2018年04月30日

WRC(世界ラリー選手権)2018第5戦ラリー・アルゼンティーナDAY4「祝!トヨタ復帰3勝目タナク移籍初優勝☆」【動画】



WRC(世界ラリー選手権)2018第5戦ラリー・アルゼンティーナDAY4

WRC(世界ラリー選手権)2018ラリー・アルゼンティーナ
トヨタWRC復帰2年3勝目オット・タナク移籍後初優勝を掲げました☆

WRC 世界ラリー選手権 2018
第5戦 ラリー・アルゼンティーナ(アルゼンチン)

総走行距離:1300.65km
総ステージ走行距離:358.25km
SS数:18

WRC(世界ラリー選手権)2018第5戦ラリー・
アルゼンティーナDAY4


WRC - YPF Rally Argentina 2018: Highlights SS16

トヨタGazooレーシングWRTヤリス(日本名ヴィッツ)
オット・タナク(トヨタ)は土曜日までに15SS中
10ステージをトップタイムで激走しトヨタ移籍後初優勝
自身通算3勝目 トヨタはWRC復帰初年度に2勝2018
シーズン初優勝で3勝目を挙げた☆

エサペッカ・ラッピ(トヨタ)は土曜日6位でフィニッシュ
したものの日曜日最初のSS16でパンクを喫し8位に後退
最終SSパワーステージでポイント獲得に挑んだが
エンジンストールしパワーステージ6位でポイント獲得とは
ならず総合8位

土曜日総合10位WRC2優勝を目前にカッレ・ロバンペラ
(シュコダ/WRC2)はSS17フィニッシュ直前に
コースオフし横転しながら観客のキャンピングカーに激突する
クラッシュ!幸い怪我人は出なかったがWRC2優勝と
総合10位はポンタス・ティデマンド(シュコダ/WRC2)
となった

チャンピオンセバスチャン・オジェ(Mスポーツ)はシーズンを
見据えたかペースを抑えた様にも思えるがパワーステージでは
2位でフィニッシュ4ポイントを追加してドライバーズタイトル
首位を守っている

ティエリー・ヌービル(ヒュンダイ)2位ダニ・ソルド
(ヒュンダイ)3位でヒュンダイがマニファクチャラータイトル
首位を一歩リードした

トヨタWRC復帰後3度目の「君が代」が表彰台に流れ
トヨタにはマニファクチャラータイトルを狙って欲しいが
ヤリマティ・ラトバラ(トヨタ)にも復活して貰い
表彰台を独占する日が待ち遠しい♡


WRC - YPF Rally Argentina 2018: Highlights Stages 16-18

☞WRC(世界ラリー選手権)2018第5戦ラリー・アルゼンティーナDAY3「爆走!トヨタのタナク独走の首位☆移籍初優勝にカウントダウン」【動画】

☞WRC(世界ラリー選手権)2018第5戦ラリー・アルゼンティーナDAY1・2「タナク首位浮上ラトバラ続行断念 明暗分かれるトヨタ陣営」【動画】

☞WRC(世界ラリー選手権)2018第5戦ラリー・アルゼンティーナ「地球の裏側南米決戦トヨタは昨年のリベンジへ」【放送日程】

☞WRC(世界ラリー選手権)2018第5戦ラリー・アルゼンティーナ総集編「地球の裏側南米決戦でトヨタ優勝!☆」【動画】

☞TOYOTA GAZOO Racing 公式サイト

☞ラリー・アルゼンティーナ 公式サイト

☞WRC 公式サイト

WRC2018 第5戦ラリー・アルゼンティーナ DAY 4
SS18後 総合順位

1 オット・タナク     (トヨタ)
  3:43’28.9
2 ティエリー・ヌービル  (ヒュンダイ)
  +37.7
3 ダニ・ソルド      (ヒュンダイ)
  +1’15.7
4 セバスチャン・オジェ  (Mスポーツ・フォード)
  +1’58.6
5 アンドレアス・ミケルセン(ヒュンダイ)
  +2’02.6
6 エルフィン・エバンス  (Mスポーツ・フォード)
  +3’06.3
7 クリス・ミーク     (シトロエン)
  +3’25.7
8 エサペッカ・ラッピ   (トヨタ)
  +4’32.6
9 テーム・スニネン    (Mスポーツ・フォード)
  +5’38.6
10ポンタス・ティデマンド (シュコダ/WRC2)
  +12’15.8

☞トヨタGazooレーシングWRC(世界ラリー選手権)参戦2年目に「オット・タナク」起用!☆

☞TOYOTA GAZOO Racing 公式サイト

☞東京オートサロン2018「WRC(世界ラリー選手権)ブースはWRC日本開催誘致一色だった!☆」

☞2018年WRCカレンダー(世界ラリー選手権・スケジュール)「トヨタWRC復帰参戦2年目タイトルに向けて走り出す!☆」

当サイトでは モータースポーツの活性化
自動車社会の向上復活 世界の景気回復wを願っています♡


RALLY PLUS - ラリープラス - vol.17


RALLY CARS - ラリーカーズ - Vol.20 TOYOTA CELICA GT-FOUR ST165 (サンエイムック)


AUTO SPORT - オートスポーツ - 2018年 5/11号 No.1480 【特別付録】


F1速報 2018年 5/7号 第3戦 中国GP


2018 スーパーGT公式ガイドブック 【2大付録】5月始まりGTカレンダー / 2018全車総覧ポスター (auto sport 臨時増刊)


ギャルズ・パラダイス (2018東京オートサロン編)

posted by ぷらちゃん at 15:46| 千葉 ☁| Comment(0) | WRC観戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018F1第4戦アゼルバイジャンGP決勝「大波乱!サバイバルレース生き残りシーズン初優勝ハミルトン☆」



2018F1第4戦アゼルバイジャンGP決勝

2018F1GP第4戦アゼルバイジャンGP開催3年目
ロングストレートと旧市街地のテクニカルセクションが織り成す
バクー市街地コース 強風が心配されたがそれ以上に大波乱の
展開となった!?

バクー市街地サーキット
6.006km
コーナー数 19 反時計回り
決勝 51Laps

アゼルバイジャンとの時差は−5時間

天候 晴れ時々曇り 気温 17℃ 路面温度 27℃
湿度 46% 風速 15.0m/秒 風向 北西(参考)
気圧 1020.0hpa 
ドライコンディション

決勝フロントローに並ぶのは3戦連続ポールポジション
セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)とルイス・ハミルトン
(メルセデス)スタート直後のストレートは僅か200m
綺麗にスタートしたかに思われたがオープニングラップに
複数個所で接触が有り自己最高11番グリッドからスタートの
セルゲイ・シロトキン(ウイリアムズ)と久し振り予選Q3進出
7番グリッドスタートのエステバン・オコン(フォースインディア)
がマシンを止め セーフティーカーが導入された

スーパーソフトとでスタートしたルイス・ハミルトン(メルセデス)
は22ラップ目にタイヤの消耗を訴えピットインすると
無難にソフトコンパウンドに交換して走り切る模様

何度か接触を繰り返していたレッドブルの2台だったが
マックス・フェルスタッペン(レッドブル)のブロックに
ダニエル・リカルド(レッドブル)がフルブレーキングで激突!
チーム内クラッシュでリタイアしセーフティーカー導入

セーフティーカー中にロマン・グロージャン(ハース)が
タイヤウォームアップのウェービングでフェンスにクラッシュ!
セーフティーカーの時間が長引き波乱の要因の一つに

再スタートが切られるとトップを奪い返そうとしたセバスチャン
・ベッテル(フェラーリ)が激しいタイヤスモークを上げて
オーバーランし順位を落としてしまいセルジオ・ペレス
(フォースインディア)にも先行を許すと編摩耗を起こした
タイヤではDRSを使用出来ても順位を戻す事は出来なかった

バルテリ・ボッタス(メルセデス)を先頭に4戦目にして
シーズン初メルセデスのワンツー体勢が出来上がり続いたのは
キミ・ライコネン(フェラーリ)だった

しかし残り3ラップに入るメインストレートで大波乱は起きる
シーズン初優勝を目前にしたバルテリ・ボッタス(メルセデス)の
右リアタイヤがバースト!コース上に残ったデブリを踏んでしまった

タイヤの摩耗と軽いマシントラブルを抱えながらポイント獲得の為に
完走を狙っていたルイス・ハミルトン(メルセデス)がサバイバル
レースを生き残り6戦振りシーズン初優勝が転がり込んで来た

キミ・ライコネン(フェラーリ)はオープニングラップでエステバン
・オコン(フォースインディア)に接触しフロントノーズとタイヤ交換
を行いながら2位表彰台を獲得

3位にはセルジオ・ペレス(フォースインディア)が2年振り
同じアゼルバイジャンGPで表彰台に上がり
オープニングラップに左側の前後輪を失いピットまで辿り着いた
フェルナンド・アロンソ(マクラーレン)が7位でフィニッシュ
シャルル・ルクレール(ザウバー)が6位初入賞
トロロッソ・ホンダのブレンドン・ハートレー(トロロッソ)も10位
で初めてのポイント獲得となった

ドライバーズランキングではルイス・ハミルトン(メルセデス)が
トップに返り咲き 望んでいたリザルトとは違ってしまったがw
激しいサバイバル劇を堪能するレースが観れ
2018シーズン今後の展開も楽しみとなった♡

☞2018F1第4戦アゼルバイジャンGP予選「ベッテル3戦連続ポール獲得!フェラーリ独占成らず☆」

☞2018F1第4戦アゼルバイジャンGP「3年目4月開催となったバクー市街地コースで腕試し!☆」【放送日程】

☞2018F1GPカレンダー(スケジュール・日程)「年間21戦!F1史上初の3週連続開催!激しく熱いシーズン☆」

☞2018F1GPエントリーリスト「レッドブル・トロロッソ・ホンダ発進!☆」

☞2018F1GP新型マシンラインナップ「フェラーリからトロロッソHONDAまで告知色々推しチームが変わるかも!?w」【動画】

☞2018F1GPレギュレーション変更点「安全装置ハロ装着タイヤコンパウンドは7種類に!☆」

2018F1第4戦アゼルバイジャンGP 決勝結果

1 ルイス・ハミルトン    メルセデス  
  1:43’44.291(51Laps)
2 キミ・ライコネン     フェラーリ
  +2.460
3 セルジオ・ペレス     フォースインディア
  +4.024
4 セバスチャン・ベッテル  フェラーリ
  +5.329
5 カルロス・サインツJr  ルノー
  +7.515
6 シャルル・ルクレール   ザウバー
  +9.158
7 フェルナンド・アロンソ  マクラーレン
  +10.931
8 ランス・ストロール    ウイリアムズ
  +12.546
9 ストフェル・バンドーン  マクラーレン
  +14.152
10ブレンドン・ハートレー  トロロッソ
  +18.030

☞Formula1レジスタードマーク The Official

当サイトでは モータースポーツの活性化
自動車社会の向上復活 世界の景気回復wを願っています♡


F1速報 2018年 5/7号 第3戦 中国GP


AUTO SPORT - オートスポーツ - 2018年 5/11号 No.1480 【特別付録】


2018 スーパーGT公式ガイドブック 【2大付録】5月始まりGTカレンダー / 2018全車総覧ポスター (auto sport 臨時増刊)


RALLY PLUS - ラリープラス - vol.17


ギャルズ・パラダイス (2018東京オートサロン編)

posted by ぷらちゃん at 12:17| 千葉 ☀| Comment(0) | F1観戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月29日

WRC(世界ラリー選手権)2018第5戦ラリー・アルゼンティーナDAY3「爆走!トヨタのタナク独走の首位☆移籍初優勝にカウントダウン」【動画】



WRC(世界ラリー選手権)2018第5戦ラリー・アルゼンティーナDAY3

WRC(世界ラリー選手権)2018
地球の裏側季節は秋の南米決戦は川渡りのウォーター
スプラッシュも必見!名物の霧で波乱が待ち受ける!?

WRC 世界ラリー選手権 2018
第5戦 ラリー・アルゼンティーナ(アルゼンチン)

総走行距離:1300.65km
総ステージ走行距離:358.25km
SS数:18

WRC(世界ラリー選手権)2018第5戦ラリー・
アルゼンティーナDAY3


WRC - YPF Rally Argentina 2018: Highlights SS10


WRC - YPF Rally Argentina 2018 / M-Sport Ford WRT: Saturday Recap


WRC - YPF Rally Argentina 2018: Highlights Stages 12-15

トヨタGazooレーシングWRTヤリス(日本名ヴィッツ)
オット・タナク(トヨタ)が金曜日首位折り返しから
土曜日7スペシャルステージ中5ステージでトップタイムを
続出の激走を魅せている☆

霧が深く発生したSS11では挽回が予想されたチャンピオン
セバスチャン・オジェ(Mスポーツ)も大きくペースを落とし
差が広がってしまった

シトロエンC3には不運が重なった金曜日好調2位の
クリス・ミーク(シトロエン)は霧のSS11で慎重に走り3位に
順位を落とし 土曜日最終40.48kmのロングステージでパンク
タイヤ交換を余儀なくされ8位まで脱落してしまい
金曜日6位と好位置に居たクレイグ・ブリーン(シトロエン)は
SS11のジャンプで横転!リアスポイラーを失いダメージの
マシンでサービスまで戻って来たがロールゲージに損傷が有り
ラリーを離脱した

トヨタWRC(世界ラリー選手権)復帰2年3度目の優勝
オット・タナクがトヨタに移籍後の初優勝が見えて来ました☆
最終SSパワーステージの生中継は日本時間の日付が変わった深夜に
なりますが祝福の瞬間を観届けましょう♡

☞WRC(世界ラリー選手権)2018第5戦ラリー・アルゼンティーナDAY1・2「タナク首位浮上ラトバラ続行断念 明暗分かれるトヨタ陣営」【動画】

☞WRC(世界ラリー選手権)2018第5戦ラリー・アルゼンティーナ「地球の裏側南米決戦トヨタは昨年のリベンジへ」【放送日程】

☞WRC(世界ラリー選手権)2018第5戦ラリー・アルゼンティーナ総集編「地球の裏側南米決戦でトヨタ優勝!☆」【動画】

☞TOYOTA GAZOO Racing 公式サイト

☞ラリー・アルゼンティーナ 公式サイト

☞WRC 公式サイト

WRC2018 第5戦ラリー・アルゼンティーナ DAY 3
SS15後 総合順位

1 オット・タナク     (トヨタ)
  2:58’33.9
2 ティエリー・ヌービル  (ヒュンダイ)
  +46.5
3 ダニ・ソルド      (ヒュンダイ)
  +1’08.2
4 セバスチャン・オジェ  (Mスポーツ・フォード)
  +1’59.0
5 アンドレアス・ミケルセン(ヒュンダイ)
  +2’13.8
6 エサペッカ・ラッピ   (トヨタ)
  +2’42.9
7 エルフィン・エバンス  (Mスポーツ・フォード)
  +2’49.1
8 クリス・ミーク     (シトロエン)
  +3’20.4
9 テーム・スニネン    (Mスポーツ・フォード)
  +4’17.6
10カッレ・ロバンペラ   (シュコダ/WRC2)
  +10’50.2

☞トヨタGazooレーシングWRC(世界ラリー選手権)参戦2年目に「オット・タナク」起用!☆

☞TOYOTA GAZOO Racing 公式サイト

☞東京オートサロン2018「WRC(世界ラリー選手権)ブースはWRC日本開催誘致一色だった!☆」

☞2018年WRCカレンダー(世界ラリー選手権・スケジュール)「トヨタWRC復帰参戦2年目タイトルに向けて走り出す!☆」

当サイトでは モータースポーツの活性化
自動車社会の向上復活 世界の景気回復wを願っています♡


RALLY PLUS - ラリープラス - vol.17


RALLY CARS - ラリーカーズ - Vol.20 TOYOTA CELICA GT-FOUR ST165 (サンエイムック)


AUTO SPORT - オートスポーツ - 2018年 5/11号 No.1480 【特別付録】


F1速報 2018年 5/7号 第3戦 中国GP


2018 スーパーGT公式ガイドブック 【2大付録】5月始まりGTカレンダー / 2018全車総覧ポスター (auto sport 臨時増刊)


ギャルズ・パラダイス (2018東京オートサロン編)

posted by ぷらちゃん at 22:00| 千葉 ☀| Comment(0) | WRC観戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする