2019年08月25日

WRC(世界ラリー選手権)2019第10戦ラリー・ドイチェランドDAY3「戦車演習場をトヨタがトップ3で駆け抜ける!勝田貴元も10位☆」【動画】



WRC(世界ラリー選手権)2019第10戦ラリー・ドイチェランド(ドイツ)DAY3

「戦車演習場をトヨタがトップ3で駆け抜ける!勝田貴元も10位☆」

WRC(世界ラリー選手権)2019
ADAC ラリー・ドイチェランド

ラリー・ドイチェランドはターマックラリー(舗装路)
葡萄畑から戦車の演習場と変化に富んだステージを
WRカーが激走するシーンは美しさを感じます

WRC 世界ラリー選手権 2019
第10戦 ラリー・ドイチェランド

総走行距離:1228.23km
総ステージ走行距離:344.04km
SS数:19

☞WRC(世界ラリー選手権)2019第10戦ラリー・ドイチェランドDAY1・2「葡萄畑の激戦トヨタ3台上位快走!勝田貴元デビュー戦☆」【動画】

DAY3


WRC - ADAC Rallye Deutschland 2019: HIGHLIGHTS Stages 8-11


WRC - ADAC Rallye Deutschland 2019: Highlights Stages 12-15

トヨタGazooレーシングWRチームトヨタヤリス(日本名
ヴィッツ)がターマックラリー(舗装路)でワン・ツー・スリー
でラリー・ドイチェランド土曜日をフィニッシュしています☆

トヨタ本拠地フィンランドでの表彰台独占は期待していましたが
ターマックでワン・ツー・スリーのリザルトは想像していなかった
快挙です

2位を走行中のティエリー・ヌービル(ヒュンダイ)が
SS9でエンジンストールさせ再始動にタイムロスすると
最長ステージとなるSS13で左リアタイヤをパンクさせ
タイヤ交換で大きく順位を落としてしまう

激戦となっていた2位争いはこのSS13でクリス・ミーク
(トヨタ)とヤリマティ・ラトバラ(トヨタ)が
セバスチャン・オジェ(シトロエン)を逆転し2位・3位に浮上
トヨタがワン・ツー・スリー体制を築いた

更に土曜日最終ステージSS15ではセバスチャン・オジェ
(シトロエン)がフロントタイヤのパンクを喫し表彰台争いから
脱落してしまった

戦車演習場では一歩間違えると縁石と呼ぶには余りにも巨大な岩
のブロックでマシンを大破させてしまいます
クリス・ミーク(トヨタ)とヤリマティ・ラトバラ(トヨタ)は
マニファクチャラータイトルを意識して無理なアタックをせず
首位ヒュンダイの前で完走させる走りが功を奏していると言えます

金曜日パンクで順位を落としたダニ・ソルド(ヒュンダイ)が
激しいアタックで4位まで挽回しヒュンダイが4・5・6位と
3台続いている為マニファクチャラータイトルでは気を許せない

トミマキネンレーシングからWRC(世界ラリー選手権)を
トヨタヤリス(日本名ヴィッツ)WRカー初挑戦となる
勝田貴元(トミマキネンレーシング/トヨタ)は10位入賞
ポイント圏内にリザルトを刻んで来た

トヨタが表彰台を独占すると1993年のサアファリラリー以来の
26年振りとなるそうです☆

奇跡の瞬間をファイナルSSパワーステージの生中継観戦で
感動を分かち合いましょう♡

但し何度も繰り返される様にラリー特にWRC(世界ラリー選手権)
は最後まで何が起きるか判らないので心にゆとりを持って
観戦しましょうw

☞WRC(世界ラリー選手権)2019第10戦ラリー・ドイチェランド「トヨタWタイトル獲得は3台目が重要!勝田貴元WRカーデビュー戦☆」【放送日程】

WRC2019第10戦ラリー・ドイチェランド DAY3
SS15後 総合順位

1 オット・タナク     (トヨタ)
  2:27’21.9
2 クリス・ミーク     (トヨタ)
  +32.4
3 ヤリマティ・ラトバラ  (トヨタ)
  +41.8
4 ダニ・ソルド      (ヒュンダイ)
  +1’10.8
5 ティエリー・ヌービル  (ヒュンダイ)
  +1’35.2
6 アンドレアス・ミケルセン(ヒュンダイ)
  +1’37.3
7 エサペッカ・ラッピ   (シトロエン)
  +1’43.1
8 セバスチャン・オジェ  (シトロエン)
  +2’09.7
9 ガス・グリーンスミス  (Mスポーツ・フォード)
  +6’02.6
10勝田貴元        (NONE/トヨタ)
  +6’57.4

☞TOYOTA GAZOO Racing 公式サイト

☞ラリー・ドイチェランド 公式サイト

☞WRC 公式サイト

☞2019年WRCカレンダー(世界ラリー選手権・スケジュール)「トヨタWRC復帰参戦3年目はWタイトル獲得へ!☆」

当サイトでは モータースポーツの活性化
自動車社会の向上復活 世界の景気回復wを願っています♡


RALLY PLUS - ラリープラス - vol.22


RALLY CARS Vol.24 MITSUBISHI LANCER EVOLUTION IV-VI (サンエイムック)


auto sport - オートスポーツ - 2019年 9/6号 No.1513


F1速報 2019年 9/5号 第12戦 ハンガリー GP


ギャルズパラダイス 2019 レースクイーンデビュー編 (サンエイムック)

posted by ぷらちゃん at 17:15| 千葉 ☀| Comment(0) | WRC観戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月24日

WRC(世界ラリー選手権)2019第10戦ラリー・ドイチェランドDAY1・2「葡萄畑の激戦トヨタ3台上位快走!勝田貴元デビュー戦☆」【動画】



WRC(世界ラリー選手権)2019第10戦ラリー・ドイチェランド(ドイツ)DAY1・2

「葡萄畑の激戦トヨタ3台上位快走!勝田貴元デビュー戦☆」

WRC(世界ラリー選手権)2019
ADAC ラリー・ドイチェランド

ラリー・ドイチェランドはターマックラリー(舗装路)
葡萄畑から戦車の演習場と変化に富んだステージを
WRカーが激走するシーンは美しさを感じます

WRC 世界ラリー選手権 2019
第10戦 ラリー・ドイチェランド

総走行距離:1228.23km
総ステージ走行距離:344.04km
SS数:19

シェイクダウン・DAY1・2


WRC - ADAC Rallye Deutschland 2019: Shakedown Highlights


WRC - ADAC Rallye Deutschland 2019: Shakedown ONBOARD Sordo


WRC - ADAC Rallye Deutschland 2019: HIGHLIGHTS Stages 1-4


WRC - ADAC Rallye Deutschland 2019: ONBOARD Tänak SS04


WRC - ADAC Rallye Deutschland 2019: Highlights Stages 5-7

ターマックラリー(舗装路)のラリー・ドイチェランド
ぶどう畑を駆け抜ける金曜日のステージ
チャンピオン争いの3台が僅差で激戦を繰り広げ
トヨタGazooレーシングWRチーム
オット・タナク(トヨタ)がラリーをリードしています

挽回したいマニファクチャラータイトルでは
クリス・ミーク(トヨタ)とヤリマティ・ラトバラ(トヨタ)
が4位5位の好位置に付け
首位ヒュンダイの2番手アンドレアス・ミケルセン(ヒュンダイ)
の前で最終日まで完走したい

WRカーデビュー戦の勝田貴元(トミマキネンレーシング/トヨタ)
も11位で入賞ポイント獲得を狙える位置で金曜日を
フィニッシュしている

☞WRC(世界ラリー選手権)2019第10戦ラリー・ドイチェランド「トヨタWタイトル獲得は3台目が重要!勝田貴元WRカーデビュー戦☆」【放送日程】

WRC2019第10戦ラリー・ドイチェランド DAY2
SS7後 総合順位

1 オット・タナク     (トヨタ)
  59’12.4
2 ティエリー・ヌービル  (ヒュンダイ)
  +2.8
3 セバスチャン・オジェ  (シトロエン)
  +22.1
4 クリス・ミーク     (トヨタ)
  +25.6
5 ヤリマティ・ラトバラ  (トヨタ)
  +27.8
6 アンドレアス・ミケルセン(ヒュンダイ)
  +40.0
7 エサペッカ・ラッピ   (シトロエン)
  +52.9
8 ガス・グリーンスミス  (Mスポーツ・フォード)
  +1’05.5
9 ダニ・ソルド      (ヒュンダイ)
  +1’15.1
10カッレ・ロバンペラ   (WRC2PRO/シュコダ)
  +2’58.5

☞TOYOTA GAZOO Racing 公式サイト

☞ラリー・ドイチェランド 公式サイト

☞WRC 公式サイト

☞2019年WRCカレンダー(世界ラリー選手権・スケジュール)「トヨタWRC復帰参戦3年目はWタイトル獲得へ!☆」

当サイトでは モータースポーツの活性化
自動車社会の向上復活 世界の景気回復wを願っています♡


RALLY PLUS - ラリープラス - vol.22


RALLY CARS Vol.24 MITSUBISHI LANCER EVOLUTION IV-VI (サンエイムック)


auto sport - オートスポーツ - 2019年 9/6号 No.1513


F1速報 2019年 9/5号 第12戦 ハンガリー GP


ギャルズパラダイス 2019 レースクイーンデビュー編 (サンエイムック)

posted by ぷらちゃん at 18:56| 千葉 ☔| Comment(0) | WRC観戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月23日

WRC(世界ラリー選手権)2019第9戦ラリー・フィンランド総集編「表彰式を覆い隠すエストニア国旗!ドライバー選手権首位タナク(トヨタ)☆」【動画】



WRC(世界ラリー選手権)2019第9戦ラリー・フィンランド総集編

「表彰式を覆い隠すエストニア国旗!ドライバー選手権首位タナク(トヨタ)☆」

WRC(世界ラリー選手権)2019
NESTE・ラリー・フィンランド

トヨタワールドラリーチームの本拠地フィンランド
固いグラベルの高速コースと連続ジャンプを激走する!☆

WRC 世界ラリー選手権 2019
第9戦 ラリー・フィンランド

総走行距離:1373.67km
総ステージ走行距離:307.58km
SS数:23


WRC - Neste Rally Finland 2019: REVIEW / Event Highlights Clip


WRC - Neste Rally Finland 2019: TOP 5 Moments


WRC - Neste Rally Finland 2019: Onboard compilation


WRC - Neste Rally Finland 2019: Best of Action


WRC - Neste Rally Finland 2019: Slow-Motion compilation


WRC - Neste Rally Finland 2019: Toyota Onboard compilation

ラリー・フィンランドのヘッドクォーターとサービスが置かれる
ユバスキュラの表彰式で無数に棚引いているのは
青・黒・白のエストニア国旗です
2019シーズンドライバーズタイトルをリードする
オット・タナク(トヨタ)の出身国ですね

私がラリー・フィンランドに海外ラリー観戦した年も
エストニア国旗がはためいていましたが
これ程ではありませんでした

IMG_0002.jpg
撮影:2003年 ラリーフィンランド優勝 マルコ・マルティン

昨シーズンはトヨタがWRC(世界ラリー選手権)復帰2年目
にしてマニファクチャラータイトルを獲得し
今シーズンはドライバーズタイトルでリードを広げ
Wタイトル獲得には2台目のポイントと現在トップの
ヒュンダイの間に割って入る3台目が必要となっていますが

オット・タナク(トヨタ)は最多の4勝と絶好調なのに
対してヤリマティ・ラトバラ(トヨタ)が不調から脱出出来な
かったのをやっとシーズン初表彰台に立ちました

2019からトヨタに移籍したクリス・ミーク(トヨタ)は
速さは魅せ付けるのですがアクシデントが多発で
トヨタ本拠地フィンランドでの表彰台独占も消えてしまいました

オット・タナク(トヨタ)もトヨタに移籍する前はアクシデント
も多くタイヤバーストは現在も多いのですがw
走りをコントロール出来てこれ程安定して速いドライバーに
なるとは想像出来ませんでした

選手権ドライバーズタイトルはこのまま行けそうなので
何とか逆転してWタイトルを獲得出来る様に
残り5戦皆様御一緒に応援よろしくお願い致します♡

ラリー・フィンランド激戦の模様は動画と当サイトの記事で
お楽しみください♡

☞WRC(世界ラリー選手権)2019第9戦ラリー・フィンランドDAY1・2「トヨタ本拠地フィンランドでワンツー体制!表彰台独占が見えて来た☆」【動画】

☞WRC(世界ラリー選手権)2019第9戦ラリー・フィンランドDAY4「トヨタ本拠地フィンランド3連覇ダブル表彰台!タナク4勝目で選手権をリード☆」【動画】

☞WRC(世界ラリー選手権)2019第9戦ラリー・フィンランド「トヨタ復帰3年連続本拠地で優勝W表彰台!☆」トヨタGazooレーシング動画集!

☞WRC(世界ラリー選手権)2019第9戦ラリー・フィンランド「森と湖の未舗装路を激走し宙を舞う映像からマイナスイオンが溢れ出す!☆」ミシュランモータースポーツ動画集!

☞WRC(世界ラリー選手権)2019第9戦ラリー・フィンランド「タナクがトヨタ本拠地フィンランドで2連覇に向け激走!☆」【放送日程】

WRC2019第9戦ラリー・フィンランド 総合順位

1 オット・タナク     (トヨタ)
  2:30’40.3
2 エサペッカ・ラッピ   (シトロエン)
  +25.6
3 ヤリマティ・ラトバラ  (トヨタ)
  +33.2
4 アンドレアス・ミケルセン(ヒュンダイ)
  +53.4
5 セバスチャン・オジェ  (シトロエン)
  +56.1
6 ティエリー・ヌービル  (ヒュンダイ)
  +1’32.4
7 クレイグ・ブリーン   (ヒュンダイ)
  +1’38.2
8 テーム・スニネン    (Mスポーツ・フォード)
  +2’33.8
9 カッレ・ロバンペラ   (WRC2PRO/シュコダ)
  +7’54.1
10ニコライ・グリアジン  (WRC2/シュコダ)
  +10’28.7

☞TOYOTA GAZOO Racing 公式サイト

☞ラリー・フィンランド 公式サイト

☞WRC 公式サイト

☞WRC(世界ラリー選手権)2019第8戦ラリー・イタリア総集編「歴史は繰り返す!ラリーが日本を牽引した時代が必ず戻って来る☆」【動画】

☞WRC(世界ラリー選手権)2019第7戦ラリー・ポルトガル総集編「トラブルとアクシデントを撥ね退けトヨタのタナクが3勝目!☆」【動画】

☞WRC(世界ラリー選手権)2018シーズン総集編「波乱と激動のシーズンに復帰2年目トヨタがタイトル獲得!☆」【動画】

☞2019年WRCカレンダー(世界ラリー選手権・スケジュール)「トヨタWRC復帰参戦3年目はWタイトル獲得へ!☆」

今週末はラリー・ドイチェランド開催ですが
スーパーGT富士500マイル観戦のトラブル!?で
総集編が遅くなりました事をお詫び致します

☞WRC(世界ラリー選手権)2019第10戦ラリー・ドイチェランド「トヨタWタイトル獲得は3台目が重要!勝田貴元WRカーデビュー戦☆」【放送日程】

当サイトでは モータースポーツの活性化
自動車社会の向上復活 世界の景気回復wを願っています♡


RALLY PLUS - ラリープラス - vol.22


RALLY CARS Vol.24 MITSUBISHI LANCER EVOLUTION IV-VI (サンエイムック)


auto sport - オートスポーツ - 2019年 9/6号 No.1513


F1速報 2019年 9/5号 第12戦 ハンガリー GP


ル・マン24時間 2019 【特別付録】両面 ポスター (auto sport 特別編集)


ギャルズパラダイス 2019 レースクイーンデビュー編 (サンエイムック)

posted by ぷらちゃん at 15:28| 千葉 ☁| Comment(0) | WRC観戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする