2018年10月07日

WRC(世界ラリー選手権)2018第11戦ラリー・グレートブリテン(イギリス) DAY3「波乱の雨と泥のGBトヨタ4連勝に繋げるか!?☆」【動画】



WRC(世界ラリー選手権)2018第11戦ラリー・グレートブリテン(イギリス)DAY3

トヨタGazooレーシングWRチーム オット・タナク(トヨタ)
が4連勝に向けて首位を快走41秒のリードを築いていましたが・・

WRC 世界ラリー選手権 2018
第11戦ラリー・グレートブリテン(イギリス)

総走行距離:1419.06km
総ステージ走行距離:318.13km
SS数:23

☞WRC(世界ラリー選手権)2018第11戦ラリー・グレートブリテン(イギリス) DAY1・2「 トヨタのタナク首位!3位4位に続き表彰台独占に向け激走☆」【動画】

WRC(世界ラリー選手権)第11戦ラリー・グレートブリテン(イギリス)
DAY3


WRC - Dayinsure Wales Rally GB 2018: Highlights Stages 10-14


WRC - Dayinsure Wales Rally GB 2018: Highlights Stages 15-18


WRC - Dayinsure Wales Rally GB 2018: INTERVIEW Tommi Mäkinen


WRC - Dayinsure Wales Rally GB 2018 / M-Sport Ford WRT: Saturday

ドライバーズタイトル争いトップを行くティエリー・ヌービル(ヒュンダイ)
は金曜日2位から土曜日オープニングステージでもトップタイムで
逆転のチャンスを窺っていましたが続くSS11コースオフで後輪を脱輪し
観客の助けで復帰するも51秒のロスを喫し8位まで後退した

これでトヨタが1・2・3と思えばそうも行かず
金曜日にギアトラブルで一時8位まで沈んでいたチャンピオンの
セバスチャン・オジェ(Mスポーツ・フォード)がSS10をトップタイム
でトヨタの2台を逆転し3位に浮上SS11で総合2位となった

首位を快走するトヨタGazooレーシングWRチーム オット・タナク
(トヨタ)は追従する2番手が変わっても更にリードを広げ
SS13・14では48秒差となっていたが
SS16でラジエター破損のトラブル発生!続行するとエンジン故障に
繋がる為デイリタイアを選択優勝争いから戦線離脱となってしまった

土曜日終了時セバスチャン・オジェ(Mスポーツ・フォード)が首位となり
トヨタGazooレーシングWRチーム ヤリマティ・ラトバラ(トヨタ)
が4.4秒差で2位 3位にエサペッカ・ラッピ(トヨタ)が続いている

トヨタの表彰台独占の夢は消えてしまいましたがヤリマティ・ラトバラ
(トヨタ)の逆転優勝でトヨタ4連勝の可能性を残して最終日に繋げます

WRC2018 第11戦ラリー・グレートブリテン(イギリス) DAY3
SS18後 総合順位

1 セバスチャン・オジェ  (Mスポーツ・フォード)
  2:31’22.5
2 ヤリマティ・ラトバラ  (トヨタ)
  +4.4
3 エサペッカ・ラッピ   (トヨタ)
  +11.8
4 クレイグ・ブリーン   (シトロエン)
  +13.5
5 マッズ・オストベルグ  (シトロエン)
  +34.1
6 アンドレアス・ミケルセン(ヒュンダイ)
  +36.5
7 ヘイデン・パッドン   (ヒュンダイ)
  +45.4
8 ティエリー・ヌービル  (ヒュンダイ)
  +55.5
9 カッレ・ロバンペラ   (シュコダ/WRC2)
  +7’30.8
10ポンタス・ティデマンド (シュコダ/WRC2)
  +8’33.9



☞WRC(世界ラリー選手権)2018第11戦ラリー・グレートブリテン(イギリス)「トヨタ4連勝に向けて雨と霧のGBを激走!☆」【放送日程】無料放送有り☆

☞TOYOTA GAZOO Racing 公式サイト

☞ウェールズ・ラリー・GB 公式サイト

☞WRC 公式サイト

☞トヨタGazooレーシングWRC(世界ラリー選手権)参戦2年目に「オット・タナク」起用!☆

☞東京オートサロン2018「WRC(世界ラリー選手権)ブースはWRC日本開催誘致一色だった!☆」

☞2018年WRCカレンダー(世界ラリー選手権・スケジュール)「トヨタWRC復帰参戦2年目タイトルに向けて走り出す!☆」

当サイトでは モータースポーツの活性化
自動車社会の向上復活 世界の景気回復wを願っています♡


トヨタ 2018年 前半戦 総括 &STI 設立30周年 特集 (RALLY PLUS - ラリープラス - 特別編集)


RALLY CARS Vol.21 (SAN-EI MOOK)


auto sport - オートスポーツ - 2018年 10/19号 No.1491


F1速報 2018年 10/11号 第16戦 ロシアGP


ギャルズパラダイス 2018 トップレースクィーン編 【付録】ギャルパラ厳選TOP52レースクイーントランプ (サンエイムック)

posted by ぷらちゃん at 23:55| 千葉 ☀| Comment(0) | WRC観戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

WRC(世界ラリー選手権)2018第11戦ラリー・グレートブリテン(イギリス) DAY1・2「 トヨタのタナク首位!3位4位に続き表彰台独占に向け激走☆」【動画】



WRC(世界ラリー選手権)2018第11戦ラリー・グレートブリテン(イギリス)DAY1・2

トヨタGazooレーシングWRチーム オット・タナク(トヨタ)
が4連勝に向けて首位を快走しています☆

WRC 世界ラリー選手権 2018
第11戦ラリー・グレートブリテン(イギリス)

総走行距離:1419.06km
総ステージ走行距離:318.13km
SS数:23

WRC(世界ラリー選手権)第11戦ラリー・グレートブリテン(イギリス)
シェイクダウン・DAY1&DAY2


WRC - Dayinsure Wales Rally GB 2018: Shakedown Highlights


WRC - Dayinsure Wales Rally GB 2018: Shakedown ONBOARD Suninen


WRC - Dayinsure Wales Rally GB 2018: Highlights Stages 1-6


WRC - Dayinsure Wales Rally GB 2018: Highlights Stages 7-9

シェイクダウンでクラッシュを喫したトヨタGazooレーシング
WRチーム オット・タナク(トヨタ)が首位
2位にドライバーズタイトル争いトップを行くティエリー・ヌービル
(ヒュンダイ)が付け
3位ヤリマティ・ラトバラ(トヨタ)4位エサペッカ・ラッピ
(トヨタ)と続き何かが起きればトヨタの表彰台独占が見えて来ました☆

チャンピオンのセバスチャン・オジェ(Mスポーツ・フォード)は
ミスが重なり5位に続いています

WRC2018 第11戦ラリー・グレートブリテン(イギリス) DAY2
SS9後 総合順位

1 オット・タナク     (トヨタ)
  1:06’04.3
2 ティエリー・ヌービル  (ヒュンダイ)
  +28.8
3 ヤリマティ・ラトバラ  (トヨタ)
  +31.3
4 エサペッカ・ラッピ   (トヨタ)
  +35.9
5 セバスチャン・オジェ  (Mスポーツ・フォード)
  +38.2
6 クレイグ・ブリーン   (シトロエン)
  +48.8
7 ヘイデン・パッドン   (ヒュンダイ)
  +1’06.4
8 マッズ・オストベルグ  (シトロエン)
  +1’08.4
9 アンドレアス・ミケルセン(ヒュンダイ)
  +1’24.3
10カッレ・ロバンペラ   (シュコダ/WRC2)
  +3’08.4

☞WRC(世界ラリー選手権)2018第11戦ラリー・グレートブリテン(イギリス)「トヨタ4連勝に向けて雨と霧のGBを激走!☆」【放送日程】無料放送有り☆

☞TOYOTA GAZOO Racing 公式サイト

☞ウェールズ・ラリー・GB 公式サイト

☞WRC 公式サイト

☞トヨタGazooレーシングWRC(世界ラリー選手権)参戦2年目に「オット・タナク」起用!☆

☞東京オートサロン2018「WRC(世界ラリー選手権)ブースはWRC日本開催誘致一色だった!☆」

☞2018年WRCカレンダー(世界ラリー選手権・スケジュール)「トヨタWRC復帰参戦2年目タイトルに向けて走り出す!☆」

当サイトでは モータースポーツの活性化
自動車社会の向上復活 世界の景気回復wを願っています♡


トヨタ 2018年 前半戦 総括 &STI 設立30周年 特集 (RALLY PLUS - ラリープラス - 特別編集)


RALLY CARS Vol.21 (SAN-EI MOOK)


auto sport - オートスポーツ - 2018年 10/19号 No.1491


F1速報 2018年 10/11号 第16戦 ロシアGP


ギャルズパラダイス 2018 トップレースクィーン編 【付録】ギャルパラ厳選TOP52レースクイーントランプ (サンエイムック)

posted by ぷらちゃん at 13:20| 千葉 ☀| Comment(0) | WRC観戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018F1第17戦日本GP予選「F1鈴鹿開催30回目台風接近の波乱?トロロッソ・ホンダ2台がQ3進出!☆」



2018F1第17戦日本GP予選

HondaがタイトルスポンサーとなりF1鈴鹿開催30回目
の記念大会予選は台風接近25号接近!
荒天は免れたものの風が渦巻き雨粒が落ちると波乱を巻き起こした!

鈴鹿サーキット
5.807km
コーナー数 20 立体交差8の字
決勝 53Laps

天候 曇り 気温 26.7℃ 路面温度 28.6℃
湿度 87.4% 風速 1.9m/秒 風向 東南東(参考)
気圧 1005.4hpa 
ドライコンディション

台風25号が日本海側を通過して行き直撃は免れましたが
鈴鹿サーキットは南からの海風でS字コーナーは追い風
マシンのダウンフォースは落ちレコードタイムの期待は厳しくなった
風向きは変化し時折雨粒が落ちるコースはドライコンディションだったが
ウェット宣言でレインタイヤの使用が可能となった

2018F1第17戦日本GPに持ち込まれたタイヤは
ミディアムコンパウンド・ソフトコンパウンド・スーパーソフトの3種類

予選Q1ではコースラインはドライコンディションだが縁石は濡れた状態
セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)がヘアピンで単純なスピンを喫すると
直後にマーカス・エリクソン(ザウバー)が前方を走るマシンを避けると
コースオフしフェンスにクラッシュ!赤旗中断となった

再開されたQ1ではマクラーレン・ルノーのフェルナンド・アロンソ
(マクラーレン)とストフェル・バンドーン(マクラーレン)の2台が
ノックアウト 朝のフリー走行でクラッシュしマシン修復を間に合わせた
ニコ・ヒュルケンベルグ(ルノー)もQ2への進出は叶わなかった

トップ10の決勝スタートタイヤが決まる予選Q2ではメルセデスの2台が
ソフトコンパウンドを装着 ソフトコンパウンドを2セットしか持ち込んで
いないフェラーリ勢はスーパーソフトで望む

ダニエル・リカルド(レッドブル)がパワーを失いピットレーンを押されて
ガレージにマシンを戻しています 
来季フェラーリのシートを獲得したシャルル・ルクレール(ザウバー)は
スピンを喫しましたがコース内に留まりノーズを進行方向に向けています
コントロールしたか偶然か不明ですが見事でしたw残念ながらQ2で敗退
してしまいました

予選Q3開始時に落ち始める雨粒とレーダーに迫って来る雨雲
メルセデスの2台はインターミディエイトタイヤを用意していましたが
スーパーソフトでコースイン
フェラーリの2台はインターミディエイトでコースインしました
しかしコースはドライコンディションで直ぐにスーパーソフトに交換します

メルセデスの2台がワンツータイムを刻むと直ぐに新品のスーパーソフト
に履き替えて2回目のアタック 連続アタック可能な燃料を積んでいた
事になります

トロロッソ・ホンダのピエール・ガスリー(トロロッソ)が3番手タイム!
ブレンドン・ハートレー(トロロッソ)がタイムを塗り替えます

キミ・ライコネン(フェラーリ)はタイムを刻みましたが
雨粒が増えたコースでセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)はコースを
はみ出すとタイムを刻めずに予選9位!!

エステバン・オコン(フォースインディア)はフリー走行で赤旗走行違反で
3グリッド降格のペナルティを科されている

ポールポジションは昨年の鈴鹿に続いてルイス・ハミルトン(メルセデス)
通算80回目を数える

日曜日の決勝レースは晴天に恵まれそうである
トロロッソ・ホンダを応援すると共にF1日本グランプリを楽しみたい♡

☞2018F1第17戦日本GP「鈴鹿30回目記念大会Hondaタイトルスポンサー開催!☆」【放送日程】

☞2018F1GPカレンダー(スケジュール・日程)「年間21戦!F1史上初の3週連続開催!激しく熱いシーズン☆」

☞2018F1GPエントリーリスト「レッドブル・トロロッソ・ホンダ発進!☆」

☞2018F1GP新型マシンラインナップ「フェラーリからトロロッソHONDAまで告知色々推しチームが変わるかも!?w」【動画】

☞2018F1GPレギュレーション変更点「安全装置ハロ装着タイヤコンパウンドは7種類に!☆」

2018F1第17戦日本GPGP予選結果

1 ルイス・ハミルトン    メルセデス  
  1’27.760
2 バルテリ・ボッタス    メルセデス
  1’28.059
3 マックス・フェルスタッペンレッドブル
  1’29.057
4 キミ・ライコネン     フェラーリ
  1’29.521
5 ロマン・グロージャン   ハース
  1’29.761
6 ブレンドン・ハートレー  トロロッソ
  1’30.023
7 ピエール・ガスリー    トロロッソ
  1’30.093
8 エステバン・オコン    フォースインディア
  1’30.126
9 セバスチャン・ベッテル  フェラーリ
  1’32.192
10セルジオ・ペレス     フォースインディア
  1’37.229

☞Formula1レジスタードマーク The Official

当サイトでは モータースポーツの活性化
自動車社会の向上復活 世界の景気回復wを願っています♡


F1速報 2018年 10/11号 第16戦 ロシアGP


auto sport - オートスポーツ - 2018年 10/19号 No.1491


知られざる キミ・ライコネン


TOYOTA × Le MANS 24h トヨタ ル・マン挑戦の軌跡 【特別付録】両面 ポスター 歴代参戦マシンイラスト& TS050 HYBRID (auto sport 特別編集)


トヨタ 2018年 前半戦 総括 &STI 設立30周年 特集 (RALLY PLUS - ラリープラス - 特別編集)


ギャルズパラダイス 2018 トップレースクィーン編 【付録】ギャルパラ厳選TOP52レースクイーントランプ (サンエイムック)

posted by ぷらちゃん at 09:55| 千葉 ☀| Comment(0) | F1観戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする