2017年03月11日

WRC(世界ラリー選手権)2017第3戦ラリー・メキシコDAY2「霧と渋滞でドライバーとマシン届かず!?☆」【動画】



WRC(世界ラリー選手権)2017第3戦ラリー・メキシコDAY2

WRC(世界ラリー選手権)2017第3戦「ラリー・メキシコ」
初日のスーパースペシャルステージでトヨタのユホ・ハンニネン
が首位に立ち開幕から2戦連続クラッシュの汚名返上となるか!?
2台完走を目差して本格的グラベル(未舗装路)をトヨタヤリス
(日本名ヴィッツ)は土煙を上げ激走する!☆

WRC 世界ラリー選手権 2017
第3戦 ラリー・メキシコ

総走行距離:897.68km
総ステージ走行距離:370.46km
SS数:19

前日木曜日メキシコ首都メキシコシティのスーパーSSを終え
700キロ離れたラリーのベースとなるコルドバへの移動は
チャーター便とマシンは陸送されたが濃霧と渋滞で大幅に遅れ
金曜日午前中のステージがキャンセルされる事態が発生した!


NEWS CLIP Friday #1

開幕から2戦を終えドライバーズポイントトップに立つ
ヤリマティ・ラトバラ(トヨタ)にとってはトップスタートで
コースの掃除役となってしまう為若干有利に働いたハプニング
となったか!?


HIGHLIGHTS Friday

しかし午後SS4からは長距離と標高2700mを超える
ステージで多くのマシンがオーバーヒートとブレーキトラブルに
見舞われ苦戦を強いられたが
その中で10番手でスタートしたクリス・ミーク(シトロエン)
が大きくリードを築いた

Servicepark Live
http://www.wrc.com/en/wrc/livecenter/page/4175----.html
サービスパークから生配信!

☞TOYOTA GAZOO Racing 公式サイト

☞ラリー・メキシコ 公式サイト

☞WRC 公式サイト

WRC2017 第3戦ラリー・メキシコ DAY 2
SS8後 総合順位

1 クリス・ミーク     (シトロエン)
  1:01’33.8
2 セバスチャン・オジェ  (Mスポーツ・フォード)
  +20.9
3 ティエリー・ヌービル  (ヒュンダイ)    
  +56.7
4 ユホ・ハンニネン    (トヨタ)
  +1’27.3
5 オット・タナク     (Mスポーツ・フォード)
  +1’32.9
6 ステファン・ルフェーブル(シトロエン)
  +1’52.8
7 ヘイデン・パッドン   (ヒュンダイ)
  +2’02.1
8 ヤリマティ・ラトバラ  (トヨタ)
  +2’30.8
9 ポンタス・ティデマンド (シュコダ/WRC2)
  +3’34.3
10エリック・カミリ    (M・スポーツ/WRC2)
  +3’59.7

☞WRC(世界ラリー選手権)2017第3戦ラリー・メキシコ シェイクダウン&スーパーSS「ハンニネン(トヨタ)汚名返上の首位!☆」【動画】

☞WRC(世界ラリー選手権)2017第3戦「トヨタ復帰快進撃!グラベルラリー幕開けビバメキシコ!☆」

☞WRC(世界ラリー選手権)2017第3戦ラリー・メキシコ「標高2000m山岳路を激走!☆」【放送日程】

☞WRC(世界ラリー選手権)2017トヨタ復帰ドライバーズラインナップ発表!「ラトバラはマキネンの元チャンピオンへ☆」

☞2017年WRCカレンダー(世界ラリー選手権・スケジュール)「380馬力マシンが世界を駆け巡る!☆」

当サイトでは モータースポーツの活性化
自動車社会の向上復活 世界の景気回復wを願っています♡


AUTO SPORT 2017年 3/17号 No.1451


F1速報 2017年 NEWマシン情報号


RALLY CARS Vol.15 NISSAN 240RS (サンエイムック)


RALLY PLUS 2017年ラリーモンテカルロ速報号 (ラリープラス)


2016−2017スーパーGT公式ガイドブック総集編 (SUPER GT OFFICIAL GUIDE BOOK)


ギャルズ・パラダイス (2017東京オートサロン編)



posted by ぷらちゃん at 23:00| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | WRC観戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする