2017年10月17日

2017スーパーGT第7戦 海外タイ チャン戦 500クラス決勝「スコールの洗礼受け戦略別れる」



2017 SUPER GT 第7戦 海外タイ チャン戦 決勝

 ขอเป็นข้ารองพระบาททุกชาติไป

タイ前国王葬儀を前にチャン・インターナショナル
・サーキットで開催のスーパーGTでも催しイベントが自粛され
マシンのウインドウに追悼メッセージが掲げられ喪に服す

2017 AUTOBACS SUPER GT Round7
Chang SUPER GT RACE
CHANG INTERNATIONAL CIRCUIT
2016.10.8 sat− 9 sun

天候 晴れ時々曇り 気温 30℃ 路面温度 36℃
湿度 67% 
ウェットコンディション/ドライコンディション

決勝日にもレース直前にスコールが有りコースは
ウェットコンディションからドライコンディションに変わる
判断の難しい状況となった

☞2017スーパーGT第7戦 海外タイ チャン戦 500クラス予選「雨粒を吹き飛ばすカルソニック対KeePerバトル!☆」

セーフティーカースタートとなったがフォーラムエンジニアリング
ADVAN GT−R 24号車 佐々木大樹選手がグリッド上
プロペラシャフト破損でスタート出来ず

3ラップ目にスタートするとドライタイヤを選択した3台
DENSO KOBELCO SARD LC500 1号車
平手晃平選手 MOTUL AUTECH GT−R 23号車
ロニー・クインタレッリ選手 WedsSport ADVAN
LC500 19号車 国本雄資選手はラップダウンする程
グリップしない状態となる

10ラップを過ぎるとスリックタイヤがタイムを刻み始め
レインタイヤからドライタイヤに交換するチームが出始める

500クラスの銭湯を走っていたEpson Modulo
NSX−GT 64号車 ベルトラン・バゲット選手の
ボンネットが開き始めバタついている

スリックタイヤでスタートのポイントリーダーMOTUL
AUTECH GT−R 24号車はドライバー交代でタイヤ無交換!

残り3ラップにカルソニック IMPUL GT−R 12号車
安田裕信選手 スローダウン!マシンをコースサイドにストップ
エンジントラブルが発生してしまったらしい

セオリー通りにレインタイヤから路面状況でスリックタイヤに交換
ドライバー交代で再度タイヤ交換したKeePer TOM’S
LC500 37号車がポールトゥウィン!シーズン2勝目
ポイントランキングでも首位に立った☆

2位にはレインタイヤの交換をドライバー交代まで引き伸ばした
WAKO’S 4CR LC500 6号車

最終戦ツインリンクもてぎ戦までタイトルは持ち越され
5チームに可能性が残される

タイトルの決定はサーキットで見届けたいと計画中!
現地からレポートをお届け出来るよう
晴天を含めて願っていて欲しい♡

IMG_7273t.jpg

※掲載写真はサイト管理者撮影による富士スピードウェイの
 画像です 無断転載等はご遠慮願います

☞2017スーパーGT第7戦 海外タイ チャン戦「真夏に逆戻り灼熱地獄の逆襲激走!☆」【放送日程】

☞2017スーパーGT第7戦 海外タイ チャン戦 300クラス予選「雨の予選制覇でHitotsuyamaアウディ初ポール獲得!☆」

☞2017SUPER GTスケジュール「オートポリス復活に最後の鈴鹿1000km」

2017 SUPER GT 第7戦 Chang SUPER GT RACE
GT500 決勝結果


1 37 KeePer TOM’S LC500
     1:42’48.674(66Laps)
2  6 WAKO’S 4CR LC500
     +12.121
3 17 KEIHIN NSX−GT
     +30.120
4 38 ZENT CERUMO LC500
     +41.028
5 36 au TOM’S LC500
     +1’08.598
6  1 DENSO KOBELCO SARD LC500
     +1’13.029
7 100RAYBRIG NSX−GT
     +1’14.712
8 64 Epson Modulo NSX−GT
     +1’27.292
9 23 MOTUL AUTECH GT−R
     +1Lap
1046 S Road CRAFTSPORTS GT−R
     +1Lap
11 8 ARTA NSX−GT
     +1Lap
1219 WedsSport ADVAN LC500
     +1Lap
1316 MOTUL MUGEN NSX−GT
     +1Lap
1412 カルソニック IMPUL GT−R
     +3Laps
  24 フォーラムエンジニアリングADVAN GT−R
     +32Laps

☞CHANG INTERNATIONAL CIRCUIT WEBサイト

☞SUPER GT公式HP

10月9日(月)当サイトをお届けするために利用している
ブログシステムで障害が発生しました
読者の皆様に御迷惑をお掛け致しまして申し訳ございません
レポートが遅れてしまった事を重ねてお詫び申し上げます

当サイトでは モータースポーツの活性化
自動車社会の向上復活 世界の景気回復wを願っています♡


AUTO SPORT 2017年 10/20号 No.1466


F1速報 2017年 10/26号 第16戦日本GP


SUPER GT FILE Ver.4 (SAN-EI MOOK)


2017 SUPER GT オフィシャル DVD vol.3


2017 スーパーGT公式ガイドブック


ギャルズパラダイス 2017 トップレースクィーン編

posted by ぷらちゃん at 19:58| 千葉 ☔| Comment(1) | スーパーGT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月16日

富士耐久6時間レース(WEC世界耐久選手権2017第7戦)「雲中セーフティカーと赤旗中断も天候を支配しトヨタがワンツー!☆」





WEC世界耐久選手権2017第7戦富士耐久6時間レース

金曜日のフリー走行から決勝まで3日間全て雨となった
WEC世界耐久選手権2017第7戦富士耐久6時間レース
今シーズンで撤退を決めたポルシェLMPチームは2号車が
トヨタGAZOOレーシング8号車より前でフィニッシュすると
シリーズチャンピオン決定となってしまう

富士スピードウェイ・レーシングコース
全長 4.563km ストレート1.475km
コーナー数 16 
コース幅 15〜25m 標高 545〜585m

決勝日:天候 雨 気温 14℃ 路面温度 16.1℃
湿度 98% 風速 2.5m/秒 風向 北北東(参考)
気圧 925.8hpa
フルウェットコンディション

次週F1アメリカGPで急遽F1参戦が決まったブレンドン
・ハートレーに注目が集まるシリーズランキングトップの
ポルシェLMPチーム2号車がウェットコンディションで
行われた予選でポールポジションを獲得し1ポイントを追加した

決勝はセーフティカースタートとなったが6ラップ目に
雨のバトルが始まると接触が有ったがポルシェ1号車を
トヨタの2台がオーバーテイクして行く

雨が小康状態となると霧が降りて来る富士スピードウェイの
天候で 徐々に1コーナーが霧に包まれると
スタートから50分経過でセーフティーカーが導入され
トヨタの2台とポルシェ1号車が給油のピットイン
タイヤ交換とドライバー交代も行い1号車はカナードを破損
したフロントノーズも交換した

更に霧が濃くなると1時間20分で赤旗中断となるが
ポルシェ2号車は1回目のピットインを消化していない状況

12:50セーフティーカー先導で再スタートしポルシェ
2号車はピットイン メインストレートはスローゾーンが
設定され1コーナーからのバトルとなる

ポルシェ2号車はコースオフしペースも上がらず
トップのトヨタ8号車にラップダウンされてしまうと次の
タイミングに雨の量でセーフティーカーが導入される

作戦が分かれピットインのタイミングで順位は入れ替わるが
雨が強くなるとトヨタが引き離し雨が弱くなるとポルシェが
追い上げる状況が続く 同じミシュランタイヤだが固さや
内圧が雨の降り方を予想してセッティングされている模様

後半に入ると雨と霧セーフティカー明けにはクラッシュ続出!

残り時間2時間を前にフルコースイエローとなり
ポルシェ1号車トヨタ7号車がピットインする

濃霧で1コーナーがイエローフラッグとなり
再びセーフティカー導入となり決勝レースが成立する75%
まで走ると赤旗中断となった

トヨタ8号車はピットインを引き伸ばし
ポルシェ1号車はピットへ向かった

レース再開された場合にはトヨタ8号車はピットインで
順位を落としてまう 決断を待つ長い時間となったが
最後にマシンを走らせパルクフォルメに移動してレース終了

6度のセーフティーカー導入と2回の赤旗中断
フルコースイエローも導入される色々な意味で耐久の極みと
なった

トヨタGAZOOレーシング8号車が優勝し
トヨタはワンツーフィニッシュ!
ホームコース富士スピードウェイでポルシェのタイトル
決定を阻止した

雨の天候に助けられた様に思われるところだが
トヨタ7号車はセッティングも決まり中嶋一貴も速かった!

WEC世界耐久選手権2017は残り2戦
トヨタの逆転タイトル獲得は厳しい部分も有るが
何とか最終戦まで持ち越して欲しいところだ☆

☞WEC世界耐久選手権2017第7戦 富士耐久6時間レース「ポルシェ最後の富士耐久決戦!☆」【放送日程】

2017WEC 第7戦 富士耐久6時間レース 決勝結果

1  8 トヨタTS050ハイブリッド
     173Laps
 S・ブエミ/A・デビッドソン/中嶋一貴
  
2  7 トヨタTS050ハイブリッド
     +1.992
 M・コンウェイ/小林可夢偉/JM・ロペス

3  1 ポルシェ919ハイブリッド 
     +6.173
 N・ジャニ/A・ロッテラー/N・タンディ



☞TOYOTA GAZOO Racing公式サイト

☞FIA 世界耐久選手権 富士6時間耐久レース WEBサイト

☞富士スピードウェイ「駐車場オーバーステイガイド2」富士6時間耐久レースも車中泊OK!

☞ル・マン24時間(WEC世界耐久選手権2017第3戦)総集編「アクシデント続出大波乱トヨタ試練24時間」

☞WEC世界耐久選手権2017第2戦スパ・フランコルシャン6時間「ルマン前哨戦トヨタがワンツーで2連勝!☆」【動画】

☞WEC世界耐久選手権2017開幕戦シルバーストン6時間「トヨタ優勝&クラッシュ!痛い幕開け」【動画】



当サイトでは モータースポーツの活性化
自動車社会の向上復活 世界の景気回復wを願っています♡


F1速報 2017年 10/26号 第16戦日本GP


AUTO SPORT 2017年 10/20号 No.1466


GP CAR STORY Vol.20 Ferrari F1-2000 (SAN-EI MOOK)


F1事件簿30年史 (F1速報25周年記念)


FORMULA 1 file (AUTOSPORT別冊)


RALLY PLUS vol.14


ギャルズパラダイス 2017 トップレースクィーン編

posted by ぷらちゃん at 20:22| 千葉 ☔| Comment(0) | モータースポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月14日

ホンダの熱意ピエール・ガスリー鈴鹿スーパーフォーミュラ最終戦参戦正式発表!トロロッソに敬意☆



ピエール・ガスリー正式発表!スーパーフォーミュラ最終戦参戦☆

2017シーズン日本のスーパーフォーミュラを戦っている
ピエール・ガスリー選手はF1マレーシアGPで急遽
F1レースデビューを果たし鈴鹿のF1日本GPにも参戦
当初次戦のF1アメリカGPにも参戦し同日に開催の
スーパーフォーミュラ最終戦には参戦しない事がF1デビュー
したトロロッソからも報じられていた

昨夜トロロッソからの正式発表で次戦F1アメリカGPには
ルノーに移籍するカルロス・サインツJrの代役にダニール・
クビアトが復帰しピエール・ガスリーにはスーパーフォーミュラ
最終戦鈴鹿に参戦させ 代役にWEC(世界耐久選手権)に
ポルシェチームで参戦中ル・マン24時間では優勝も手にした
ブレンドン・ハートレーを起用するとした☆

日本のモータースポーツファンにとっては国内最高峰
スーパーフォーミュラのチャンピオン争いが最終戦に縺れ込み
ランキングトップの石浦宏明選手に0.5ポイント差の
F1レースデビューしたピエール・ガスリー選手の
タイトル争いが観られるのは非常に光栄な事である☆

☞2017スーパーフォーミュラ第5戦オートポリス総集編「ピエール・ガスリー連続優勝!シーズン中のF1昇格!?☆」【動画】

☞2017スーパーフォーミュラ第4戦ツインリンクもてぎ総集編「F1への登竜門!ピエール・ガスリー初優勝☆」【動画】

AS1006.jpg

☞auto sport最新号「レーサーの精神力 出し切る、メンタル」発売日!(10月6日)

2017F1第15戦マレーシアGP「ピエール・ガスリーがトロロッソから急遽参戦決定!☆」【放送日程】

☞ピエール・ガスリーF1次戦マレーシアGPでデビュー!スーパーフォーミュラ最終戦参戦チャンピオン狙う☆

スーパーフォーミュラ最終戦の鈴鹿は2レース制で行われ
8名のドライバーにタイトル獲得のチャンスが残される激戦と
なっている
その中でピエール・ガスリー選手は唯一のホンダエンジン搭載で
2018シーズンスクーデリア・トロロッソはホンダとの提携を
交わし今シーズン中は発言力は無いもののホンダ側も
ピエール・ガスリー選手のチャンピオン獲得を目前にした
スーパーフォーミュラ最終戦の参戦を熱望していた様だ

ホンダの熱意と世界のモータースポーツファンに希望を届けた
スクーデリア・トロロッソに敬意を表する

今週末開催中のWEC(世界耐久選手権)富士6時間レース
トヨタを応援するのは勿論だがポルシェから参戦の
ブレンドン・ハートレーにも注目が集るのは間違い無く
WEC(世界耐久選手権)観戦の楽しみが増大した♡

☞WEC世界耐久選手権2017第7戦 富士耐久6時間レース「ポルシェ最後の富士耐久決戦!☆」【放送日程】

☞2017F1第16戦日本GP決勝「ベッテル万事休す!原因はスパークプラグ!?☆」

2017F1第16戦日本GP予選「驚異の鈴鹿レコードタイム樹立で祈願の全サーキットPP獲得ハミルトン!☆」

☞【特別企画】2017F1第15戦マレーシアGP総集編「セパンF1開催19年の歴史に幕!二十歳の若者がラストウイナー」

☞2017F1第15戦マレーシアGP決勝「チャンピオン獲得への盤石な走りと阻止する執念が交錯!☆」

【速報】2017F1第15戦マレーシアGP予選「フェラーリベッテルピンチ!マシントラブルQ1タイム未計測☆」


スーパーフォーミュラ第5戦オートポリス決勝レースダイジェスト


スーパーフォーミュラ第4戦ツインリンクもてぎ決勝ハイライト

☞2017「全日本スーパーフォーミュラ選手権」開催スケジュール【日程】BSフジ全レース決勝生中継!

☞2017F1GPカレンダー(スケジュール・日程)「驚異のダウンフォースとワイドタイヤで激戦となる☆」

当サイトでは モータースポーツの活性化
自動車社会の向上復活 世界の景気回復wを願っています♡


F1速報 2017年 10/26号 第16戦日本GP


AUTO SPORT 2017年 10/20号 No.1466


GP CAR STORY Vol.20 Ferrari F1-2000 (SAN-EI MOOK)


F1事件簿30年史 (F1速報25周年記念)


FORMULA 1 file (AUTOSPORT別冊)


RALLY PLUS vol.14


ギャルズパラダイス 2017 トップレースクィーン編

posted by ぷらちゃん at 13:02| 千葉 ☔| Comment(0) | モータースポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする