2018年10月30日

2018F1第19戦メキシコGP決勝「3ストップにラップダウンの耐久戦で表彰台逃すがタイトル決定!☆」



2018F1第19戦メキシコGP決勝

ルイス・ハミルトン(メルセデス)が7位入賞でドライバーズタイトル
が決まりセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)は優勝しないと
チャンスは無くなるが
決勝スタートのフロントローに並ぶのはレッドブルの2台
タイトル争いをメキシコGPまで持ち込んだ2人は2列目に並ぶ

F1グランプリ2018シーズン残すところ3戦!
連続週開催のメキシコGPは標高2000m超えの
ドライバーとF1マシンにも過酷なサーキットに
熱狂ファンが押し寄せる☆

アウトドローモ・エルマノス・ロドリゲス
4.304km
コーナー数 17 時計回り
決勝 71Laps

メキシコシティとの時差は−15時間
※サマータイム10月28日2時終了

天候 曇り 気温 18.8℃ 路面温度 32.3℃
湿度 54.8% 風速 2m/秒 風向 北北東(参考)
気圧 1015hpa 
ドライコンディション

☞2018F1第19戦メキシコGP予選「絶好調レッドブルのフェルスタッペン全セッションベストを阻止のリカルドがポールでフロントロー独占!☆」

2018F1第19戦メキシコGPに持ち込まれたタイヤは
スーパーソフト・ウルトラソフト・ハイパーソフトの3種類

好スタートを切ったのはルイス・ハミルトン(メルセデス)
ポールポジションのマックス・フェルスタッペン(レッドブル)が
ディフェンスしトップを守る
セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)は4番手に続く

後方ではエステバン・オコン(フォースインディア)と
フェルナンド・アロンソ(マクラーレン)が接触!
オコンは予選11位でスタートタイヤを選択したが
ピットインでフロントウィングとタイヤ交換を強いられた
パーツを巻き込んだアロンソは3ラップでマシンをストップ

12ラップにメルセデスの2台がダブルストップ!
レッドブルも2台がタイヤ交換に入り
フェラーリは16ラップ走りダブルストップでタイヤ交換

カルロス・サインツJr(ルノー)がマシントラブルでコース
サイドにマシンをストップさせるとバーチャルセーフティーカーと
なったが上位陣はステイアウト

母国グランプリのセルジオ・ペレス(フォースインディア)が
ブレンドン・ハートレー(トロロッソ)との接触でパーツを巻き
込んでガレージにマシンを収めた

ルイス・ハミルトン(メルセデス)とダニエル・リカルド
(レッドブル)のバトルでハミルトンがロックアップし
オーバーランでコースオフし2度目のタイヤ交換に入る
同じタイミングでセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)もピットイン

バルテリ・ボッタス(メルセデス)とキミ・ライコネン(フェラーリ)
のバトルでルイス・ハミルトン(メルセデス)と全く同じ
ロックアップでコースオフ!まるでリプレイを観ている様だったw

61周目2番手を走行のダニエル・リカルド(レッドブル)が
エンジンブローでマシンストップ!バーチャルセーフティーカーと
なりバルテリ・ボッタス(メルセデス)がタイヤ交換に入る
キミ・ライコネン(フェラーリ)は1ストップのまま
タイヤが苦しくなっていたルイス・ハミルトン(メルセデス)も
ステイアウト

残り周回でセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)がトップを快走する
マックス・フェルスタッペン(レッドブル)を脅かすには至らず
キミ・ライコネン(フェラーリ)が3位フィニッシュで
フェラーリのマニファクチャラータイトルへの望みは繋がった

ルイス・ハミルトン(メルセデス)は4位で完走し
表彰台は逃したがタイヤスモークを上げ大きくハーフターンを魅せ
5度目のワールドチャンピオン獲得の喜びを表現した☆

トロロッソ・ホンダはブレンドン・ハートレー(トロロッソ)が
接触で5秒ペナルティを科され14位となったが
ピエール・ガスリー(トロロッソ)が10位入賞1ポイントを獲得した

何と5位のバルテリ・ボッタス(メルセデス)以降がラップ遅れと
なる耐久戦 ルイス・ハミルトン(メルセデス)もそれだけは
避けたかった心境か!?

長いシーズンも残り2戦となったがタイトル決定の消化レースでは無く
移籍やF1を去るドライバーの観届けや来季の展望を馳せ
最後まで盛り上がり楽しみたい♡

☞2018F1第19戦メキシコGP「ハミルトン5度目のタイトル決定の瞬間を観逃すな!☆」【放送日程】

☞2018F1GPカレンダー(スケジュール・日程)「年間21戦!F1史上初の3週連続開催!激しく熱いシーズン☆」

☞2018F1GPエントリーリスト「レッドブル・トロロッソ・ホンダ発進!☆」

☞2018F1GP新型マシンラインナップ「フェラーリからトロロッソHONDAまで告知色々推しチームが変わるかも!?w」【動画】

☞2018F1GPレギュレーション変更点「安全装置ハロ装着タイヤコンパウンドは7種類に!☆」

2018F1第19戦メキシコGP決勝結果

1 マックス・フェルスタッペンレッドブル
  1:38’28.851(71Laps)
2 セバスチャン・ベッテル  フェラーリ
  +17.316
3 キミ・ライコネン     フェラーリ
  +49.914
4 ルイス・ハミルトン    メルセデス
  +1’18.738
5 バルテリ・ボッタス    メルセデス
  +1Lap
6 ニコ・ヒュルケンベルグ  ルノー
  +2Laps
7 シャルル・ルクレール   ザウバー
  +2Laps
8 ストフェル・バンドーン  マクラーレン
  +2Laps
9 マーカス・エリクソン   ザウバー
  +2Laps
10ピエール・ガスリー    トロロッソ
  +2Laps



☞Formula1レジスタードマーク The Official

当サイトでは モータースポーツの活性化
自動車社会の向上復活 世界の景気回復wを願っています♡


F1速報 2018年 11/1号 第18戦 アメリカGP


auto sport - オートスポーツ - 2018年 11/2号 No.1492


知られざる キミ・ライコネン


TOYOTA × Le MANS 24h トヨタ ル・マン挑戦の軌跡 【特別付録】両面 ポスター 歴代参戦マシンイラスト& TS050 HYBRID (auto sport 特別編集)


RALLY PLUS vol.19


ギャルズパラダイス 2018 トップレースクィーン編 【付録】ギャルパラ厳選TOP52レースクイーントランプ (サンエイムック)

posted by ぷらちゃん at 14:16| 千葉 ☀| Comment(0) | F1観戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月28日

2018F1第19戦メキシコGP予選「絶好調レッドブルのフェルスタッペン全セッションベストを阻止のリカルドがポールでフロントロー独占!☆」



2018F1第19戦メキシコGP予選

F1グランプリ2018シーズン残すところ3戦!
連続週開催のメキシコGPは標高2000m超えの
ドライバーとF1マシンにも過酷なサーキットに
熱狂ファンが押し寄せる☆

アウトドローモ・エルマノス・ロドリゲス
4.304km
コーナー数 17 時計回り
決勝 71Laps

メキシコシティとの時差は−14時間(サマータイム)
※サマータイム10月28日2時終了後−15時間

天候 曇り 気温 18.7℃ 路面温度 25.4℃
湿度 52% 風速 2m/秒 風向 北北東(参考)
気圧 1028hpa 
ドライコンディション

2018F1第19戦メキシコGPに持ち込まれたタイヤは
スーパーソフト・ウルトラソフト・ハイパーソフトの3種類

ロマン・グロージャン(ハース)がアメリカGPのペナルティで
3グリッド降格ペナルティが科され
トロロッソ・ホンダのピエール・ガスリー(トロロッソ)が
パワーユニットとギアボックスの交換で合計20グリッド降格が
確定している

午前中のフリー走行中に油圧系トラブルでストップした
バルテリ・ボッタス(メルセデス)は予備のパワーユニットに
載せ替えて予選Q1に間に合わせた

予選Q1を通過したトロロッソ・ホンダの2台は予選Q2
グリッド降格の決まっているピエール・ガスリー(トロロッソ)は
コースインするがタイムを刻まず
ブレンドン・ハートレー(トロロッソ)はQ1で10番手タイムを
刻んだがQ2では4輪コースオフのミスで14位とQ3進出に
至らなかった

決勝レースのスタートタイヤが決まる予選Q2では
トップ3チームはウルトラソフトでタイヤ温存の走行でタイムを刻み
以降のチームはハイパーソフトで臨んだが

エステバン・オコン(フォースインディア)は一番固いスーパーソフト
で臨んだがQ2通過の10位以内のタイムを刻めず
ウルトラソフトに履き替えてスタートタイヤを選択の為に11番手
タイムを狙ったか!?

予選Q3トップ3チームの激しいアタックはセクター毎に
トップタイムが入れ替わりマックス・フェルスタッペン(レッドブル)
がフリー走行から全てのセッションでトップタイムを刻み
F1での初ポールポジションを獲得したかと思わせたが
チームメイトのダニエル・リカルド(レッドブル)が
トップタイムを叩き出してモナコGP以来のポールポジションを
獲得した☆
標高2250メートルのサーキットでレッドブルがフロントローを独占し
マシンセッティングが高いレベルで決まっている事が伺える

メキシコGPでチャンピオン決定が濃厚なルイス・ハミルトン
(メルセデス)は予選3位
タイトルに望みを繋ぐには優勝しか無いセバスチャン・ベッテル
(フェラーリ)は予選4位に留まり
決勝レースグリッドは2列目の攻防にも注目が集まる☆

☞2018F1第19戦メキシコGP「ハミルトン5度目のタイトル決定の瞬間を観逃すな!☆」【放送日程】

☞2018F1GPカレンダー(スケジュール・日程)「年間21戦!F1史上初の3週連続開催!激しく熱いシーズン☆」

☞2018F1GPエントリーリスト「レッドブル・トロロッソ・ホンダ発進!☆」

☞2018F1GP新型マシンラインナップ「フェラーリからトロロッソHONDAまで告知色々推しチームが変わるかも!?w」【動画】

☞2018F1GPレギュレーション変更点「安全装置ハロ装着タイヤコンパウンドは7種類に!☆」

2018F1第19戦メキシコGP予選結果

1 ダニエル・リカルド    レッドブル
  1’14.759
2 マックス・フェルスタッペンレッドブル
  1’14.785
3 ルイス・ハミルトン    メルセデス  
  1’14.894
4 セバスチャン・ベッテル  フェラーリ
  1’14.970
5 バルテリ・ボッタス    メルセデス
  1’15.160
6 キミ・ライコネン     フェラーリ
  1’15.330
7 ニコ・ヒュルケンベルグ  ルノー
  1’15.827
8 カルロス・サインツJr  ルノー
  1’16.084
9 シャルル・ルクレール   ザウバー
  1’16.189
10マーカス・エリクソン   ザウバー
  1’16.513



☞Formula1レジスタードマーク The Official

当サイトでは モータースポーツの活性化
自動車社会の向上復活 世界の景気回復wを願っています♡


F1速報 2018年 11/1号 第18戦 アメリカGP


auto sport - オートスポーツ - 2018年 11/2号 No.1492


知られざる キミ・ライコネン


TOYOTA × Le MANS 24h トヨタ ル・マン挑戦の軌跡 【特別付録】両面 ポスター 歴代参戦マシンイラスト& TS050 HYBRID (auto sport 特別編集)


RALLY PLUS vol.19


ギャルズパラダイス 2018 トップレースクィーン編 【付録】ギャルパラ厳選TOP52レースクイーントランプ (サンエイムック)

posted by ぷらちゃん at 11:06| 千葉 ☁| Comment(0) | F1観戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月27日

WRC(世界ラリー選手権)2018第12戦ラリー・エスパーニャ(スペイン) DAY1・2「トヨタのタナクこのままの順位で大逆転タイトル首位!? ☆」【動画】



WRC(世界ラリー選手権)2018第12戦ラリー・エスパーニャ(スペイン)DAY1・2

トヨタGazooレーシングWRチーム オット・タナク(トヨタ)
大逆転のリザルトトップ独走中!?

WRC(世界ラリー選手権)2018
第12戦RACCカタルーニャ・ラリー・デ・エスパーニャ
(スペイン)

総走行距離:1495.73km
総ステージ走行距離:331.58km
SS数:18

WRC(世界ラリー選手権)第12戦ラリー・エスパーニャ(スペイン)
シェイクダウン・DAY1&DAY2


WRC - RallyRACC 2018: Shakedown Highlights


WRC - RallyRACC 2018: Highlights SS1 Barcelona


WRC - RallyRACC 2018: Highlights Stages 1-4


WRC - RallyRACC 2018: Highlights Stages 5-7

シェイクダウンでドライバーズタイトル首位のティエリー・ヌービル
(ヒュンダイ)が横転するクラッシュを喫したがマシンを修復させ
ラリーに臨んでいる

ラリー・エスパーニャ(スペイン)はシーズン唯一のミックスサーフェス
グラベル(未舗装路)とターマック(舗装路)の組み合わせた
イベントとなるが金曜日にグラベル残り2日がターマックとなる

グラベルでは先頭スタートは路面の掃除役となりタイムを出せない
ラリー初日はポイントランキング順のスタートとなる
前戦でトヨタGazooレーシングWRチーム オット・タナク
(トヨタ)はセバスチャン・オジェ(Mスポーツ・フォード)に
逆転されランキング3位に後退しているが
ラリー・エスパーニャ(スペイン) の初日ある意味3位に落ちた
事が良い結果に結び付いているかも知れない!?w

ヤリマティ・ラトバラ(トヨタ)は2位に付けていたがSS3で
左リアタイヤをバーストしロングステージだった為に10位まで
後退してしまい苛立ちが隠せなかったが
何と5位まで挽回して魅せた
彼はストレスを与えた方が本領を発揮する傾向にある!?w

スタート順に苦戦するティエリー・ヌービル(ヒュンダイ)と
セバスチャン・オジェ(Mスポーツ・フォード)が下位に沈み
地元スペインのダニ・ソルド(ヒュンダイ)が2位を快走
更にスポット参戦のセバスチャン・ローブ(シトロエン)が
徐々に勘を取り戻しセッティングも決まりタイトル争いの間に
割って入った

金曜日はトヨタGazooレーシングWRチーム オット・タナク
(トヨタ)が一歩リードした首位で折り返し土曜日からの
ターマック路面に合わせてメカニックはマシンのセッティングを
入れ替える作業に入った

WRC2018 第12戦ラリー・エスパーニャ(スペイン) DAY2
SS7後 総合順位

1 オット・タナク     (トヨタ)
  1:34’27.4
2 ダニ・ソルド      (ヒュンダイ)
  +26.8
3 エルフィン・エバンス  (Mスポーツ・フォード)
  +29.7
4 セバスチャン・ローブ  (シトロエン)
  +30.2
5 ヤリマティ・ラトバラ  (トヨタ)
  +37.6
6 アンドレアス・ミケルセン(ヒュンダイ)
  +39.1
7 セバスチャン・オジェ  (Mスポーツ・フォード)
  +39.4
8 クレイグ・ブリーン   (シトロエン)
  +44.7
9 ティエリー・ヌービル  (ヒュンダイ)
  +59.7
10エサペッカ・ラッピ   (トヨタ)
  +1’07.4

☞WRC(世界ラリー選手権)2018第12戦ラリー・エスパーニャ(スペイン)「ミックス路面でトヨタの集大成を魅せるか!?☆」【放送日程】無料放送有り☆

☞TOYOTA GAZOO Racing 公式サイト

☞ラリーRACC 公式サイト

☞WRC 公式サイト

☞トヨタGazooレーシングWRC(世界ラリー選手権)参戦2年目に「オット・タナク」起用!☆

☞東京オートサロン2018「WRC(世界ラリー選手権)ブースはWRC日本開催誘致一色だった!☆」

☞2018年WRCカレンダー(世界ラリー選手権・スケジュール)「トヨタWRC復帰参戦2年目タイトルに向けて走り出す!☆」

当サイトでは モータースポーツの活性化
自動車社会の向上復活 世界の景気回復wを願っています♡


RALLY PLUS vol.19


RALLY CARS Vol.21 (SAN-EI MOOK)


auto sport - オートスポーツ - 2018年 11/2号 No.1492


F1速報 2018年 11/1号 第18戦 アメリカGP


ギャルズパラダイス 2018 トップレースクィーン編 【付録】ギャルパラ厳選TOP52レースクイーントランプ (サンエイムック)

posted by ぷらちゃん at 23:27| 千葉 ☀| Comment(0) | WRC観戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする