2019年05月26日

2019スーパーGT第3戦 鈴鹿300キロ500クラス決勝「一番暑い5月の鈴鹿はレクサスの激戦で表彰台を独占!☆」



2019 SUPER GT 第3戦 鈴鹿300キロ GT500決勝

「一番暑い5月の鈴鹿はレクサスの激戦で表彰台を独占!☆」

スーパーGT第3戦鈴鹿300キロ決勝レースは晴天の
ドライコンディションで迎えた

2019 AUTOBACS SUPER GT Round 3
SUZUKA GT 300km RACE
2019.5.25 sat− 26 sun
SUZUKA CIRCUIT

3269_19r03_image.jpg

☞SUPER GT公式HP

☞2019スーパーGT第3戦 鈴鹿300キロ500クラス予選「人と違う道を行け☆髭面の関口雄飛3年振りポール獲得!」

天候 晴れ 気温 29.3℃ 路面温度 44.7℃
湿度 32.2% 風速 1.5m/秒 風向 東南東(参考)
気圧 1011.0hpa
ドライコンディション

予想されたより路面温度は低目に推移しタイヤチョイスに
影響を与えるのでしょうか!?

第3戦目にしてシーズン初の県警パトカー先導のパレードラップ
が行われフォーメーションラップからローリングスタートが
綺麗に切られた☆

ポールポジションからはau TOM’S LC500 36号車
中嶋一貴選手 続いてKeePer TOM′S LC500
37号車 平川亮選手がリードを広げて行く

リアライズコーポレーション ADVAN GT-R 24号車
ヤン・マーデンボロー選手にはスタートコントロールライン前に
追い越しが有りドライブスルーペナルティが科された

300クラスマシンが絡んで来るとWAKO’S 4CR
LC500 6号車 山下健太選手がジワジワ順位を上げて行く

17ラップ目に開幕から2戦連続2位表彰台ポイントリーダーで
ウエイトハンディ49で一番重いMOTUL AUTECH
GT-R 23号車 ロニー・クインタレッリ選手が130Rで
マシンのコントロールを失ったままコースオフ!
セーフティーカーが導入された

CRAFTSPORTS MOTUL GT-R 3号車 平手晃平
選手にセーフティーカー中のオーバーランでペナルティストップ
10秒が科された

リードが帳消しになり22ラップ目に再スタートが切られると
後方集団でドライバー交代のピットインが始まり
次の周回にトップのau TOM’S LC500 36号車と
3番手のWAKO’S 4CR LC500 6号車がピットイン

更に1周遅れでKeePer TOM′S LC500 37号車が
ニック・キャシディ選手に交代したアウトラップでは
au TOM’S LC500 36号車の前に出るが
タイヤが温まっていない為4番手に順位を下げる

au TOM’S LC500 36号車 関口雄飛選手
WAKO’S 4CR LC500 6号車 大嶋和也選手
KeePer TOM′S LC500 37号車 ニック・キャシ
ディ選手の実質トップ3のレクサスバトルが始まり
ARTA NSX-GT 8号車 野尻智紀選手が続いた

KeePer TOM′S LC500 37号車 ニック・キャシ
ディ選手とWAKO’S 4CR LC500 6号車 大嶋和也
選手が抜きつ抜かれつのバトルを繰り広げながら
au TOM’S LC500 36号車 関口雄飛選手を追撃する

31ラップを終えKEIHIN NSX-GT 17号車 塚越広大
選手がピットレーン出口でマシンをストップ!

5番手走行中のMOTUL MUGEN NSX-GT 16号車
中嶋大祐選手が36ラップ目左リアタイヤをバースト!
ピットインを強いられ4本のタイヤを交換

残り10ラップ5番手走行中のRAYBRIG NSX-GT
1号車 ジェンソン・バトン選手が300クラスマシンに接触
され左フロントタイヤをバースト!ピットインで最後尾まで
順位を落とす

ファイナルラップに入る直前にカルソニック IMPUL GT-R
12号車 佐々木大樹選手がメインストレートでスローダウン
ピットレーン出口にマシンを止める

3台のレクサスLC500激戦はファイナルラップまで続くが
au TOM’S LC500 36号車 関口雄飛選手がタイヤの
摩耗に苦しみながらもトップを守り切ってポールトゥウィンで
1年振りの優勝☆TOM’Sがワンツーフィニッシュ☆
レクサスLC500が表彰台を独占した☆
関口雄飛選手は絶好調先週のスーパーフォーミュラと連続で
優勝☆

関口雄飛選手の髭は験を担いだチームオーダーで剃られて
いなかったw

一番暑い5月の鈴鹿300キロは熱いバトルが繰り広げられた

☞2019スーパーGT第3戦 鈴鹿300キロ300クラス予選「存続を懸けたHOPPY86マザーシャーシがポール獲得!☆」

☞2019スーパーGT第3戦 鈴鹿300キロ「週末の鈴鹿サーキットは晴れ!☀真の速さが試される時がやっと来た!☆」【放送日程】

☞2019SUPER GTスケジュール「観客動員数日本一海外戦を含めた全8戦で開催!☆」

2019 SUPER GT 第3戦 SUZUKA GT 300km RACE
GT500 決勝結果


1 36 au TOM’S LC500
     1:47’21.606 (52Laps)
2 37 KeePer TOM′S LC500
     +8.071
3  6 WAKO’S 4CR LC500
     +10.534
4  8 ARTA NSX-GT
     +16.826
5 39 DENSO KOBELCO SARD LC500
     +34.340
6 38 ZENT CERUMO LC500
     +42.353
7 19 WedsSport ADVAN LC500
     +56.487
8 24 リアライズコーポレーション ADVAN GT-R
     +1’07.597
9  3 CRAFTSPORTS MOTUL GT-R
     +1’08.234
1012 カルソニック IMPUL GT-R
     +1Lap
1164 Modulo Epson NSX-GT
     +1Lap
1216 MOTUL MUGEN NSX-GT
     +1Lap
13 1 RAYBRIG NSX-GT
     +1Lap
1417 KEIHIN NSX-GT
     +21Laps
  23 MOTUL AUTECH GT-R
     +36Laps

☞鈴鹿サーキット WEBサイト

☞SUPER GT公式HP

当サイトでは モータースポーツの活性化
自動車社会の向上復活 世界の景気回復wを願っています♡


auto sport - オートスポーツ - 2019年 6/7号 No.1507


F1速報 2019年 5/30号 第5戦 スペイン GP


2019 スーパーGT公式ガイドブック (auto sport 臨時増刊)


RALLY PLUS - ラリープラス - vol.21


ギャルズパラダイス 2019 スーパーGTレースクイーン オフィシャルガイドブック (サンエイムック)

posted by ぷらちゃん at 21:37| 千葉 | Comment(0) | スーパーGT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019スーパーGT第3戦 鈴鹿300キロ300クラス予選「存続を懸けたHOPPY86マザーシャーシがポール獲得!☆」



2019 SUPER GT 第3戦 鈴鹿300キロ GT300予選

「存続を懸けたHOPPY86マザーシャーシがポール獲得!☆」

開幕から雨の荒天に翻弄されたスーパーGTは第3戦鈴鹿で
晴天ドライコンディションの週末を迎えるが
記録史上最高に暑い5月となり路面温度は50℃を超える

2019 AUTOBACS SUPER GT Round 3
SUZUKA GT 300km RACE
2019.5.25 sat− 26 sun
SUZUKA CIRCUIT

3269_19r03_image.jpg

☞SUPER GT公式HP

天候 晴れ 気温 29.4℃ 路面温度 50.9℃
湿度 19.5% 風速 2.3m/秒 風向 東南東(参考)
気圧 1011.5hpa
ドライコンディション

予選Q1残り時間3分40秒ヘアピンコーナーで
PACIFIC MIRAI AKARI NAC PORSCHE
9号車 峰尾恭輔選手がコースオフしスポンジバリアに
マシンサイドから激突し即時に赤旗中断となった

タイムアタックのタイミングでの赤旗 タイムを刻む前の
マシンも多く残り時間4分で再開された予選Q1も
アタックチャンスは1ラップのみとなりタイヤの温めも
ままならずタイムを伸ばせなかった

既にトップタイムを刻んでいたADVICS マッハ車検
MC86 マッハ号 5号車 坂口夏月選手が予選Q1を1位で
通過し トップ3がマザーシャーシ勢となった

予選Q2では残り時間4分からアタックが始まると
HOPPY 86 MC 25号車 松井孝允選手が26秒台に届く
勢いでトップタイムを叩き出す

ADVICS マッハ車検 MC86 マッハ号 5号車 平木湧也
選手は最後にアタックを始めるが2番手タイム

K-tunes RC F GT3 96号車 阪口晴南選手が予選
2位に食い込んだ

灼熱5月の鈴鹿を征するのはマザーシャーシかGT3か!?
決勝レース鈴鹿サーキットは晴天ドライコンディションで
待ち受けている♡

☞2019スーパーGT第3戦 鈴鹿300キロ500クラス予選「人と違う道を行け☆髭面の関口雄飛3年振りポール獲得!」

☞2019スーパーGT第3戦 鈴鹿300キロ「週末の鈴鹿サーキットは晴れ!☀真の速さが試される時がやっと来た!☆」【放送日程】

☞2019SUPER GTスケジュール「観客動員数日本一海外戦を含めた全8戦で開催!☆」

2019 SUPER GT 第3戦 SUZUKA GT 300km RACE
GT300 予選結果


1 25 HOPPY 86 MC
     1’57.008
2 96 K-tunes RC F GT3
     1’57.134
3  5 ADVICS マッハ車検 MC86 マッハ号
     1’57.571
4 61 SUBARU BRZ R&D SPORT
     1’57.587
5 10 GAINER TANAX triple A GT-R
     1’57.609
6  4 グッドスマイル 初音ミク AMG
     1’57.909
7 34 Modulo KENWOOD NSX GT3
     1’57.935
8 360RUNUP RIVAUX GT-R
     1’57.951
9 55 ARTA NSX GT3
     1’58.343
1088 マネパ ランボルギーニ GT3
     1’58.435
1121 Hitotsuyama Audi R8 LMS
     1’58.436
1211 GAINER TANAX GT-R
     1’58.508
1331 TOYOTA GR SPORT PRIUS PHV apr GT
     1’58.582
14720McLaren 720S
     1’59.941
1533 エヴァRT初号機 X Works GT-R
     1’59.969
16 2 シンティアム・アップル・ロータス
     2’02.727

☞鈴鹿サーキット WEBサイト

☞SUPER GT公式HP

当サイトでは モータースポーツの活性化
自動車社会の向上復活 世界の景気回復wを願っています♡


auto sport - オートスポーツ - 2019年 6/7号 No.1507


F1速報 2019年 5/30号 第5戦 スペイン GP


2019 スーパーGT公式ガイドブック (auto sport 臨時増刊)


RALLY PLUS - ラリープラス - vol.21


ギャルズパラダイス 2019 スーパーGTレースクイーン オフィシャルガイドブック (サンエイムック)

posted by ぷらちゃん at 13:22| 千葉 | Comment(0) | スーパーGT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019F1第6戦モナコGP予選「ハミルトンが追悼の大逆転ポールポジションを涙で捧げる☆」



2019F1第6戦モナコGP予選

「ハミルトンが追悼の逆転ポールポジションを涙で捧げる☆」

ルイス・ハミルトン(メルセデス)をマクラーレンから
メルセデスに移籍させ黄金時代を築き上げた恩人ニキ・ラウダ氏
の逝去に大逆転でポールポジションを涙声で捧げた☆

モンテカルロ市街地サーキット
3.340km
コーナー数 19 時計回り
決勝 78Laps

モナコとの時差は−7時間(サマータイム)

決勝のスタートは現地時間13時10分
(日本時間22時10分)となります

天候 晴れ 気温 21℃ 路面温度 44℃
湿度 64% 風速 3m/秒 風向 東南(参考)
気圧 1014hpa 
ドライコンディション

F1参戦2年目にフェラーリに移籍し母国グランプリを迎える
シャルル・ルクレール(フェラーリ)は土曜日フリー走行を
トップタイムで予選に臨んだ

セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)は土曜日フリー走行で
ガードレールにフロントから突っ込みマシン修復を予選に
間に合わせたが 予選Q1でもガードレールに接触し
残り時間3分ピットに戻り その間にノックアウトゾーンに
押し出されるがワンラップに懸けコースイン
トップタイムで予選Q1を通過した

シャルル・ルクレール(フェラーリ)は重量計測を通り過ぎ
クルーに押し戻されるが その後のアタックを行わなかった為
セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)のQ1通過と引き換えに
まさかの予選Q1敗退となってしまった

フェラーリチームは同じミスを何度繰り返すのだろう?
選りによってシャルル・ルクレール(フェラーリ)の母国GP
抜けないモナコで最も後方からスタートしなくてはいけないとは

予選Q2トップ10の決勝スタートタイヤが決まるが予選中に
ソフトタイヤ以外を装着するマシンは1台も無かった
モナコGPに持ち込まれたタイヤはC3・C4・C5の最も
柔らかい側3種類でC5はシーズン初導入である

バルテリ・ボッタス(メルセデス)が驚異の10秒台レコード
タイムを叩き出しモンテカルロ市街地サーキットで平均速度を
170km/hに突入させた

ロマン・グロージャン(ハース)のアタックを進路妨害したとし
てピエール・ガスリー(レッドブル)が審議対象になってしまう

アレクサンダー・アルボン(トロロッソ)がラストアタックで
セクタータイムを自己ベストで繋ぎ初の予選Q3進出を決め
ホンダパワー4台が揃って初めての予選Q3を戦う

予選Q3でもセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)は
ガードレールにタッチしてしまいフロントローを獲得する事は
出来なかった 衝撃を最小限に抑えアタックを続けたのは流石
だがこれ程までにモンテカルロのガードレールとキスしてしまい
決勝レースを走り切れるのだろうか?不安になってしまう

セカンドロー3位を獲得したのはホンダパワー搭載のレッドブル
マックス・フェルスタッペン(レッドブル)
決勝でのスタートとオープニングラップに注目したい

予選Q3でも再び10秒台でレコードタイムを更新した
バルテリ・ボッタス(メルセデス)だったが
ルイス・ハミルトン(メルセデス)のラストアタックで
セクター1トップタイム セクター2を自己ベストで刻み
僅か100分の8秒差でバルテリ・ボッタスを大逆転し
モナコGP2度目のポールポジションを獲得し
ヘルメットを外す前のチームラジオでは涙声でニキ・ラウダ氏に
捧げた☆

シャルル・ルクレール(フェラーリ)は土曜フリー走行で
バーチャルセーフティーカー中に指示を守らなかったが
注意だけの甘い制裁を受けていたが重量計測を通り過ぎた件では
予選終了後に審議の対象となった
アゼルバイジャンGPフリー走行時ピエール・ガスリー
(レッドブル)は重量計測を完全にスルーしてしまい
ピットレーンスタートの裁定が下されている

伝統のモナコグランプリ今回はニキ・ラウダ氏の追悼で
ルイス・ハミルトン(メルセデス)に優勝を捧げて貰うのも
良いかな?
シャルル・ルクレール(フェラーリ)が何処まで挽回するか?
セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)は大丈夫なの!?
ホンダパワーには4台完走して貰いたいですね♡

☞2019F1第6戦モナコGP「訃報 伝統のモナコGPを目前に伝説の王者ニキ・ラウダ氏急逝★」【放送日程】

☞2019F1GPカレンダー(スケジュール・日程)「ドライバー変更に沸くF1は年間21戦☆熱いシーズンは最終戦12月へ突入!」

☞2019F1GPチーム&ドライバーラインナップ「劇的大シャッフルで下剋上は起きるか!?」

2019F1第6戦モナコGP予選結果

1 ルイス・ハミルトン    メルセデス  
  1’10.166
2 バルテリ・ボッタス    メルセデス
  1’10.252
3 マックス・フェルスタッペンレッドブル
  1’10.641
4 セバスチャン・ベッテル  フェラーリ
  1’10.947
5 ピエール・ガスリー    レッドブル
  1’11.041
6 ケビン・マグヌッセン   ハース
  1’11.109
7 ダニエル・リカルド    ルノー
  1’11.218
8 ダニール・クビアト    トロロッソ
  1’11.271
9 カルロス・サインツjr  マクラーレン
  1’11.417
10アレクサンダー・アルボン トロロッソ
  1’11.653

☞Formula1レジスタードマーク The Official

当サイトでは モータースポーツの活性化
自動車社会の向上復活 世界の景気回復wを願っています♡


F1速報 2019年 5/30号 第5戦 スペイン GP


auto sport - オートスポーツ - 2019年 6/7号 No.1507


RALLY PLUS - ラリープラス - vol.21


ギャルズパラダイス 2019 スーパーGTレースクイーン オフィシャルガイドブック (サンエイムック)

posted by ぷらちゃん at 02:19| 千葉 ☀| Comment(0) | F1観戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする