2017年04月09日

WRC(世界ラリー選手権)2017第4戦ラリー・フランスDAY2「大波乱?白煙を上げエンジンブロー!☆」【動画】



WRC(世界ラリー選手権)2017第4戦ラリー・フランスDAY2

WRC(世界ラリー選手権)2017第4戦
ラリー・フランスは地中海に浮かぶナポレオンの生誕地
コルシカ島で繰り広げられるターマック(舗装路)ラリー
の幕開け「ツール・ド・コルス」!☆

WRC 世界ラリー選手権 2017
第4戦 ラリー・フランス

総走行距離:1082.20km
総ステージ走行距離:316.76km
SS数:10


Tour de Corse 2017: Highlights Stages 5−6


Tour de Corse 2017: Highlights Stages 7−8


Tour de Corse 2017:Kris Meeke’s engine issue in SS6


Tour de Corse 2017: MEET THE CREWS Saturday

WRC(世界ラリー選手権)2017第4戦ラリー・フランス
「ツール・ド・コルス」は2日目土曜日2本目のSS6で
波乱が起きる!?

開幕から苦戦を強いられたティエリー・ヌービル(ヒュンダイ)
がSS5とSS6で連続トップタイムを叩き出すと
虎視眈々と首位を狙っていたセバスチャン・オジェ(Mスポーツ
・フォード)を逆転し2位に浮上する

連続優勝に向けてラリーをリードするクリス・ミーク
(シトロエン)はSS6のフィニッシュ直前にエンジンブロー!
白煙を上げていたがタイムコントロールで息の根を止め
万事休す 虚しく押されて移動リタイアとなってしまう

一気に首位に躍り出たティエリー・ヌービル(ヒュンダイ)
悪夢を繰り返すこと無く最終日を乗り切れるだろうか!?
2017シーズンが更に楽しみになって来ました♡

トヨタGAZOOレーシング ヤリマティ・ラトバラも
表彰台を狙える位置4位に浮上しにて来て期待が膨らんでしまう☆

日曜日の最終日は2本のSSを残すのみ
最終SSはボーナスポイントを獲得出来るパワーステージ!
今夜日本時間19時より生中継及びLIVE配信が有るので
お楽しみ頂きたい♡

Servicepark Live
http://www.wrc.com/en/wrc/livecenter/page/4175----.html
サービスパークから生配信!

☞TOYOTA GAZOO Racing 公式サイト

☞ツールドコルス 公式サイト

☞WRC 公式サイト

WRC2017 第4戦ラリー・フランス DAY 2
SS8後 総合順位

1 ティエリー・ヌービル  (ヒュンダイ)
  2:44’10.2
2 セバスチャン・オジェ  (Mスポーツ・フォード)
  +38.9
3 ダニ・ソルド      (ヒュンダイ)
  +57.7
4 ヤリマティ・ラトバラ  (トヨタ)
  +1’09.4
5 クレイグ・ブリーン   (シトロエン)
  +1’12.2
6 ヘイデン・パッドン   (ヒュンダイ)
  +1’43.8
7 アンドレアス・ミケルセン(シュコダ/WRC2)
  +6’21.7
8 テーム・スニネン    (Mスポーツ/WRC2)
  +7’29.6
9 ステファン・サラザン  (シュコダ サラザン)
  +7’46.8
10ヨハン・ロッセル    (シトロエン/WRC2)
  +9’56.5

☞WRC(世界ラリー選手権)2017第4戦ラリー・フランスDAY1「トヨタのハンニネンは石橋に激突!☆」【動画】

☞WRC(世界ラリー選手権)2017第4戦ラリー・フランス「舗装路開幕は春のコルシカ島!☆」【放送日程】

☞WRC(世界ラリー選手権)2017トヨタ復帰ドライバーズラインナップ発表!「ラトバラはマキネンの元チャンピオンへ☆」

☞2017年WRCカレンダー(世界ラリー選手権・スケジュール)「380馬力マシンが世界を駆け巡る!☆」

当サイトでは モータースポーツの活性化
自動車社会の向上復活 世界の景気回復wを願っています♡


AUTO SPORT 2017年 4/14号 (No.1453)


F1速報 オーストラリアGP号


RALLY PLUS vol.13 (ラリープラス)


2016−2017スーパーGT公式ガイドブック総集編 (SUPER GT OFFICIAL GUIDE BOOK)


ギャルズ・パラダイス (2017東京オートサロン編)



posted by ぷらちゃん at 17:54| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | WRC観戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017スーパーGT開幕戦 岡山国際サーキット300クラス予選「プリウス大クラッシュ!赤旗再開初音ミク激走☆」



2017SUPER GT 開幕戦 岡山国際サーキット 予選

2017 SUPER GT Round 1
OKAYAMA GT 300KM RACE
OKAYAMA INTERNATIONAL CIRCUIT
4月8日(土)予選 9日(日)決勝

岡山国際サーキット 
全長 3.703km コーナー数 13
決勝 82Lap

天候 霧雨 気温 21℃ 路面温度 23℃
湿度 80% 風速 3m/秒 風向 南西(参考)
気圧 992.1hpa
ドライコンディション/セミウェットコンディション

スーパーGT2017シーズン開幕戦は各クラス大波乱の
幕開けとなりました
GT300クラスでは予選Q2でTOYOTA PRIUS
apr GT 30号車 永井宏明選手がスピンして
コンクリートウォールに激突!マシンは大きなダメージを
受けてしまいました

赤旗中断後残り時間5分で再開され
グッドスマイル 初音ミク AMG 4号車 谷口信輝選手
のラストアタック激走!
VivaC 86 MC 25号車 松井孝允選手に2番手
タイムを奪われた直後に奪還!更にタイムアタックを続け
たが自己ベストを更新も
LEON CVSTOS AMG 65号車 蒲生尚弥選手
が出した赤旗前のポールポジション獲得タイムは塗り替えられず
決勝スタートはこの2台がフロントローに並ぶ

Studie BMW M6 7号車がガレージから出る事無く
予選が終わってしまったのですが 少し覗かせた
カラーリングが可愛い♡w
上戸彩のワンピースみたいと思ったのは私だけだろうか!?w
応援したくなってしまった♡w

2017 SUPER GT 第1戦 OKAYAMA GT 300KM RACE GT300 予選結果

1 65 LEON CVSTOS AMG
     1’25.044
2  4 グッドスマイル 初音ミク AMG
     1’25.166
3 25 VivaC 86 MC
     1’25.473
4 51 JMS P.MU LMcorsa RC F GT3
     1’25.801
5 88 マネパ ランボルギーニ GT3
     1’26.244
6 61 SUBARU BRZ R&D SPORT
     1’26.248
7 87 ショップチャンネル ランボルギーニ GT3
     1’26.484
8 11 GAINER TANAX AMG GT3
     1’26.512
9 31 TOYOTA PRIUS apr GT
     1’26.686
1010 GAINER TANAX triple A GT‐R
     1’26.912
1150 Ferrari 488 GT3
     1’27.046
1221 Hitotsuyama Audi R8 LMS
     1’27.896
13 2 シンティアム・アップル・ロータス
     1’28.010
1430 TOYOTA PRIUS apr GT
     タイム抹消

☞2017スーパーGT開幕戦 岡山国際サーキット500クラス予選「空力特性変更マシンに霧雨の悪戯で大波乱!?☆」

☞2017スーパーGT開幕戦 岡山国際サーキット「ダウンフォース25%削減ニューマシンデビュー戦!☆」【放送日程】

☞2017SUPER GTスケジュール「オートポリス復活に最後の鈴鹿1000km」

☞岡山国際サーキット WEBサイト

☞SUPER GT公式HP

当サイトでは モータースポーツの活性化
自動車社会の向上復活 世界の景気回復wを願っています♡


AUTO SPORT 2017年 4/14号 (No.1453)


F1速報 オーストラリアGP号


RALLY PLUS vol.13 (ラリープラス)


2016−2017スーパーGT公式ガイドブック総集編 (SUPER GT OFFICIAL GUIDE BOOK)


ギャルズ・パラダイス (2017東京オートサロン編)



posted by ぷらちゃん at 12:22| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | スーパーGT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017スーパーGT開幕戦 岡山国際サーキット500クラス予選「空力特性変更マシンに霧雨の悪戯で大波乱!?☆」



2017SUPER GT 開幕戦 岡山国際サーキット 予選

25%ダウンフォース削減のテクニカルレギュレーション
変更の下3メーカーが事実上ニューマシンを開発して臨む
スーパーGT2017シーズン開幕戦岡山国際サーキット

コース路面改修でグリップが向上しラップタイムは短縮!
空力特性が変わったマシンに不安定な天候が悪戯をする

2017 SUPER GT Round 1
OKAYAMA GT 300KM RACE
OKAYAMA INTERNATIONAL CIRCUIT
4月8日(土)予選 9日(日)決勝

岡山国際サーキット 
全長 3.703km コーナー数 13
決勝 82Lap

天候 霧雨 気温 21℃ 路面温度 23℃
湿度 80% 風速 3m/秒 風向 南西(参考)
気圧 992.1hpa
ドライコンディション/セミウェットコンディション

予選開始時にはワイパーを動かす必要が無い程度の霧雨が
コースの一部で時折路面を湿らせるドライからセミウェット
に変化する微妙なコンディションとなった

ニッサンGT−R勢は昨シーズンまで2タイプ用意出来た
空力特性の違うマシンの内 富士スピードウェイタイプの
高速用リアウイングを切り捨てていた
GT−R勢は昨年の富士スピードウェイでは絶好調であったが
公式テストでレクサス勢から1秒近いラップタイム差は
実戦でも目の当たりにする事となった!?

予選Q1 有ろう事かニッサンGT−Rの4台全てが敗退して
しまったのである そしてトップ4をレクサス勢が独占し
タイヤメーカーではブリヂストンがトップ3を占めた!
更にチャンピオンマシンDENSO KOBELCO1号車
ヘイキ・コバライネン選手が9番手タイムで脱落!
過去3年のカーナンバー1が開幕戦予選Q1で消えてしまった

12分間の予選Q2では残り時間9分となった所で各マシン
コースインして行き残り4分でもウェービングしてタイヤを
温めていました 次のラップからタイムアタックが始まるかと
いう残り時間2分10秒 3年振りにスーパーGTに復帰した
au TOM’S36号車中嶋一貴選手がコースオフ!
湿った芝のエスケープゾーンでマシンは止まらずにタイヤ
ウォールに激突!赤旗中断となりました
ZENT CERUMO38号車立川祐路選手がトップタイム
でコントロールラインを通過するが赤旗後で無効!

無情にも雨粒が落ちて来ました!残り時間3分で予選Q2は
再開されましたが MOTUL MUGEN 16号車
中嶋大祐選手がスローダウン!コースサイドにマシンを
寄せますが再び赤旗となり予選Q2はそのまま終了
タイムアタックが出来ないままARTA NSX−GT 8号車
GT500クラスに復帰した小林崇志選手がポールポジションを
獲得した☆

J SPORTSでの予選生中継が無くなってしまい
予選はオンデマンドで視聴しましたが数度に渡って映像が
途切れてしまうのは残念でした BSでの放送は
編集されて時短で予選の駆け引きが薄れてしまいましたね
音声マシンサウンドが臨場感が高くリアルになった気が
するのですが気の所為でしょうか!?w
中嶋一貴選手がフェンスに接触してしまう音でビックリ
してしまいましたw

決勝はNSX−GTが何処まで活躍出来るか!?楽しみ
です☆ GT−Rも絡んで来て欲しいですね♡

2017 SUPER GT 第1戦 OKAYAMA GT 300KM RACE GT500 予選結果

1  8 ARTA NSX−GT
  1’20.604
2  6 WAKO’S 4CR LC500
  1’20.960
3 37 KeePer TOM’S LC500
  1’24.749
4 38 ZENT CERUMO LC500
  1’25.098
5 17 KEIHIN NSX−GT
  1’26.930
6 19 WedsSport ADVAN LC500
  1’28.347
7 16 MOTUL MUGEN NSX−GT
  タイム抹消
8 36 au TOM’S LC500
  タイム抹消

9  1 DENSO KOBELCO SARD LC500
  (1’19.072)
10100RAYBRIG NSX−GT
  (1’19.089)
1124 フォーラムエンジニアリングADVAN GT−R
  (1’19.234)
1264 Epson Modulo NSX−GT
  (1’19.269)
1312 カルソニック IMPUL GT−R
  (1’19.315)
1423 MOTUL AUTECH GT−R
  (1’19.386)
1546 S Road CRAFTSPORTS GT−R
  (1’19.616)

☞2017スーパーGT開幕戦 岡山国際サーキット「ダウンフォース25%削減ニューマシンデビュー戦!☆」【放送日程】

☞2017スーパーGT500クラス「レクサスLC500ラインナップ!翼を授かる☆」

☞2017スーパーGT500クラス「ニッサンGT−Rラインナップ!タイトル奪還へ向けて☆」

☞2017スーパーGT500クラス「勝利への決意 勝つためのシーズン NSX−GT」ラインナップ

☞2017SUPER GTスケジュール「オートポリス復活に最後の鈴鹿1000km」

☞岡山国際サーキット WEBサイト

☞SUPER GT公式HP

当サイトでは モータースポーツの活性化
自動車社会の向上復活 世界の景気回復wを願っています♡


AUTO SPORT 2017年 4/14号 (No.1453)


F1速報 オーストラリアGP号


RALLY PLUS vol.13 (ラリープラス)


2016−2017スーパーGT公式ガイドブック総集編 (SUPER GT OFFICIAL GUIDE BOOK)


ギャルズ・パラダイス (2017東京オートサロン編)



posted by ぷらちゃん at 10:48| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | スーパーGT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017F1第2戦中国GP予選「メルセデスVSフェラーリ1/1000秒フロントロー対決!☆」



2017F1第2戦中国GP予選

F1史上最大テクニカルレギュレーション改革の開幕から
2戦目の中国GP予選はメルセデスがやはり速く
今年はフェラーリが絡んで行き4番手以降は大混戦の展開
となっている

上海インターナショナル・サーキット
5.451km
コーナー数 16 時計回り
決勝 56Lap

上海との時差は−1時間

天候 晴れ 気温 21℃ 路面温度 32℃
湿度 66% 風速 5m/秒 風向 東北東(参考)
気圧 1011.3hpa 
ドライコンディション

今週末はWRC(世界ラリー選手権)が同一週開催され
日本ではスーパーGT開幕戦 WTCC(世界ツーリング
カー選手権)開幕戦等が開催されるモータースポーツ
大盛況の週末となっている♡w

2017F1第2戦の中国GP上海インターナショナル・
サーキットは金曜日フリー走行がメディカルヘリが病院に
着陸出来ないと言う天候の理由で殆どアタックする事が
出来ず 土曜日午前中のフリー走行のみで予選を迎えた

ザウバーチームで体力的理由で欠場するパスカル・
ウェーレインに変わって出場しているアントニオ・
ジョビナッツィが予選Q1では終了間際にホームストレート
立ち上がりで縁石に乗り上げスピンしクラッシュ!

アントニオ・ジョビナッツィ(ザウバー)のマシンは大破し
コースを塞いでストップ!タイムアタック中のマシンも
多かった マクラーレンHONDAのストフェル・バンドーン
はセッティングが遅れ16位Q1敗退
ロマン・グロージャン(ハース)マックス・フェルスタッペン
(レッドブル)もQ2に進出出来なかった

10分遅れで始まった予選Q2ではフェルナンド・アロンソ
(マクラーレン)が残念ながら14位Q3進出ならず
Q2通過は間違い無かったフェラーリの2台がラストアタック
にコースイン キミ・ライコネン(フェラーリ)がトップ
タイムを刻んだ

予選Q3ラストアタック ルイス・ハミルトン(メルセデス )
31秒台のタイムを更に縮めて通算63回目6戦連続の
ポールポジション獲得!続いてバルテリ・ボッタス
(メルセデス )が31秒台に入り2番手タイムとなったが
セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)が1/1000秒
バルテリ・ボッタスのタイムを削り取って開幕戦に続いての
フロントロー獲得!!

31秒台はトップ3のみ31秒台にキミ・ライコネン
(フェラーリ)予選5位以降は33秒台となってしまう大差で
大混戦の選り取り見取り 10位には18歳ルーキー
ランス・ストロール(ウイリアムズ)が入った☆

決勝レースはルイス・ハミルトン(メルセデス )と
セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)のスタート対決が
魅られるだろうか!?♡

☞2017F1第2戦中国GP「生中継観戦には綿密なプランを!?w」【放送日程】

☞2017F1GPレギュレーション変更点「ダウンフォース増加ラップ5秒短縮!?ガス欠でストップ!?」

☞2017F1GPエントリーリスト「メルセデスにボッタス!引退撤回のマッサ☆バンドーンはカーナンバー2」

☞2017F1GPカレンダー(スケジュール・日程)「驚異のダウンフォースとワイドタイヤで激戦となる☆」

2017F1第2戦中国GP予選 結果

1 ルイス・ハミルトン    メルセデス  
  1’31.678
2 セバスチャン・ベッテル  フェラーリ
  1’31.864
3 バルテリ・ボッタス    メルセデス
  1’31.865
4 キミ・ライコネン     フェラーリ
  1’32.140
5 ダニエル・リカルド    レッドブル
  1’33.033
6 フェリッペ・マッサ    ウイリアムズ
  1’33.507
7 ニコ・ヒュルケンベルグ  ルノー
  1’33.580
8 セルジオ・ペレス     フォースインディア
  1’33.706
9 ダニール・クビアト    トロロッソ
  1’33.719
10ランス・ストロール    ウイリアムズ
  1’34.220

☞Formula1レジスタードマーク The Official

当サイトでは モータースポーツの活性化
自動車社会の向上復活 世界の景気回復wを願っています♡


F1速報 オーストラリアGP号


F1事件簿30年史 (F1速報25周年記念)


F1 (エフワン) 速報 2017 開幕直前号 [雑誌] F1速報


2017 F1全チーム&マシン完全ガイド (auto sport 臨時増刊)


AUTO SPORT 2017年 4/14号 (No.1453)


GP Car Story Vol.18


Racing on Archives Vol.11 (レーシングオンアーカイブス)


RALLY PLUS vol.13 (ラリープラス)


2016−2017スーパーGT公式ガイドブック総集編 (SUPER GT OFFICIAL GUIDE BOOK)


ギャルズ・パラダイス (2017東京オートサロン編)



posted by ぷらちゃん at 03:20| 千葉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | F1観戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする