール
ポジションを獲得した☆

予選Q3に進出し8番手タイムを刻んだダニエル・リカルド(ルノー)
だったがパワーユニットの運動エネルギー回生システムに
規定違反が発覚し失格処分となり最後尾からの決勝スタートとなる

レッドブル・ホンダはマックス・フェルスタッペン(レッドブル)が
予選4位のセカンドロースタート
アレクサンダー・アルボン(レッドブル)は自己ベストタイの予選6位

日本海を進む台風17号は心配ですが日本では3連休の日曜日
決勝レースは日本時間21:10スタートと最高の時間帯で
開催される 映像的にも美しいナイトレースを堪能して欲しい♡

☞2019F1第15戦シンガポールGP「高温多湿シンガポールの夜に響く3つのエキゾースト☆」【放送日程】

☞2019F1GPカレンダー(スケジュール・日程)「ドライバー変更に沸くF1は年間21戦☆熱いシーズンは最終戦12月へ突入!」

☞2019F1GPチーム&ドライバーラインナップ「劇的大シャッフルで下剋上は起きるか!?」

2019F1第15戦シンガポールGP予選結果

1 シャルル・ルクレール   フェラーリ
  1’36.217
2 ルイス・ハミルトン    メルセデス  
  1’36.408
3 セバスチャン・ベッテル  フェラーリ
  1’36.437
4 マックス・フェルスタッペンレッドブル
  1’36.813
5 バルテリ・ボッタス    メルセデス
  1’37.146
6 アレクサンダー・アルボン レッドブル
  1’37.411
7 カルロス・サインツjr  マクラーレン
  1’37.818
NCダニエル・リカルド    ルノー
  1’38.095
8 ニコ・ヒュルケンベルグ  ルノー
  1’38.264
9 ランド・ノリス      マクラーレン
  1’38.329

☞Formula1レジスタードマーク The Official

当サイトでは モータースポーツの活性化
自動車社会の向上復活 世界の景気回復wを願っています♡


F1速報 2019年 9/26号 第14戦 イタリア GP


ホンダ F1 優勝への軌跡 (F1速報 2019 8月 増刊)


auto sport - オートスポーツ - 2019年 10/4号 No.1515


GP CAR STORY Special Edition 2019 NIKI LAUDA ニキ ラウダ (サンエイムック)


RALLY PLUS - ラリープラス - vol.22


ギャルズパラダイス 2019 トップレースクイーン 編 【特別付録】両A面 クリアファイル (サンエイムック)

posted by ぷらちゃん at 18:02| 千葉 ☁| Comment(0) | F1観戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする