2019年06月23日

2019スーパーフォーミュラ第3戦スポーツランドSUGO決勝「終盤に菅生の魔物が目を覚ますも山本尚貴移籍後初優勝を捧げる!☆」



SUPER FORMULA Rd.3 SPORTSLAND SUGO

「終盤に菅生の魔物が目を覚ますも山本尚貴移籍後初優勝を捧げる!☆」

2019 SUPER FORMULA Rd.3

SPORTSLAND SUGO

6.22 SAT  6.23 SUN

SFSUGO.png

2019年 全日本スーパーフォーミュラ選手権
第3戦 スポーツランドSUGO決勝

☞スポーツランドSUGO

天候 曇り 気温 24℃ 路面温度 33℃
湿度 69.5% 風速 2.2m/秒 風向 南南西(参考)
気圧 980.8hpa(現地気圧) 
ドライコンディション

※気象データは参考ですが正確に近付ける為に
 予告無しに更新する場合が有ります

☞2019スーパーフォーミュラ第3戦スポーツランドSUGO予選「レコードタイム続出!波乱シャッフル状態?状況判断の山本尚貴ポール獲得☆」

心配された天候は雲が多目ながら晴れ間を覗かせるドライ
コンディションで決勝レースを迎えた

決勝スタートはソフトタイヤとミディアムタイヤ選択が
真っ二つに分かれポールポジションの山本尚貴選手は
ソフトタイヤ2番グリッド野尻智紀選手はミディアムタイヤ
でのスタートとなった

山本尚貴選手を先頭に綺麗なスタートが切られると
1ラップ消化でミディアムタイヤ選択のマシンが続々とピット
インしソフトタイヤに履き替えタイヤ交換義務を消化する
無給油を選択するマシンも有る中 小林可夢偉選手は僅かに
給油を行い 野尻智紀選手にニック・キャシディ選手等が
無給油でピット時間を短縮した模様

序盤各所でバトルが繰り広げられるが7番手関口雄飛選手と
8番手中嶋一貴選手のバトルが続いた

唯一平川亮選手がミディアムタイヤで走行を続け21ラップ目
にソフトタイヤに交換している

魔物が潜む菅生であるがセーフティーカー導入が予想されるも
中盤を過ぎてもクリアなレースが続いている

50ラップ目5番手走行のハリソン・ニューウェイ選手が
ピットインするとマシン後部から出火!
消火作業されドライバーはマシンを降りリタイアとなる

52ラップ目トップの山本尚貴選手がピットイン実質トップで
コースに戻った直後
ピットアウトする牧野任祐選手が挙動を乱しラインをカット
マシンを振ら付かせながらピットインせずに周回を重ねるが
その後タイヤ4本を再び交換して復帰した模様

終盤慌ただしくなって来た菅生の森で56ラップ目
4番手走行の野尻智紀選手が第1コーナーでルーカス・アウアー
選手のインを差すとオーバースピードでスピンしコースオフ!
到頭セーフティーカーが導入された

トップ山本尚貴選手と2番手ルーカス・アウアー選手の間には
2台の周回遅れが入りレース再開では全開でリードを広げるが
再開直後に坪井翔選手が単独スピンでコースを塞ぎ
再びセーフティーカーが導入される

66ラップ目セーフティーカーが解除され再スタートが
オ切られるとーバーテイクシステムを使い切りながら3番手まで
浮上した小林可夢偉選手がルーカス・アウアー選手をオーバー
テイクし2番手に躍り出る

ファイナルラップにはオーバーテイクシステムを使い切る
激しい3位表彰台争いが繰り広げられるが

山本尚貴選手が腕を突き上げてポールトゥウィンを喜び
Docomoダンディライアンに移籍して初の優勝を捧げた☆

予選Q3がフルアタック出来ない不完全燃焼からの決勝だったが
チャンピオン山本尚貴選手が盤石の展開でレースをリードし
小林可夢偉選手の逆襲も予選結果から予感していたので
ドライコンディションで良いレース観戦が出来た事を嬉しく
思います♡

☞2019スーパーフォーミュラ第3戦スポーツランドSUGO「世界チャンピオン中嶋一貴選手凱旋レース☆予選は抽選組み分け」【放送日程】

2019スーパーフォーミュラ第3戦スポーツランドSUGO決勝 結果

1  1 山本尚貴        1:27’37.593
2 18 小林可夢偉       +3.127
3 50 ルーカス・アウアー   +4.820
4 37 ニック・キャシディ   +5.621
5 64 アレックス・パロウ   +5.720
6  5 福住仁嶺        +8.060
7  3 山下健太        +8.149
8 38 石浦宏明        +10.061

☞2019全日本スーパーフォーミュラ選手権 開催スケジュール【日程】

☞スポーツランドSUGO

☞SUPER FORMULA Official Website

当サイトでは モータースポーツの活性化
自動車社会の向上復活 世界の景気回復wを願っています♡


auto sport - オートスポーツ - 2019年 7/5号 No.1509


F1速報 2019年 6/27号 第7戦 カナダ GP


2018 スーパーGT公式ガイドブック 【2大付録】5月始まりGTカレンダー / 2018全車総覧ポスター (auto sport 臨時増刊)


RALLY PLUS - ラリープラス - vol.21


ギャルズパラダイス 2019 スーパーGTレースクイーン オフィシャルガイドブック (サンエイムック)

posted by ぷらちゃん at 19:31| 千葉 ☁| Comment(0) | モータースポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019F1第8戦フランスGP予選「予選Q3プロバンスの風は急変しベッテルの行く手を阻む!☆」



2019F1第8戦フランスGP予選

「予選Q3プロバンスの風は急変しベッテルの行く手を阻む!☆」

F1グランプリ 今週末はフランスGP!
10年振り復活から2年目のフランスグランプリ
南仏プロバンスの丘は地中海の風が悪戯する!?

ポール・リカール・サーキット
5.842km
コーナー数 15 時計回り
決勝 53Laps

フランスとの時差は−7時間(サマータイム)

決勝のスタートは現地時間15時10分
(日本時間22時10分)となります

天候 晴れ 気温 26.3℃ 路面温度 54.2℃
湿度 48.6% 風速 1.8m/秒 風向 東南東(参考)
気圧 1010.8hpa 
ドライコンディション

2019F1第8戦フランスGPに持ち込まれたピレリタイヤは
中央寄りのコンパウンドC2・C3・C4の3種類
プロバンスの丘は晴天に恵まれ路面温度は50℃を超え
ソフトタイヤよりミディアムタイヤのタイムアタックが
マネジメントの容易な状態となっている

ホンダパワーはフランスGPにスペック3を導入し
ダニール・クビアト(トロロッソ)は4基目に達し決勝グリッドは
最後尾が決まっているので予選通過タイムを刻んで予選を17位で
終了している

トップ10の決勝スタートタイヤが決まる予選Q2では
見事に上位9台がミディアムタイヤを選択しタイムを刻んだので
決勝レースでの優位性は損なわれた

ルイス・ハミルトン(メルセデス)がコースレコードを叩き出し
トップタイムを刻むとバルテリ・ボッタス(メルセデス)が続いた

予選Q3中盤で風向きが変わるとセバスチャン・ベッテル
(フェラーリ)がアタックを中断しピットに戻った為回生エネルギー
のディプロイを失っていた

ルイス・ハミルトン(メルセデス)がレコードタイムを更新しての
79回目のポールポジションを獲得
バルテリ・ボッタス(メルセデス)は僅かなミスで予選2位で
メルセデスがフロントローを独占

出身地モナコに近いポール・リカールでシャルル・ルクレール
(フェラーリ)が予選3位のリザルトを刻み
マックス・フェルスタッペン(レッドブル)が予選4位の
セカンドローに並んだ

マクラーレンの2台が予選5位6位に食い込み決勝スタート3列目
を獲得しチームは嬉しさを隠せない

セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)は風の影響を受け(?)
予選7位に沈んだ

ホンダパワーのピエール・ガスリー(レッドブル)は予選Q3進出も
9位のリザルトに終わった

目の回りそうなランオフエリアwのポール・リカール・サーキットで
決勝レースもスペック3導入のホンダパワーを応援しよう♡

☞2019F1第8戦フランスGP「南仏プロバンス地中海の風で暗雲を振り払え!☆」【放送日程】

☞2019F1GPカレンダー(スケジュール・日程)「ドライバー変更に沸くF1は年間21戦☆熱いシーズンは最終戦12月へ突入!」

☞2019F1GPチーム&ドライバーラインナップ「劇的大シャッフルで下剋上は起きるか!?」

2019F1第8戦フランスGP予選結果

1 ルイス・ハミルトン    メルセデス  
  1’28.319
2 バルテリ・ボッタス    メルセデス
  1’28.605
3 シャルル・ルクレール   フェラーリ
  1’28.965
4 マックス・フェルスタッペンレッドブル
  1’29.409
5 ランド・ノリス      マクラーレン
  1’29.418
6 カルロス・サインツjr  マクラーレン
  1’29.522
7 セバスチャン・ベッテル  フェラーリ
  1’29.799
8 ダニエル・リカルド    ルノー
  1’29.918
9 ピエール・ガスリー    レッドブル
  1’30.184
10アントニオ・ジョビナッツィアルファロメオ
  1’33.420

☞Formula1レジスタードマーク The Official

当サイトでは モータースポーツの活性化
自動車社会の向上復活 世界の景気回復wを願っています♡


F1速報 2019年 6/27号 第7戦 カナダ GP


auto sport - オートスポーツ - 2019年 7/5号 No.1509


RALLY PLUS - ラリープラス - vol.21


ギャルズパラダイス 2019 スーパーGTレースクイーン オフィシャルガイドブック (サンエイムック)

posted by ぷらちゃん at 12:59| 千葉 ☁| Comment(0) | F1観戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月22日

2019スーパーフォーミュラ第3戦スポーツランドSUGO予選「レコードタイム続出!波乱シャッフル状態?状況判断の山本尚貴ポール獲得☆」



SUPER FORMULA Rd.3 SPORTSLAND SUGO

「レコードタイム続出!波乱シャッフル状態?状況判断の山本尚貴ポール獲得☆」

2019 SUPER FORMULA Rd.3

SPORTSLAND SUGO

6.22 SAT  6.23 SUN

SFSUGO.png

2019年 全日本スーパーフォーミュラ選手権
第3戦 スポーツランドSUGO

☞スポーツランドSUGO

天候 小雨 気温 20.9℃ 路面温度 24℃
湿度 81.5% 風速 2.2m/秒 風向 南南東(参考)
気圧 981.2hpa(現地気圧) 
ドライコンディション/セミウェットコンディション

※気象データは参考ですが正確に近付ける為に
 予告無しに更新する場合が有ります

開幕から雨に翻弄されるスーパーフォーミュラは第3戦SUGO
予選日には小雨から降りそうで降らない微妙な難しさが
結果を左右した!?

スポーツランドSUGOは前兆3.7キロと短いサーキット
なので20台のフォーミュラカーの車間を取る為に予選Q1を
A・Bの2組に抽選で分けられ実施され同じチームの2台は
振り分けられた

予選Q1A組では一度クールダウンを入れた平川亮選手が
ノックアウトゾーンからラストアタックでトップタイムを
叩き出し
開幕戦優勝のニック・キャシディ選手が予選Q1A組7位に
弾き出された

予選Q1B組では雨が降り出す可能性を警戒して関口雄飛選手
が早いタイミングでアタックを開始したがウェットコンディ
ションまで変化には至らず予選Q1敗退となってしまう

ラストアタックのタイミングを合わせ小林可夢偉選手が
ノックアウトゾーンからB組を3位で通過して魅せた

ル・マン24時間を2連覇しWEC(世界耐久選手権)で
世界チャンピオンとなり凱旋レースとなった中嶋一貴選手は
残念ながらB組で予選Q1敗退となってしまった

各組10台が10分間で4台が降り落とされる予選Q1は
路面コンディションが変化する中ミディアムタイヤ指定で
マシンとドライバーが高いレベルで均衡するスーパーフォー
ミュラではアタックのタイミングだけでQ1敗退が決まって
しまうので
各組のQ1敗退台数は2台が妥当だと感じます

冷たい空気が流れ込みドライコンディションが維持された
予選Q2でスーパーフォーミュラのダウンフォースと
フロントタイヤ幅が広がったSF19でソフトタイヤの
アタックで山本尚貴選手がレコードタイムを叩き出すと
そのままトップタイム通過し
予選Q2敗退の9位平川亮選手までがレコードタイムだった

予選Q3では若干雨粒が落ち始めマシンの跡がクッキリ残る
状況の中を全マシンがドライタイヤでコースインして行く

残り時間2分を切りアタックに入る加速を始めると
TCS中嶋レーシングのアレックス・パロウ選手と牧野任祐選手
が立て続けにSPコーナーで単独コースオフクラッシュ!
ドライバーは無事であったがアレックス・パロウ選手が
バリアクッションを弾き飛ばしガードレールが剥き出しになって
いただけに危険な状態であった

赤旗で残り時間1分24秒終了となってしまいアタックタイムを
刻んだのは山本尚貴選手一人だけとなってしまいました
バリアクッションの散乱や天候の問題から終了の判断は妥当と
思われますが
決勝スタートグリッドはこの予選方式で決まってしまったのは
少し残念です
WRC(世界ラリー選手権)であれば救済処置で
山本尚貴選手のポールポジションは変わらないので予選Q2の
リザルトを流用したと思われます

山本尚貴選手はこの予選でのポールポジションは喜べないと
インタビューに応えていましたが
天候や路面変化を読んだ流石チャンピオンの対応力なので
冷静沈着にドヤ顔で対応して貫録を魅せて欲しいですね

決勝スタートグリッドは波乱のシャッフル状態で菅生の魔物が
見え隠れしています

決勝レースも天候が心配ですがドライコンディションでの
バトルを期待したいですね♡

☞2019スーパーフォーミュラ第3戦スポーツランドSUGO「世界チャンピオン中嶋一貴選手凱旋レース☆予選は抽選組み分け」【放送日程】

2019スーパーフォーミュラ第3戦スポーツランドSUGO予選 結果

1  1 山本尚貴        1’04.532
2 16 野尻智紀        1’10.761
3 50 ルーカス・アウアー   1’11.475
4 17 塚越広大        1’12.172
5 18 小林可夢偉       1’12.808
6  5 福住仁嶺        1’13.892
7 65 牧野任祐        
8 64 アレックス・パロウ   

※64・65は赤旗の原因クラッシュでQ3タイム抹消

☞2019全日本スーパーフォーミュラ選手権 開催スケジュール【日程】

☞スポーツランドSUGO

☞SUPER FORMULA Official Website

当サイトでは モータースポーツの活性化
自動車社会の向上復活 世界の景気回復wを願っています♡


auto sport - オートスポーツ - 2019年 7/5号 No.1509


F1速報 2019年 6/27号 第7戦 カナダ GP


2018 スーパーGT公式ガイドブック 【2大付録】5月始まりGTカレンダー / 2018全車総覧ポスター (auto sport 臨時増刊)


RALLY PLUS - ラリープラス - vol.21


ギャルズパラダイス 2019 スーパーGTレースクイーン オフィシャルガイドブック (サンエイムック)

posted by ぷらちゃん at 21:35| 千葉 ☁| Comment(0) | モータースポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする