2019年07月15日

2019F1第10戦イギリスGP決勝「ベッテル激突!ハミルトン順風受け地元最多勝ユニオンジャック靡かせる!☆」



2019F1第10戦イギリスGP決勝

「ベッテル激突!ハミルトン順風受け地元最多勝ユニオンジャック靡かせる!☆」

F1発祥の聖地シルバーストン・サーキットは開催の継続が
決まった週末 ブリティッシュウェザーの曇天の中
ドライコンディションが維持され激しいバトルが繰り広げられ
セーフティーカー導入のタイミングさえ母国グランプリの
ルイス・ハミルトン(メルセデス)に順風を吹かせ
イギリスGP最多優勝の6勝を達成しました☆

シルバーストン・サーキット
5.891km
コーナー数 18 時計回り
決勝 52Laps

イギリスとの時差は−8時間(サマータイム)

決勝のスタートは現地時間14時10分
(日本時間22時10分)となります

天候 曇り 気温 18.4℃ 路面温度 30.3℃
湿度 65.6% 風速 1.8m/秒 風向 東北東(参考)
気圧 1014.4hpa 
ドライコンディション

☞2019F1第10戦イギリスGP予選「フェラーリ謎のミディアム選択!?GB5連続阻止のボッタス☆」

決勝前のスタートグリッド上では「007」の特別ロゴを
纏ったレッドブルRB15マックス・フェルスタッペン
(レッドブル)のリアウィング右側エンドプレートの不具合が
見つかりFIAの許可を得て交換作業が行われた

トップ6でフェラーリ2台がソフトタイヤでのスタートに
注目が集まったが超高速サーキットでポールポジションの
バルテリ・ボッタス(メルセデス)がトップで駆け抜けると
舗装が新しくなり偶数グリットのグリップに不利とされた
2番グリッドのルイス・ハミルトン(メルセデス)が
ポジションを守った

フェラーリはセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)が
グリッドで3列目に並んだピエール・ガスリー(レッドブル)
の前に出て5番手のオープニングラップとなった

後方ではハースの2台が接触し2台共にパンクチャーで
ピットに戻りハードタイヤに交換したが
数ラップ後にリタイアしている

4ラップ目にはF1史上に残りそうなメルセデス2台が全開で
のバトルを繰り広げた!
ルイス・ハミルトン(メルセデス)がオーバーテイクすると
バルテリ・ボッタス(メルセデス)がクロスラインで取り戻す

11ラップ目にマックス・フェルスタッペン(レッドブル)と
セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)のバトルとなると
12ラップ目にはピエール・ガスリー(レッドブル)が
セバスチャン・ベッテルの不意を突いて5番手を奪い返したが
直後にピットインしハードタイヤに履き替えた

マックス・フェルスタッペン(レッドブル)のピットインでは
ミディアムからミディアムタイヤの交換で2ストップが確定し
同時にピットインしていたシャルル・ルクレール(フェラーリ)
にピットレーンで僅かに前方で並んで順位を上げた
アウトラップではシャルル・ルクレールが順位を奪い返した

メルセデスはトップのバルテリ・ボッタス(メルセデス)が
先にピットインしミディアムからミディアムタイヤの交換で
2ストップとなった

アントニオ・ジョビナッツィ(アルファロメオ)がハーフスピン
でコースオフしグラベルにマシンを止めるとセーフティーカー
導入となった

ルイス・ハミルトン(メルセデス)とセバスチャン・ベッテル
(フェラーリ)がセーフティーカーのタイミングでピットイン
しハードタイヤに履き替え1ストップで走り切るか!?
マックス・フェルスタッペン(レッドブル)も2度目のピット
インを済ませハードタイヤでコースに戻った
バルテリ・ボッタス(メルセデス)はもう一度ピットインが
必要な為トップを奪い返すのは厳しくなった

再スタートでも随所でバトルが繰り広げられ
シャルル・ルクレール(フェラーリ)がマックス・フェルスタッ
ペン(レッドブル)を弾き出す様に前に出たが順位を戻した
マックス・フェルスタッペンはピエール・ガスリー(レッドブル)
の前に出た

セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)をマックス・フェルス
タッペン(レッドブル)がオーバーテイクし3番手に上がるが
セバスチャン・ベッテルは背後に迫まると吸い込まれる様に
激しく追突!2台はスピンしコースオフ

マックス・フェルスタッペン(レッドブル)は5番手に順位を
落とすも何事も無かった様に猛チャージを続ける!
ターミネーター「ミハエル・シューマッハ」の再来か!?w

セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)はフロントノーズを
交換し更に10秒ペナルティが科された

ピエール・ガスリー(レッドブル)を躱していたシャルル・
ルクレール(フェラーリ)がこのアクシデントで3番手に戻り
ピエール・ガスリーも4番手に

バルテリ・ボッタス(メルセデス)はピットインソフトタイヤに
履き替えて2番手のポジションでコースに戻ると
ファーステストラップを狙いに行く

ルイス・ハミルトン(メルセデス)は何度かチームからピットイン
を促されたがそのままステイしファイナルラップでは
スムーズな走りでウィニングランの様であったが
使い込んだハードタイヤでファーステストラップを叩き出して
しまった

ルイス・ハミルトン(メルセデス)は地元のシルバーストンを
ゆっくりと周回しマシンを止めるとマーシャルからユニオンジャック
を受け取り靡かせながらメインストレートに戻って来た

ホンダパワーではピエール・ガスリー(レッドブル)が自己最高位
タイの4位でフィニッシュし
マックス・フェルスタッペン(レッドブル)が5位
ダニール・クビアト(トロロッソ)が9位で入賞
アレクサンダー・アルボン(トロロッソ)はミディアムタイヤで
ワンストップの力走を魅せたが残り2ラップで10番手から
力尽きて12位に落としてしまった

イギリスGPなのでルイス・ハミルトン(メルセデス)が主役の
レースでも許せる気がしますw
セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)の追突には驚きましたが
パルクフォルメでマックス・フェルスタッペン(レッドブル)と
握手しながら謝罪していたので嬉しい感情も溢れました♡

☞2019F1第10戦イギリスGP「聖地シルバーストンを征すのは復調か好調それとも新星!?☆」【放送日程】

☞2019F1GPカレンダー(スケジュール・日程)「ドライバー変更に沸くF1は年間21戦☆熱いシーズンは最終戦12月へ突入!」

☞2019F1GPチーム&ドライバーラインナップ「劇的大シャッフルで下剋上は起きるか!?」

2019F1第10戦イギリスGP決勝結果

1 ルイス・ハミルトン    メルセデス
  1:21’08.452(52Laps)
2 バルテリ・ボッタス    メルセデス
  +24.928
3 シャルル・ルクレール   フェラーリ 
  +30.117
4 ピエール・ガスリー    レッドブル
  +34.692
5 マックス・フェルスタッペンレッドブル
  +39.458
6 カルロス・サインツjr  マクラーレン
  +53.639
7 ダニエル・リカルド    ルノー
  +54.401
8 キミ・ライコネン     アルファロメオ
  +1’05.540
9 ダニール・クビアト    トロロッソ
  +1’06.720
10ニコ・ヒュルケンベルグ  ルノー
  +1’12.733

☞Formula1レジスタードマーク The Official

当サイトでは モータースポーツの活性化
自動車社会の向上復活 世界の景気回復wを願っています♡


F1速報 2019年 7/18号 第9戦 オーストリア GP [ ホンダ 優勝 ]


auto sport - オートスポーツ - 2019年 7/19号 No.1510


GP CAR STORY Vol.28 Wolf WR1 (サンエイムック)


ル・マン24時間 2019 【特別付録】両面 ポスター (auto sport 特別編集)


RALLY PLUS - ラリープラス - vol.21


ギャルズパラダイス 2019 スーパーGTレースクイーン オフィシャルガイドブック (サンエイムック)

posted by ぷらちゃん at 11:41| 千葉 ☔| Comment(0) | F1観戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする