2017年03月12日

WRC(世界ラリー選手権)2017第3戦ラリー・メキシコDAY3「トヨタヤリス2台完走へ向けて☆」【動画】





WRC(世界ラリー選手権)2017第3戦ラリー・メキシコDAY3

WRC(世界ラリー選手権)2017第3戦「ラリー・メキシコ」
18年振り復帰WRC開幕から絶好調トヨタGAZOOレーシング
トヨタヤリス(日本名ヴィッツ)は標高2000mを超える
ラリー・メキシコのステージでデータ不足からかオーバーヒートで
順位は低迷していたがエンジンマッピングの変更で2台のマシンが
ポイント圏内に残っている

WRC 世界ラリー選手権 2017
第3戦 ラリー・メキシコ

総走行距離:897.68km
総ステージ走行距離:370.46km
SS数:19


NEWS CLIP Saturday #1

金曜日トップからクリス・ミーク(シトロエン)は
ブレーキに不安を抱えながらもチャンピオン
セバスチャン・オジェ(Mスポーツ・フォード)の猛追を
振り切りリードを30秒に広げシトロエンC3WRCの
初優勝に向けて独走を続ける
同じシトロエンのステファン・ルフェーブル(シトロエン)
はSS10でクラッシュしデイリタイアとなってしまう

ダニ・ソルド(ヒュンダイ)が金曜日のリザルトから
急激に順位を上げているが前日最後のストリートステージ
でエンジンストップにより走り切れずデイリタイア扱いと
なっていたがスチュワードが10分のペナルティを取り消し
ノーショナルタイムを与えられポイント圏内へ

状況を全て把握した訳では無いがこの采配は如何なものかと
感じてしまう WRCの信頼性とスポンサーやファンを失う
事へ繋がらければ良いが


HIGHLIGHTS Saturday

最終日日曜日は2本のSSのみ順位を挽回するには余りにも
各順位の差が開いているが飽くまでもエンジンが息の根を
止めなければの話である

Servicepark Live
http://www.wrc.com/en/wrc/livecenter/page/4175----.html
サービスパークから生配信!

☞TOYOTA GAZOO Racing 公式サイト

☞ラリー・メキシコ 公式サイト

☞WRC 公式サイト

WRC2017 第3戦ラリー・メキシコ DAY 3
SS17後 総合順位

1 クリス・ミーク     (シトロエン)
  2:47’33.3
2 セバスチャン・オジェ  (Mスポーツ・フォード)
  +30.9
3 ティエリー・ヌービル  (ヒュンダイ)    
  +1’10.5
4 オット・タナク     (Mスポーツ・フォード)
  +2’12.6
5 ヘイデン・パッドン   (ヒュンダイ)
  +3’25.5
6 ヤリマティ・ラトバラ  (トヨタ)
  +4’32.6
7 ユホ・ハンニネン    (トヨタ)
  +4’32.9
8 ダニ・ソルド      (ヒュンダイ)
  +5’16.1
9 エルフィン・エバンス  (Mスポーツ・フォード)
  +8’41.9
10ポンタス・ティデマンド (シュコダ/WRC2)
  +9’26.4

☞WRC(世界ラリー選手権)2017第3戦ラリー・メキシコDAY2「霧と渋滞でドライバーとマシン届かず!?☆」【動画】

☞WRC(世界ラリー選手権)2017第3戦ラリー・メキシコ シェイクダウン&スーパーSS「ハンニネン(トヨタ)汚名返上の首位!☆」【動画】

☞WRC(世界ラリー選手権)2017第3戦「トヨタ復帰快進撃!グラベルラリー幕開けビバメキシコ!☆」

☞WRC(世界ラリー選手権)2017第3戦ラリー・メキシコ「標高2000m山岳路を激走!☆」【放送日程】

☞WRC(世界ラリー選手権)2017トヨタ復帰ドライバーズラインナップ発表!「ラトバラはマキネンの元チャンピオンへ☆」

☞2017年WRCカレンダー(世界ラリー選手権・スケジュール)「380馬力マシンが世界を駆け巡る!☆」

当サイトでは モータースポーツの活性化
自動車社会の向上復活 世界の景気回復wを願っています♡


RALLY PLUS 2017年ラリーモンテカルロ速報号 (ラリープラス)


RALLY PLUS Vol.12 2017年 1/23号 (F1速報増刊)


RALLY PLUS(11) 2016年11/26 号 雑誌 (F1速報 増刊)


RALLY PLUS Vol.10 2016年 7/23 号


RALLY PLUS(9) 2016年 3/15 号

posted by ぷらちゃん at 17:43| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | WRC観戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする