2018年04月15日

2018F1第3戦中国GP決勝「トロロッソ接触セーフティーカー導入で流れが変わったレッドブル劇場!☆」



2018F1第3戦中国GP決勝

2018シーズンF1グランプリ2週連続開催第3戦は中国GP
週末初めての晴れで気温上昇 データの無い手探りの決勝レース
トロロッソチーム2台の接触でセーフティーカーが導入され
流れが大きく変わった!☆

上海インターナショナル・サーキット
5.451km
コーナー数 16 時計回り
決勝 56Lap

上海との時差は−1時間

天候 晴れ 気温 18℃ 路面温度 39℃
湿度 21% 風速 4m/秒 風向 北北西(参考)
気圧 1018.6hpa 
ドライコンディション

ポールポジションのセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)から
4番グリッドルイス・ハミルトン(メルセデス)までがソフトタイヤ
続いてレッドブルの2台がウルトラソフトで並ぶ決勝スタートグリッド

シグナルがブラックアウトすると2番グリッドのキミ・ライコネン
(フェラーリ)が好スタートを切りセバスチャン・ベッテル
(フェラーリ)がライコネンに寄せて権勢すると3番グリッドの
バルテリ・ボッタス(メルセデス)が2番手 5番グリッドから
マックス・フェルスタッペン(レッドブル)が3番手に上がり
ライコネンとルイス・ハミルトン(メルセデス)が順位を落とす

シーズンを長い目で見るとセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)の
権勢で入れ替わった順位が響いて来そうな結末は誰も想像していなかった

レッドブルがウルトラソフトタイヤで17周走り最近余り見掛けなくなった
マックス・フェルスタッペン(レッドブル)ダニエル・リカルド
(レッドブル)の順にダブルピットストップを魅せ付けミディアムタイヤ
に履き替える

ルイス・ハミルトン(メルセデス)バルテリ・ボッタス(メルセデス)
の順でピットインしミディアムタイヤでワンストップを狙う
続いてセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)だがボッタスより2ラップ
後の21周目となり 新品ミディアムタイヤでタイムを上げた
バルテリ・ボッタスが迫って来るとベッテルのコースインは
ボッタスの後ろとなってしまいコース上はキミ・ライコネン(フェラーリ)
バルテリ・ボッタス セバスチャン・ベッテルとなり事実上
バルテリ・ボッタス(メルセデス)がトップに上がった

キミ・ライコネン(フェラーリ)はバルテリ・ボッタス(メルセデス)
を抑えてセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)が差を縮めるが
オーバーテイクには至らずフェラーリの戦略とも思えない
キミ・ライコネンは28周目に2台を先に譲るとピットに入った
何故ここまで引き伸ばしたか たらればだがもう2周伸ばしていたら?

唯一ミディアムタイヤでスタートしたピエール・ガスリー(トロロッソ)
が予選Q2に進みウルトラソフトからミディアムタイヤに履き替えていた
ブレンドン・ハートレー(トロロッソ)のインに突っ込んでしまい
チーム同士でのクラッシュ!2台共マシンは走り出したがコース内には
デブリが散乱しセーフティーカーが導入される

セーフティーカー導入と同時に動いたのはレッドブル陣営
又もダブルピットストップピットインを魅せ付けた
この場合は同時ストップが必然となる

セーフティーカーが離れ再スタートとなると気温が下がり燃料が
軽くなったマシンにソフトタイヤがベストマッチングした
レッドブル2台の快進撃が始まる!☆

マックス・フェルスタッペン(レッドブル)はルイス・ハミルトン
と並ぶとコースの外に出されダニエル・リカルドに先に行かれ
ダニエル・リカルド(レッドブル)はキミ・ライコネン(フェラーリ)
をオーバーテイクしルイス・ハミルトン(メルセデス)も
DRSを使って抜いて行く
再びマックス・フェルスタッペンがルイス・ハミルトンに追い付くと
ミディアムタイヤの温度領域から外れたかインを譲る
しかしセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)をオーバーテイクで
インに飛び込むと接触しスピン!フェルスタッペンに10秒の
ペナルティが科された

ダニエル・リカルド(レッドブル)の快進撃は続きバルテリ・ボッタス
(メルセデス)もオーバーテイクしトップに立った☆

セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)はマシンにダメージを負い
フェルナンド・アロンソ(マクラーレン)にも抜かれ8位に

キミ・ライコネン(フェラーリ)は遅らせた分ソフトタイヤが
合っているのかバルテリ・ボッタス(メルセデス)を追撃するが
オーバーテイクには至らず3位表彰台

ダニエル・リカルド(レッドブル)が土曜日午前中のエンジンブロー
から予選Q1残り3分にエンジン載せ替えが終わり最後尾スタートを
免れ レッドブルトロロッソ2台の接触からのセーフティーカー導入
で2度目のピットインから快進撃で昨シーズンのアゼルバイジャン
GP以来の優勝を挙げた☆
久し振りに表彰台でのシューイも披露されましたw

FS0629.png

トロロッソHONDAはブレンドン・ハートレー(トロロッソ)が
51ラップでマシンをガレージに戻し最下位
ピエール・ガスリー(トロロッソ)は接触で10秒のペナルティを
科され18位と残念な結果となりましたが
ハートレーのリタイアはギアボックストラブルだった様で
ホンダパワーは順調にレベルを上げているので諦めずに応援を続けよう♡

全20台のマシンが完走扱いとなる素晴らしいレースで
誰も想像する事が不可能なレベルのレース展開となったF1グランプリ
2018シーズンは物凄く楽しめそうである♡


F1速報 2017年 7/13号 第8戦アゼルバイジャンGP

☞2017F1第8戦アゼルバイジャンGP決勝「超波乱!ベッテル爆発!セーフティーカー3回赤旗中断下剋上の逆転劇☆」

☞2018F1第3戦中国GP予選「ウルトラソフトを征しフェラーリが2戦連続フロントロー独占!☆」

☞2018F1第3戦中国GP「快進撃ホンダパワーをリアルタイムで応援しよう♡!☆」【放送日程】

☞2018F1GPカレンダー(スケジュール・日程)「年間21戦!F1史上初の3週連続開催!激しく熱いシーズン☆」

☞2018F1GPエントリーリスト「レッドブル・トロロッソ・ホンダ発進!☆」

☞2018F1GP新型マシンラインナップ「フェラーリからトロロッソHONDAまで告知色々推しチームが変わるかも!?w」【動画】

☞2018F1GPレギュレーション変更点「安全装置ハロ装着タイヤコンパウンドは7種類に!☆」

2018F1 第3戦 中国GP 決勝 結果

1 ダニエル・リカルド    レッドブル
  1:35’36.380(56Laps)
2 バルテリ・ボッタス    メルセデス
  +8.894
3 キミ・ライコネン     フェラーリ  
  +9.637
4 ルイス・ハミルトン    メルセデス
  +16.985
5 マックス・フェルスタッペンレッドブル
  +20.436
6 ニコ・ヒュルケンベルグ  ルノー
  +21.052
7 フェルナンド・アロンソ  マクラーレン
  +30.639
8 セバスチャン・ベッテル  フェラーリ
  +35.286
9 カルロス・サインツJr  ルノー
  +35.763
10ケビン・マグヌッセン   ハース
  +39.594


☞Formula1レジスタードマーク The Official

当サイトでは モータースポーツの活性化
自動車社会の向上復活 世界の景気回復wを願っています♡


F1速報 2018年 5/7号 第3戦 中国GP


F1速報 2018年 4/19号 第2戦 バーレーンGP


AUTO SPORT - オートスポーツ - 2018年 4/27号 No.1479


F1速報別冊 F1メカニズム最前線 2018 (ニューズムック)


F1速報 別冊 フェラーリF1 70年激闘史 (NEWS mook F1速報別冊)

posted by ぷらちゃん at 21:11| 千葉 ☁| Comment(0) | F1観戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする