2019年03月31日

WRC(世界ラリー選手権)2019第4戦ラリー・フランスDAY2「生中継の最高速ステージで首位のタナク(トヨタ)がストップ!?」【動画】



WRC(世界ラリー選手権)2019第4戦ラリー・フランス(フランス)DAY2

WRC(世界ラリー選手権)2019ラリー・フランス
ヨーロッパラウンドターマックラリー(舗装路)の幕開け
10000のコーナーが待ち受けると言われる
ツール・ド・コルスが晴天の絶景の中で激戦が繰り広げられています♡

WRC 世界ラリー選手権 2019
第4戦 ラリー・フランス

総走行距離:1194.06km
総ステージ走行距離:347.51km
SS数:14

☞WRC(世界ラリー選手権)2019第4戦ラリー・フランスDAY1「地中海と空が交わる絶景の中アクシデント続出!波乱の幕開け☆」【動画】

DAY2


WRC - Corsica linea - Tour de Corse 2019: Highlights Stages 7-9


WRC - Corsica linea - Tour de Corse 2019: Highlights Stages 10-12

土曜日の朝から2連続でステージトップタイムを連発し
SS9でエルフィン・エバンス(Mスポーツ)からトップを奪い取った
オット・タナク(トヨタ)だったが
ライブステージが日本のJスポーツで生中継されたSS11で
マシンをストップさせている映像が映し出された
コーナーが続くツール・ド・コルスの中でストレートが多く
平均速度が最も高いステージでまさかのパンクチャー
タイヤ交換で約2分をロスし7位に順位を落としてしまった

同じステージでヤリマティ・ラトバラ(トヨタ)も初日に続いて
2度目のパンクでタイヤ交換しタイムロスを喫している

好調さを取り戻したティエリー・ヌービル(ヒュンダイ)が
この日ラスト2本のステージでトップタイムを叩き出し
首位に躍り出た

セバスチャン・オジェ(シトロエン)もジワジワトと順位を上げ
3位まで浮上している

トヨタGazooレーシングWRチームはクリス・ミーク(トヨタ)
もSS10でトップタイムを刻みポイント圏内に3台を押し上げている

セバスチャン・ローブ(ヒュンダイ)はSS9でコースオフする等
母国のターマックラリー(舗装路)で良い所が魅せられていない

最終日に残されたのは僅かに2本のステージのみ
オット・タナク(トヨタ)の自力表彰台は不可能となってしまい
ましたが31kmのロングステージも有り
何が起きるか予測不能なWRC(世界ラリー選手権)
最終SSパワーステージの生中継も観逃せません♡

☞WRC(世界ラリー選手権)2019第4戦ラリー・フランス「絶景のコルシカ島をトヨタが首位でターマック(舗装路)初戦に挑む!☆」【放送日程】【動画】

WRC2019第4戦ラリー・フランス DAY2
SS12後 総合順位

1 ティエリー・ヌービル  (ヒュンダイ)
  2:56’50.0
2 エルフィン・エバンス  (Mスポーツ・フォード)
  +4.5
3 セバスチャン・オジェ  (シトロエン)
  +44.8
4 ダニ・ソルド      (ヒュンダイ)
  +49.9
5 テーム・スニネン    (Mスポーツ・フォード)
  +1’32.1
6 オット・タナク     (トヨタ)
  +1’54.5
7 エサペッカ・ラッピ   (シトロエン)
  +1’59.3
8 セバスチャン・ローブ  (ヒュンダイ)
  +3’21.4
9 クリス・ミーク     (トヨタ)
  +3’55.9
10ヤリマティ・ラトバラ  (トヨタ)
  +6’35.4

☞TOYOTA GAZOO Racing 公式サイト

☞ツールドコルス 公式サイト

☞WRC 公式サイト

☞WRC(世界ラリー選手権)2018シーズン総集編「波乱と激動のシーズンに復帰2年目トヨタがタイトル獲得!☆」【動画】

☞2019年WRCカレンダー(世界ラリー選手権・スケジュール)「トヨタWRC復帰参戦3年目はWタイトル獲得へ!☆」

当サイトでは モータースポーツの活性化
自動車社会の向上復活 世界の景気回復wを願っています♡


RALLY PLUS - ラリープラス - vol.21


RALLY CARS Vol.23 フィアット ・ アバルト 131ラリー (サンエイムック)


auto sport - オートスポーツ - 2019年 4/12号 No.1503


F1速報 2019年 4/4号 第1戦 オーストラリア GP


ギャルズパラダイス 2019 東京オートサロン編 【付録】 Rレースクイーン大賞カレンダー (サンエイムック)

posted by ぷらちゃん at 18:56| 千葉 ☁| Comment(0) | WRC観戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019F1第2戦バーレーンGP予選「世代交代!フェラーリ新星シャルル・ルクレール驚異のポールポジション獲得☆」



2019F1第2戦バーレーンGP予選

2019シーズンF1グランプリ第2戦は
中東砂漠のバーレーンGPトワイライトレース!
夕暮れから夜の帳が降りるサーキットに
F1マシンが浮かび上がる☆

バーレーン・インターナショナル・サーキット
5.412km
コーナー数 23  時計回り
決勝 57Laps

バーレーンとの時差は−6時間

決勝のスタートは現地時間18時10分
(日本時間24時10分)となります

天候 晴れ 気温 25.1℃ 路面温度 29.6℃
湿度 54.5% 風速 5.2m/秒 風向 東(参考)
気圧 1011.5hpa 視程 14.5km
ドライコンディション

開幕戦で公式テストまでが嘘の様に不調だったフェラーリが
第2戦バーレーンGPのフリー走行1〜3全てでワンツータイムを
刻みマシンセッティングを決めて来た

トワイライトレースのバーレーンGPでは路面温度を含めた
コース状況も異なりメルセデスのパーティーモードとも呼ばれる
予選用の魔法で掻き消されてしまうのだろうか!?

予選Q1開幕戦で涙を呑んだピエール・ガスリー(レッドブル)は
2回目のアタックをギリギリに14位で通過して一安心

バーレーンGPに持ち込まれたタイヤはC1・C2・C3の
5種類より硬い側の3種類
予選Q2ではトップ10の決勝スタートタイヤが決定するが
セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)はソフトタイヤの選択本数
が4本だったが1回目のアタックでロックアップしてしまい
2回目のアタックを余儀なくされQ3に進出したものの
アタックは1回に限られた

ホンダパワーを積載した4台のマシンが予選Q2に進出したが
ピエール・ガスリー(レッドブル)は13位でQ2敗退
トロロッソ・ホンダの2台もQ2までで
アレクサンダー・アルボン(トロロッソ)がガスリーより上位の
12位だった

アルファロメオに移籍したキミ・ライコネン(アルファロメオ)
は開幕戦に続いて執念の予選Q3進出を果たした

予選Q3セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)はラストアタック
に懸け一度マシンを降りた
シャルル・ルクレール(フェラーリ)はセクター1で驚異的な
タイムを刻むと自己ベストで繋いでメルセデスの2台が出した
タイムを上回りトップに立つ

セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)は1回限りのアタックで
自己ベストで繋げるが2番手タイム止まり

メルセデスの2台は2回目のアタックでタイムを伸ばせず
ルイス・ハミルトン(メルセデス)は 全てのセクターで
自己ベストを刻めずに3番手

シャルル・ルクレール(フェラーリ)は2回目のアタックでも
最後にアウトラップしセクター1のタイムを更新すると
トップタイムを更に縮めての初ポールポジション獲得!☆

ホンダパワー搭載2戦目のマックス・フェルスタッペン
(レッドブル)は予選5位から連続表彰台を狙いたい

当サイトで早期よりフェラーリ移籍を予想していた
シャルル・ルクレール(フェラーリ)がF1参戦2年目の
フェラーリ移籍2戦目でポールポジションを獲得するとは
想像を超えた驚異だった☆

史上2番目の若さでF1参戦23戦目にしてポールポジション
獲得!世代交代の波が押し寄せました2019シーズン
楽しくて仕方がありませんね♡

☞2019F1第2戦バーレーンGP「中東砂漠の夕闇に4台のHONDAサウンドが鳴り響く!☆」【放送日程】

☞2019F1GPカレンダー(スケジュール・日程)「ドライバー変更に沸くF1は年間21戦☆熱いシーズンは最終戦12月へ突入!」

☞2019F1GPチーム&ドライバーラインナップ「劇的大シャッフルで下剋上は起きるか!?」

2019F1第2戦バーレーンGP予選結果

1 シャルル・ルクレール   フェラーリ
  1’27.866
2 セバスチャン・ベッテル  フェラーリ
  1’28.160
3 ルイス・ハミルトン    メルセデス  
  1’28.190
4 バルテリ・ボッタス    メルセデス
  1’28.256
5 マックス・フェルスタッペンレッドブル
  1’28.752
6 ケビン・マグヌッセン   ハース
  1’28.757
7 カルロス・サインツjr  マクラーレン
  1’28.813
8 ロマン・グロージャン   ハース
  1’29.015
9 キミ・ライコネン     アルファロメオ
  1’29.022
10ランド・ノリス      マクラーレン
  1’29.043



☞Formula1レジスタードマーク The Official

当サイトでは モータースポーツの活性化
自動車社会の向上復活 世界の景気回復wを願っています♡


F1速報 2019年 4/4号 第1戦 オーストラリア GP


2019 F1全チーム&マシン完全ガイド (auto sport 特別編集)


auto sport - オートスポーツ - 2019年 4/12号 No.1503


知られざる キミ・ライコネン


RALLY PLUS - ラリープラス - vol.21


ギャルズパラダイス 2019 東京オートサロン編 【付録】 Rレースクイーン大賞カレンダー (サンエイムック)

posted by ぷらちゃん at 12:39| 千葉 🌁| Comment(0) | F1観戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月30日

WRC(世界ラリー選手権)2019第4戦ラリー・フランスDAY1「地中海と空が交わる絶景の中アクシデント続出!波乱の幕開け☆」【動画】



WRC(世界ラリー選手権)2019第4戦ラリー・フランス(フランス)DAY1

WRC(世界ラリー選手権)2019ラリー・フランス
ヨーロッパラウンドターマックラリー(舗装路)の幕開け
10000のコーナーが待ち受けると言われる
ツール・ド・コルスが今年も始まりました♡

WRC 世界ラリー選手権 2019
第4戦 ラリー・フランス

総走行距離:1194.06km
総ステージ走行距離:347.51km
SS数:14

シェイクダウン・DAY1


WRC - Corsica linea - Tour de Corse 2019: Shakedown Highlights


WRC - Corsica linea - Tour de Corse 2019: Shakedown ONBOARD Sordo


WRC - Corsica linea - Tour de Corse 2019: Shakedown ONBOARD Ogier


WRC - Corsica linea - Tour de Corse 2019: Highlights Stages 1-3


WRC - Corsica linea - Tour de Corse 2019: Highlights Stages 4-6


WRC - Tour de Corse 2019 / M-Sport Ford WRT: Friday Highlights


WRC - Corsica linea - Tour de Corse 2019: Evans vs. Meeke

シェイクダウン2年連続トップタイムで期待されたクリス・ミーク
(トヨタ)は最初のステージで右フロントタイヤをバーストさせ
大幅に順位を落としてのスタートとなってしまい

ターマックラリー(舗装路)初戦で活躍が観たいセバスチャン・ローブ
(ヒュンダイ)も右リアのサスペンションを破損
何とサスペンションアームの予備を積載していて自力で修理し
リタイヤは免れたが大きくタイムロス

午前中3ステージ終了時首位に立っていたオット・タナク(トヨタ)
はステージ中に牛に遭遇してペースを落とした為に2位に順位を
落としてしまった

順位を取り戻して来たクリス・ミーク(トヨタ)だったがSS5で
サスペンションを破損ステージは総合8位で走り切ったが
壊れた足回りで走り続ける事となり
金曜日最終SS8でラリーリーダーとなったエルフィン・エバンス
(Mスポーツ)の進路を塞ぐ形となってしまいエルフィン・エバンス
は総合3位のタイムでフィニッシュとなってしまうが
救済処置でオット・タナク(トヨタ)と同じノーショナルタイムと
なり首位をキープした

ヤリマティ・ラトバラ(トヨタ)もSS5でパンクチャーで6位から
順位を落としてしまった
トヨタGazooレーシングWRチームはポイント圏内に
オット・タナク(トヨタ)1台となってしまったが
セバスチャン・オジェ(シトロエン)もスピンを喫する等の苦戦を
強いられ総合6位となっている為
地道に走り続けフィニッシュする事が重要になっている

近年悪天候に見舞われる事の多いコルシカだが晴天が続いている様で
地中海と空が交わる絶景も美しい♡

☞WRC(世界ラリー選手権)2019第4戦ラリー・フランス「絶景のコルシカ島をトヨタが首位でターマック(舗装路)初戦に挑む!☆」【放送日程】【動画】

WRC2019第4戦ラリー・フランス DAY1
SS6後 総合順位

1 エルフィン・エバンス  (Mスポーツ・フォード)
  1:09’39.6
2 オット・タナク     (トヨタ)
  +4.5
3 ティエリー・ヌービル  (ヒュンダイ)
  +9.8
4 ダニ・ソルド      (ヒュンダイ)
  +26.1
5 テーム・スニネン    (Mスポーツ・フォード)
  +30.9
6 セバスチャン・オジェ  (シトロエン)
  +36.3
7 エサペッカ・ラッピ   (シトロエン)
  +46.3
8 セバスチャン・ローブ  (ヒュンダイ)
  +2’27.9
9 エリック・カミリ    (WRC2)
  +2’46.4
10ヨアン・ボナト     (WRC2)
  +3’06.4

☞TOYOTA GAZOO Racing 公式サイト

☞ツールドコルス 公式サイト

☞WRC 公式サイト

☞WRC(世界ラリー選手権)2018シーズン総集編「波乱と激動のシーズンに復帰2年目トヨタがタイトル獲得!☆」【動画】

☞2019年WRCカレンダー(世界ラリー選手権・スケジュール)「トヨタWRC復帰参戦3年目はWタイトル獲得へ!☆」

当サイトでは モータースポーツの活性化
自動車社会の向上復活 世界の景気回復wを願っています♡


RALLY PLUS - ラリープラス - vol.21


RALLY CARS Vol.23 フィアット ・ アバルト 131ラリー (サンエイムック)


auto sport - オートスポーツ - 2019年 4/12号 No.1503


F1速報 2019年 4/4号 第1戦 オーストラリア GP


ギャルズパラダイス 2019 東京オートサロン編 【付録】 Rレースクイーン大賞カレンダー (サンエイムック)

posted by ぷらちゃん at 15:38| 千葉 ☁| Comment(0) | WRC観戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする