2018年10月23日

2018F1第18戦アメリカGP決勝「フェラーリ去るライコネン有終の美☆フェルスタッペン驚異の挽回」



2018F1第18戦アメリカGP決勝

鈴鹿サーキット日本GPから1週空けて北米に渡ったF1グランプリ 
21戦を闘う2018シーズンも残すところ4戦
ドライバーズタイトルがアメリカGPで決まるのか!?

サーキット・オブ・ジ・アメリカズ
5.513km
コーナー数 20 反時計回り
決勝 56Laps

オースティンとの時差は−14時間(サマータイム)

天候 晴れ 気温 20.7℃ 路面温度 29.8℃
湿度 40.2% 風速 3m/秒 風向 北北西(参考)
気圧 1025hpa 
ドライコンディション

2018F1第18戦アメリカGPに持ち込まれたタイヤは
ソフトコンパウンド・スーパーソフト・ウルトラソフトの3種類

金曜日フリー走行で赤旗速度違反のセバスチャン・ベッテル
(フェラーリ)は3グリッド降格の5番グリッドスタート
これによりフロントローとなったキミ・ライコネン(フェラーリ)
はトップ勢で唯一一番柔らかいウルトラソフトでスタートとなる

マックス・フェルスタッペン(レッドブル)は予選Q1で
リアサスペンションを破損しギアボックスも交換した事により
18番グリッドからのスタート

トロロッソ・ホンダの2台は新しいパワーユニット搭載で
最後尾からのスタートとなる

決勝スタートでは予想通りフロントロー2台の激しいバトルが
繰り広げられたウルトラソフトでロケットスタートを魅せる
キミ・ライコネン(フェラーリ)大きく牽制しインからアウトから
激しくアタックするポールポジションのルイス・ハミルトン
(メルセデス)

スーパーソフトでスタートしたセバスチャン・ベッテル
(フェラーリ)はダニエル・リカルド(レッドブル)とホイールを
接触させスピン!あーまたやってしまったw

セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)を抑えて上位争いをして
いたダニエル・リカルド(レッドブル)がマシントラブルで
スローダウン リタイアを喫してしまう

マックス・フェルスタッペン(レッドブル)は後方からの
激しい追い上げを魅せる
セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)も順位を挽回して行く

計算上では2ストップとなるサーキット・オブ・ジ・アメリカズで
トップ勢最初にピットに入ったのはルイス・ハミルトン(メルセデス)
だった新しいソフトタイヤに履き替えたハミルトンは
キミ・ライコネン(フェラーリ)の追撃に入るが
ライコネンの巧みなブロックでオーバーテイクに至らず

キミ・ライコネン(フェラーリ)はルイス・ハミルトン(メルセデス)
の追撃を躱したままピットインしソフトタイヤに交換

終盤ルイス・ハミルトン(メルセデス)の追撃を躱すマックス・
フェルスタッペン(レッドブル)思わずコース外に膨らんでしまう
ルイス・ハミルトン

セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)は執念で4位に這い上がり
アメリカGPでのドライバーズタイトル決定を阻止した

キミ・ライコネン(フェラーリ)が1ストップでトップを守り
5年振りの優勝を飾りフェラーリでの有終の美となった

エステバン・オコン(フォースインディア)とケビン・マグヌッセン
(ハース)の2台が燃料流量規定違反でリザルト除外の失格を受け
トロロッソ・ホンダのブレンドン・ハートレー(トロロッソ)が
9位入賞となった

今シーズンでフェラーリを去る事となったキミ・ライコネン
(フェラーリ)次に優勝するのは非常に困難となるので
優勝する事が出来て嬉しかったですね♡
素晴らしいドライビングも魅せてくれました☆

マックス・フェルスタッペン(レッドブル)も決勝レースを
エキサイティングに盛り上げドライバーズタイトルを
メキシコGPに持ち越させる事にも貢献して感謝です

☞2018F1第18戦アメリカGP予選「Q3激戦ラストアタック!トップ3僅か0.07秒☆ベッテル3グリッド降格」

☞2018F1第18戦アメリカGP「縁石追加でフェルスタッペンのペナルティは消えるか!?」【放送日程】



☞2018F1GPカレンダー(スケジュール・日程)「年間21戦!F1史上初の3週連続開催!激しく熱いシーズン☆」

☞2018F1GPエントリーリスト「レッドブル・トロロッソ・ホンダ発進!☆」

☞2018F1GP新型マシンラインナップ「フェラーリからトロロッソHONDAまで告知色々推しチームが変わるかも!?w」【動画】

☞2018F1GPレギュレーション変更点「安全装置ハロ装着タイヤコンパウンドは7種類に!☆」

2018F1第18戦アメリカGP決勝結果

1 キミ・ライコネン     フェラーリ
  1:34’18.643(56Laps)
2 マックス・フェルスタッペンレッドブル
  +1.281
3 ルイス・ハミルトン    メルセデス
  +2.342
4 セバスチャン・ベッテル  フェラーリ
  +18.222
5 バルテリ・ボッタス    メルセデス
  +24.744
6 ニコ・ヒュルケンベルグ  ルノー
  +1’27.210
7 カルロス・サインツJr  ルノー
  +1’34.994
DQ エステバン・オコン    フォースインディア
  +1’39.288
DQ ケビン・マグヌッセン   ハース
  +1’40.657
8 セルジオ・ペレス     フォースインディア
  +1’41.080
9 ブレンドン・ハートレー  トロロッソ
  +1Lap
10マーカス・エリクソン   ザウバー
  +1Lap

☞Formula1レジスタードマーク The Official

当サイトでは モータースポーツの活性化
自動車社会の向上復活 世界の景気回復wを願っています♡


F1速報 2018年 10/25号 第17戦 日本GP


auto sport - オートスポーツ - 2018年 11/2号 No.1492


知られざる キミ・ライコネン


TOYOTA × Le MANS 24h トヨタ ル・マン挑戦の軌跡 【特別付録】両面 ポスター 歴代参戦マシンイラスト& TS050 HYBRID (auto sport 特別編集)


トヨタ 2018年 前半戦 総括 &STI 設立30周年 特集 (RALLY PLUS - ラリープラス - 特別編集)


ギャルズパラダイス 2018 トップレースクィーン編 【付録】ギャルパラ厳選TOP52レースクイーントランプ (サンエイムック)

posted by ぷらちゃん at 11:39| 千葉 ☁| Comment(0) | F1観戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月22日

2018オリオン座流星群極大日報告(2018.10.22)「十三夜に曇りなし 天候に恵まれ満足なレベル」



2018オリオン座流星群

2018年10月22日(月)
オリオン座流星群 極大日
極大予想時刻 午前2時頃

2006年には1時間に100個の突発的出現を魅せた
流星群です!
平年はピークの時間でも 1時間に20個程度で
都会の灯りが有る所では極端に減ります

現在の所 突発的な出現があった情報は得ていませんが
天候に恵まれ月明かりは有りましたが明るい流星が多いので
都会でもある程度の観察が出来たのではないでしょうか!?

【観察報告】

2018年10月21日(日)
未明4時頃15分程の間に
マイナス等級を2本目撃

2018年10月22日(月)
深夜2時頃30分程観察
4本中2本は別の群と思われます
明るさは21日よりも暗く一番明るいのが1等レベルでした

薄明5時前15分程
東北地平線方向に長め2等クラス
天頂東方向に暗い3等以下の2本でした

データとして全く参考になりませんが
趣味の一つとして天体観察するレベルでは楽しめました♡

2018Orion01.jpg
※画像には捉えていませんw

☞今夜(10月21日)オリオン座流星群のピーク!「十三夜・栗名月の宵にオリオン座流星群のコラボレーション☆彡」2018年

十三夜・栗名月も楽しめました♡

IMG_6934[1].jpg

IMG_6936[1].jpg

流星観察では根気よく続けるといつか突発的な出現に出逢うでしょう☆
その時は限られた人だけが味わう優越感がおまけに付いて来ます

次の大きな流星群は11月「しし座流星群」
11月18日早朝がピークです こちらも月明りの影響が少ないので
要チェックですが 活発な活動期間で無いので 期待は薄いです

2018年は流星群のピークが週末に重なっているので会社勤めや
学生の皆さんも多く楽しめるのではないでしょうか?
 
過去の観測記事

☞2014オリオン座流星群極大日報告(2014.10.22)

☞2013オリオン座流星群結果!?

☞2012オリオン座流星群 速報!

CCF20120128_00002.jpg

2001年 しし座流星雨 撮影地 長野 (筆者撮影)

最近はスターウォチングに合わせて休暇を摂ったり
遠征する事が殆ど無くなりましたが
ちょっとだけ流星を観れただけでも幸せな気分になれました♡

090721_111904.jpg

























2009年皆既日食遠征より 吐噶喇列島 宝島

観察時間の短かったのは当サイト読者の皆様は御存知の通り
F1グランプリのアメリカ戦を生中継観戦していた為ですw
出現数が多ければ録画してスマホで配信の音声を聴きながらの
観察に切り替えたと思いますw

写真の無断転載等はお断り致します
 

月刊星ナビ 2018年11月号


天文ガイド 2018年11月号

posted by ぷらちゃん at 15:36| 千葉 ☀| Comment(0) | スターウォッチング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月21日

今夜(10月21日)オリオン座流星群のピーク!「十三夜・栗名月の宵にオリオン座流星群のコラボレーション☆彡」2018年



今夜はオリオン座流星群のピーク!

「十三夜・栗名月の宵にオリオン座流星群のコラボレーション☆彡」

2018年10月21日(日)
オリオン座流星群 極大日
極大予想時刻 22日 2時頃

表題の通り今夜は「十三夜」の満月に近い月齢12の月明かりの
影響を受け条件は良くないのですが
本日の未明4時頃に15分程眺めていたらマイナス等級の
明るいオリオン群の流星を2個も観察出来ました☆
極大は今夜なので期待が膨らみます

お月見の後は流れ星に祈りを捧げましょう☆彡

2006年には1時間に100個の突発的出現を魅せた
流星群です!
平年はピークの時間でも 1時間に20個程度で
都会の灯りが有る所では極端に減りますが上記の通り
明るい流星が多いのが特徴なので月明かりの影響を気にせず
突発的出現に備えても良いのではないでしょうか!?

「十三夜に曇りなし」真に今夜は全国的に晴れの予報です

日中は過ごし易い気温ですが深夜早朝は大きく冷え込みます
防寒対策をして観察しましょう♡

orion.png
https://www.astroarts.co.jp/article/hl/a/10184_ph181022
(アストロアーツ)

https://www.nao.ac.jp/astro/sky/2018/10-topics02.html
NAOJ 国立天文台

※駐車場での観察は大変危険です気を使い無灯火で移動する車が
 有るかも知れません また車で観測地へ移動する場合は
 出来るだけ明るい内に停車して準備する様にお願い致します

CCF20120128_00002.jpg

2001年 しし座流星雨 撮影地 長野

星を点像に撮影するためには赤道儀と言う機材が必要になります
現在のデジタルカメラは優秀なので短い時間でも固定撮影すれば
天の川まで写る可能性が有りますが流れ星は一瞬で方向も
バラバラです 広角に暗い方角に必ず三脚にセットして
カメラが撮影可能な長時間露光を行えば 星像が弧を描く中に
流星が幾つか写るかも知れません♡
暗い夜景を画面の下部に取り入れると感動的な1枚になるかも!?

暗い夜景は昼間は見える山等でOK!(2分程度露光可能なら)
街灯や車のライトが入るのはNG! 最悪カメラが壊れます!!

過去の観測記事

☞2014オリオン座流星群極大日報告(2014.10.22)

☞2013オリオン座流星群結果!?

☞2012オリオン座流星群 速報!

☞ふたご座流星群のピーク!(12月14日)「2015年は絶好の条件☆彡パーフェクトガイド!」

☞しぶんぎ座流星群2014観測結果!【速報】

☞2014双子座流星群観察報告!「推定HR50 明るい個体少ないが例年並みか!?」

昨夜はF1グランプリのアメリカ戦予選でしたが
北米で時差は14時間予選開始は日本時間の6時
土曜日フリー走行と予選の生中継観戦の合間にベランダから
観察しましたw
東側半分以下の眺望ですが1本観れたら良いと思いつつ
偶然か明るいのが2本も観察出来ました
今夜はアメリカGP決勝なのですが突発的出現は観逃したくないな♡


月刊星ナビ 2018年11月号


天文ガイド 2018年11月号

posted by ぷらちゃん at 16:04| 千葉 ☀| Comment(0) | スターウォッチング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする