2019年08月26日

WRC(世界ラリー選手権)2019第10戦ラリー・ドイチェランドDAY4「トヨタが26年振りに表彰台独占!勝田貴元10位初ポイント☆」【動画】



WRC(世界ラリー選手権)2019第10戦ラリー・ドイチェランド(ドイツ)DAY4

「トヨタが26年振りに表彰台独占!勝田貴元10位初ポイント☆」

WRC(世界ラリー選手権)2019
ADAC ラリー・ドイチェランド

ラリー・ドイチェランドはターマックラリー(舗装路)
葡萄畑から戦車の演習場と変化に富んだステージを
WRカーが激走するシーンは美しさを感じます

WRC 世界ラリー選手権 2019
第10戦 ラリー・ドイチェランド

総走行距離:1228.23km
総ステージ走行距離:344.04km
SS数:19

☞WRC(世界ラリー選手権)2019第10戦ラリー・ドイチェランドDAY1・2「葡萄畑の激戦トヨタ3台上位快走!勝田貴元デビュー戦☆」【動画】

☞WRC(世界ラリー選手権)2019第10戦ラリー・ドイチェランドDAY3「戦車演習場をトヨタがトップ3で駆け抜ける!勝田貴元も10位☆」【動画】

☞【速報!】WRC(世界ラリー選手権)2019第10戦ラリー・ドイチェランド「祝!トヨタ26年振りWRC表彰台独占☆勝田貴元も10位完走」

DAY4


WRC - ADAC Rallye Deutschland 2019: Highlights Stages 16-18


WRC - ADAC Rallye Deutschland 2019: Highlights Wolf Power Stage

トヨタGazooレーシングWRチームトヨタヤリス(日本名
ヴィッツ)がターマックラリー(舗装路)をワン・ツー・スリー
でラリー・ドイチェランド最終日を迎えた

最後まで何が起きるか判らないのがWRC(世界ラリー選手権)
で最終日パワーステージで激しいアタックを魅せる
クリス・ミーク(トヨタ)に第8戦ラリー・イタリアでは
優勝を目前にパワーステアリングを失い表彰台圏外となった

土曜日にパンクで順位を落としたティエリー・ヌービル(ヒュンダイ)
は最終日激しいアタックで2つのステージでトップタイムを叩き出すと
最終SSパワーステージでも1位でボーナス5ポイントを獲得した
ヒュンダイの事だから4位のダニ・ソルド(ヒュンダイ)と
順位を入れ替えるのではと思ったがそれは無かった

セバスチャン・オジェ(シトロエン)は最終日SS18でも
コースオフでマシン後部を接触させタイムロスを喫し
パワーステージでは5位で終わった

トヨタGazooレーシングWRチームの3台は最終日
チームオーダーは出されないが状況を把握してマシンをフィニッシュに
運ぶ事を優先した走りに見えた
それでもヤリマティ・ラトバラ(トヨタ)がSS17でベストタイム
を奪いパワーステージでは3位でフィニッシュした
クリス・ミーク(トヨタ)が無事にフィニッシュするか
チームも見守っていた様だがw無理なインカットも無く
それでもパワーステージを4位でフィニッシュした

パワーステージを最終出走となるオット・タナク(トヨタ)に
至ってはドライバーズタイトルでもリードを開き
パワーステージはマニファクチャラーポイントにならない為
フィニッシュするだけのクルージングに徹した

オット・タナク(トヨタ)がフィニッシュラインを通過した
時点でトヨタがWRC(世界ラリー選手権)に復帰して3年目
トヨタGazooレーシングWRチームとしては初の
トヨタでは実に26年振りに表彰台独占を達成した☆

オット・タナク(トヨタ)はラリー・ドイチェランドを3連覇
シーズン5勝目でドライバーズタイトルでは2位に33ポイント
のリードを広げた
マニファクチャラータイトルでは首位ヒュンダイに
トヨタGazooレーシングWRチームが8ポイント差に迫った

セバスチャン・オジェ(シトロエン)が8位フィニッシュ
となりドライバーズタイトルでティエリー・ヌービル(ヒュンダイ)
が2位に浮上した

勝田貴元も無事に10位でフィニッシュしWRC(世界ラリー選手権)
WRカーデビュー戦にして初のドライバーズポイントを獲得した

シーズン中盤ではWタイトルは厳しいかなとも思いましたが
ここに来て現実味が帯びて来ました

次戦はラリー・ターキー(トルコ)となります
残り4戦最後までトヨタGazooレーシングWRチームを
御一緒に応援しましょう♡

☞WRC(世界ラリー選手権)2019第10戦ラリー・ドイチェランド「トヨタWタイトル獲得は3台目が重要!勝田貴元WRカーデビュー戦☆」【放送日程】

WRC2019第10戦ラリー・ドイチェランド DAY4
SS19後 総合順位

1 オット・タナク     (トヨタ)
  3:15’29.8
2 クリス・ミーク     (トヨタ)
  +20.8
3 ヤリマティ・ラトバラ  (トヨタ)
  +36.0
4 ダニ・ソルド      (ヒュンダイ)
  +46.6
5 ティエリー・ヌービル  (ヒュンダイ)
  +58.5
6 エサペッカ・ラッピ   (シトロエン)
  +1’42.2
7 アンドレアス・ミケルセン(ヒュンダイ)
  +1’46.2
8 セバスチャン・オジェ  (シトロエン)
  +1’56.3
9 ガス・グリーンスミス  (Mスポーツ・フォード)
  +6’22.2
10勝田貴元        (NONE/トヨタ)
  +8’19.2

☞TOYOTA GAZOO Racing 公式サイト

☞ラリー・ドイチェランド 公式サイト

☞WRC 公式サイト

☞2019年WRCカレンダー(世界ラリー選手権・スケジュール)「トヨタWRC復帰参戦3年目はWタイトル獲得へ!☆」

当サイトでは モータースポーツの活性化
自動車社会の向上復活 世界の景気回復wを願っています♡


RALLY PLUS - ラリープラス - vol.22


RALLY CARS Vol.24 MITSUBISHI LANCER EVOLUTION IV-VI (サンエイムック)


auto sport - オートスポーツ - 2019年 9/6号 No.1513


F1速報 2019年 9/5号 第12戦 ハンガリー GP


ギャルズパラダイス 2019 レースクイーンデビュー編 (サンエイムック)

posted by ぷらちゃん at 18:39| 千葉 ☁| Comment(0) | WRC観戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする